愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「買取対応エリア」ページ

愛知県あま市で
骨董品を買い取ります

あま市で茶道具・絵画・掛け軸・刀剣・アンティーク品など骨董品の買取りについて

あま市の骨董品買取メイン画像

愛知県あま市の骨董品を出張買取させて頂きます。整理により売却をお考えの茶道具・掛軸・絵画・美術品などがございましたらあま市のご自宅まで出張買取に伺います。
生前整理や遺品整理や片付けに伴う骨董品などの査定買取は骨董品の取扱い専門店である永寿堂へおまかせ下さい。
こちらではあま市の地域紹介やゆかりの芸術家や骨董品の買取実績一例のほか不用品の処分についてなどご紹介しております。

【目次】
1.あま市の骨董品や茶道具や掛け軸などを買取させて頂きます!
2.あま市で骨董品の売却や出張買取の手順
3.あま市にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声
4.あま市出身やゆかりのある郷土作家・画家・陶芸家・文化人などのご紹介
5.あま市の地域紹介
6.あま市で整理に伴うお役立ち情報
7.あま市の骨董品買取に関する永寿堂へのお問い合わせ先

 

あま市の骨董品や茶道具や掛け軸などを買取させて頂きます!

あま市の骨董品買取イメージ

当社は幅広いジャンルの品を扱わせて頂きますので骨董品をはじめ、茶道具、絵画、掛軸、巻物、浮世絵、版画、古美術品、工芸品、西洋アンティーク、ブロンズ像、象牙製品、レトロ玩具、根付、漆器、珊瑚、翡翠、鑑賞石、屏風、鉄瓶・銀瓶、陶器、磁器、文化勲章・文化功労章受賞・人間国宝の有名作家の作品、ギヤマン、焼き物全般、着物、花台、仏像、日本刀、刀剣、鎧、鍔、甲冑、武具類、勲章や軍刀などのミリタリー物、相撲や鉄道関係のマニア物、時計、万年筆、古道具、楽器、古銭、切手、アクセサリー、食器などから現代の木版画、リトグラフ、シルクスクリーン、エッチングその他、贈答品など買取できる物はできるだけ買取させて頂きます。
記載している品はほんの一部ですのでどんな品でも一度お声がけ下さい、買取できる品は買取させて頂きます。古い物があり処分して良いのか判断できない方やリサイクル店では骨董品の価値がしっかり見出して貰えるのか不安な方も骨董品の取り扱い専門店である当店にお気軽にお問い合わせ下さい。
片付いてない状態や品物が汚れていてホコリまみれのままでもちろんOK(大歓迎)ですので、ぜひご自身で不用品だと判断して捨てられる前にそのままの状態でお見せください、高値がつく品が眠っている可能性もございます。
高価な物でなくてもガラクタと思われる様な品でも大丈夫です。出張買取可能であるか丁寧に対応させていただきます。

 

あま市で骨董品の売却や出張買取の手順

◇お電話にて売却希望品のご相談・ご訪問日程のご予約
お電話にて売却希望の品についてご相談やお話しをお聞かせ下さい。壊れていても買取できる物もございますので何が高価買取できるか素人様ではわからないと思いますのでなるべく手付かずの状態での出張買取が高価買取の秘訣となります。お捨てになる前に是非一度、当店までお問合せのお電話にてご相談下さい。※当日でもご都合が合えば訪問させていただきます。

◇ご予約いただいた日時に無料出張
希望の日時にご予約の上お伺いいたします。出張費用は一切いただきませんのでご安心下さい。

◇査定とお支払・引き取り
現地にてお立会いのもと査定見積りいたします。価格が合わない品は無理に売却しないで下さい。買取取引が成立しましたら、その場で現金にて金額をお支払い致します。その後、品物を引き取りお運びさせて頂きます。

 

あま市にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声

あま市の買取実例_急須S様 買取金額 75,000円
木箱に入った茶器などを買取りして頂きました。私には不要な品々でしたので買取りして頂き助かりました。

 

あま市の買取実例_古書T様 買取金額 30,000円
佛教関連の書籍や美術関連の古本を出張査定で買取して頂けました、ありがとうございました。

 

あま市の買取実例_絵画A様 買取金額 170,000円
適当な値つけで買取りする業者もいますが、分からい品は調べならが適正価格にて買取りしくれました。

 

あま市の買取実例_骨董E様 買取金額 120,000円
蔵の整理で陶器や漆器など処分して良いのか分からず査定買取をお願いしました、ありがとうございました。

 

あま市出身やゆかりのある郷土作家・画家・陶芸家・文化人などのご紹介

林庄五郎
「七宝焼きの始祖」と言われている「林庄五郎」は、1835年に愛知県の遠島村(現あま市七宝町遠島)で誕生しました。七宝焼きは金・銀・銅などの金属の素地にガラス質の釉薬を焼きつけた工芸品で、製法は発祥の地である古代エジプトからヨーロッパ、中国を経て日本に伝わったと言われています。しかし、細部に至るまで製法技術が伝わらなかったため当時の七宝焼きは光沢に乏しく、あまり一般に広まることがありませんでした。その後、1832年に江戸幕府の命により尾張藩士であった「梶常吉」が、オランダ産の七宝皿を基に研究を重ねて製法を確立し「尾張七宝」を誕生させますが、これを普及させたのは梶常吉が林庄五郎に製法を伝授したことがきっかけとされています。
その製法を故郷・遠島村に持ち帰った庄五郎は、幼少時から美術的センスを持っていた友人・塚本貝助と共に七宝焼きの制作を開始します。すると、その作品は「遠島村の七宝焼き」として評判となり、一躍全国的に知られるようになりました。更に庄五郎はドイツ人科学者の協力を得ながら釉薬の改良に取り組み、光沢を生み出す釉薬の開発に成功します。これにより現在のような鮮やかで美しい七宝焼が誕生すると、尾張七宝は一躍海外でも評判の工芸品となり現在に至ります。この庄五郎の功績を称え、あま市七宝町には「林庄五郎翁顕彰碑」と、町名の由来となった「七宝焼起源碑」が建立されています。「七宝焼きの始祖」と言われている「林庄五郎」は、1835年に愛知県の遠島村(現あま市七宝町遠島)で誕生しました。七宝焼きは金・銀・銅などの金属の素地にガラス質の釉薬を焼きつけた工芸品で、製法は発祥の地である古代エジプトからヨーロッパ、中国を経て日本に伝わったと言われています。しかし、細部に至るまで製法技術が伝わらなかったため当時の七宝焼きは光沢に乏しく、あまり一般に広まることがありませんでした。その後、1832年に江戸幕府の命により尾張藩士であった「梶常吉」が、オランダ産の七宝皿を基に研究を重ねて製法を確立し「尾張七宝」を誕生させますが、これを普及させたのは梶常吉が林庄五郎に製法を伝授したことがきっかけとされています。

福島正則(武将)
賤ヶ岳の七本槍の一人

蜂須賀正勝(武将)
尾張国海東郡蜂須賀郷を拠点とした国衆、播磨龍野城主であり徳島藩主蜂須賀家の家祖。

 

あま市の地域紹介

あま市は名古屋市の西隣に位置する面積27.4平方キロメートル、人口約8.6万人の自治体です。市内全域が海抜0メートル地帯となっており、その平地には住宅街や田畑が広がっています。弥生時代から当時の人々が定住するようになり、奈良時代以降は多数の寺院が建立されていきました。中世には旧鎌倉街道の宿場町として発展し、江戸時代末期あたりからは七宝焼の製造で栄え始めました。大正3年には名古屋と津島を結ぶ名鉄津島線が開通し、この地域には複数の鉄道駅が開業して、名古屋直通エリアとなります。

第二次世界大戦後は名古屋市の急速な発展に伴って、名鉄名古屋駅からわずか10分から15分で着く旧七宝町・美和町・甚目寺町はベッドタウンとして成長します。第二次世界大戦後に東部の甚目寺町の名古屋編入話が持ち上がるような事が起こったものの、なかなか話し合いがまとまる事はありませんでした。しかし、21世紀に入って全国で平成の大合併が起こる中で旧七宝町・美和町・甚目寺町が対等な立場で合併する事になり、2010年に「あま市」が発足したという歴史を持ちます。なお、新しい自治体名に採用された「あま」とは、3つの町がもともと所属していた海部郡の海部をひらがな表記したものです。あま市は名古屋市の西隣に位置する面積27.4平方キロメートル、人口約8.6万人の自治体です。市内全域が海抜0メートル地帯となっており、その平地には住宅街や田畑が広がっています。弥生時代から当時の人々が定住するようになり、奈良時代以降は多数の寺院が建立されていきました。中世には旧鎌倉街道の宿場町として発展し、江戸時代末期あたりからは七宝焼の製造で栄え始めました。大正3年には名古屋と津島を結ぶ名鉄津島線が開通し、この地域には複数の鉄道駅が開業して、名古屋直通エリアとなります。

弥生時代から発達してきたあま市は、数多くの国指定・県指定の重要文化財を保有しています。その中でも、名鉄津島線の甚目寺駅南側に位置する西暦597年創建の甚目寺には南大門・絹本著色不動尊像などの国指定重要文化財があり、年間を通じて観光客で賑わいます。また、市の東端を縦断する旧鎌倉街道沿いに位置する實成寺の本堂・山門は2005年2月に国の登録有形文化財へ登録されました。その他、七宝焼に関連する観光スポットなども存在し、歴史や工芸が好きな人にはたまらない観光地となっています。

あま市の甚目寺観音

 

あま市で整理に伴うお役立ち情報

買取り対象にならない品々はどうしても処分する必要があります、あま市のごみや粗大ごみの処分先などをご紹介しておりますのでご参照ください。
転居による整理をされるお客様はあま市から引っ越しする際の連絡先なども紹介しております。

あま市のごみ出しやリサイクルについての情報
https://www.city.ama.aichi.jp/kurashi/recycle/gomi/index.html

粗大ごみの予約受付は電話番号052-444-0303にお問い合わせ下さい。
インターネットでの粗大ごみ予約受付はコチラです。
http://amagomi.com/form/toppage.aspx

あま市から住民異動をする際の届け先は下記の役所にお届け下さい。
名称:あま市役所本庁舎 住所:愛知県あま市木田戌亥18番地1
名称:あま市役所甚目寺庁舎 住所:愛知県あま市甚目寺二伴田76番地

 

【あま市の骨董品買取に関する永寿堂へのお問い合わせ先】

TEL.0120-060-510
e-mail. info@eijyudou.com

寿堂の買取品目