愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

竹内栖鳳の掛け軸の買取りは愛知名古屋の永寿堂へ

竹内栖鳳の作品を買取りしております。売却をお考えの竹内栖鳳の作品がございましたら買取りさせて頂きます。竹内栖鳳の掛け軸や絵画などのご売却であれば永寿堂までお問い合わせ下さい。名古屋市をはじめ愛知県・岐阜県・三重県へ出張買取に伺います。

1.竹内栖鳳について
2.竹内栖鳳の主な略歴
3.竹内栖鳳の画法と代表作とは
4.竹内栖鳳の買取相場とは
5.竹内栖鳳の作品買取で当社が選ばれる理由
6.竹内栖鳳の作品を売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ

 

竹内栖鳳について

竹内栖鳳は、明治から昭和の京都画壇で活躍した画家で、「東の大観、西の栖鳳」と並び称された傑物です。江戸時代末期の1864年に京都市上京区で「亀政」という料理屋の子供として生まれた栖鳳は、13歳の時に四条派の画家に師事して本格的に画家としての人生を始めることになります。その後、17歳の時に著名な画家であった幸野楳嶺に師事し、「楳嶺四天王」として注目されるようになります。1883年には京都市立芸術大学の前身である京都府画学校に出仕し、第2回内国絵画共進会において褒状を受けることになります。さらに、内国勧業博覧会や日本美術協会、青年絵画共進会、日本絵画協会などでも次々と賞を獲得し、京都を代表する画家としての地位を確固たるものにしたのでした。

そんな栖鳳は、1887年に西陣織を手掛けていた高山家の長女と結婚しています。伴侶を得るとすぐに画家として開業するとともに、高島屋の意匠部でも働き始め、美術染織品の意匠に従事しています。1895年には、京都市立美術工芸学校に教諭として着任し、併せて日本青年絵画共進会の審査員にも就任することになりました。1900年にパリ万国博覧会を視察してからは、各流派の影響を受けて一時は「鵺派」と呼ばれて揶揄される時期があったものの、その後、円山四条派の伝統的な写生をベースに西洋絵画や中国古典絵画の画風をミックスしたオリジナルの画風を確立していきます。1907年には文展の審査員となり、続いて1913年には帝室技芸員に就任することになるのですが、晩年には体調を崩しがちになり1942年に78歳で惜しまれつつこの世を去りました。
西の栖鳳、東の大観と呼ばれるほど画壇に影響を与え弟子の育成にも力を入れ上村松園・伊藤小坡・小野竹喬・西山翠嶂・西村五雲・土田麦僊・池田遙邨・橋本関雪・徳岡神泉などを京都画壇へ送り京都画壇を代表する大家となっております。

竹内栖鳳の絵画買取り品

 

 

竹内栖鳳の主な略歴

1864年

京都市内で誕生。

1881年

幸野楳嶺に師事。

1887年

京都府画学校(現:京都市立芸術大学)修了。高山家の長女と結婚。

1895年

京都市立美術工芸学校に教諭として着任。

1900年

パリ万国博覧会を視察。

1907年

文展の審査員に就任。

1913年

帝室技芸員に就任。

1937年

横山大観などと共に第一回文化勲章を受章。

1942年

逝去(享年78)。

 

竹内栖鳳の画法と代表作とは

竹内栖鳳の画法の特徴は、四条派などの日本画の技法を用いた写生をベースとしつつ、狩野派や大和絵といった様々な技法を取り入れて、近代的な写実主義の絵画へと昇華させている点にあります。特定の流派にこだわらない栖鳳のオリジナルの画法は、1900年にパリ万博を視察したことで、より一層磨き上げられます。すなわち、西洋画の風景画などにも多大な影響を受けたことで、日本画でありながら、どこか西洋画を思わせるような独自のスタイルが確立されたのでした。その独自性ゆえに、時には鵺派などと呼ばれて批判されたりもしましたが、栖鳳は決して自らの画法を変えることはありませんでした。

このような竹内栖鳳の代表作品として知られているのが「大獅子図」です。躍動感に溢れ、まるで生きているかのように見える描写は、日本画でありながら、油彩画を見るようです。まさに、様々な画風を取り入れた栖鳳にしか表現できない渾身の作品であると言えるでしょう。

竹内栖鳳の掛け軸買取り品

 

竹内栖鳳の買取相場とは

竹内栖鳳は、京都画壇を代表する作家だけに、その作品の中には著名な美術館に収蔵されているものも少なくありません。そのため、もし彼の作品が買取に出されたような場合には、非常に高値で取引されるケースが一般的です。実際の買取金額は、作品の内容や大きさ、状態、描かれた時期などによって異なってきますが、例えば床の間に飾るようなサイズの掛け軸に描かれたものだと、60万円から80万円台が買取相場となります。もっとも、これはあくまでも相場であり、希少な作品である場合には100万円を超える価格で買い取られることも珍しくありません。そのため、もし手元にある栖鳳の作品の価値を知りたいのであれば、まずは査定に出してみてもらうようにするのがよいでしょう。

竹内栖鳳の鶏

 

竹内栖鳳の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

竹内栖鳳の作品を売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

竹内栖鳳の掛け軸買取りは永寿堂

竹内栖鳳の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。竹内栖鳳の掛け軸や絵画がございましたら買取りさせて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、竹内栖鳳の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

【永寿堂へのお問い合わせ】

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事