愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「買取対応エリア」ページ

愛知県半田市で
骨董品を買い取ります

半田市で骨董品や常滑焼などの売却・買取について

半田市の骨董品買取メイン画像

愛知県半田市の骨董品を出張買取させて頂きます。整理により売却をお考えの茶道具・掛軸・絵画・美術品などがございましたら半田市のご自宅まで出張買取に伺います。
生前整理や遺品整理や片付けに伴う骨董品などの査定買取は骨董品の取扱い専門店である永寿堂へおまかせ下さい。
こちらでは半田市の地域紹介やゆかりの芸術家や骨董品の買取実績一例のほか不用品の処分についてなどご紹介しております。

【目次】

1.半田市の骨董品や茶道具や掛け軸などを買取させて頂きます!
2.半田市で骨董品の売却や出張買取の手順
3.半田市にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声
4.半田市出身やゆかりのある郷土作家・画家・陶芸家・文化人などのご紹介
5.半田市の地域紹介
6.半田市で整理に伴うお役立ち情報
7.半田市の骨董品買取に関する永寿堂へのお問い合わせ先

 

半田市の骨董品や茶道具や掛け軸などを買取させて頂きます!

半田市の骨董品買取イメージ

当社は幅広いジャンルの品を扱わせて頂きますので骨董品をはじめ、茶道具、絵画、掛軸、巻物、浮世絵、版画、古美術品、工芸品、西洋アンティーク、ブロンズ像、象牙製品、レトロ玩具、根付、漆器、珊瑚、翡翠、鑑賞石、屏風、鉄瓶・銀瓶、陶器、磁器、文化勲章・文化功労章受賞・人間国宝の有名作家の作品、ギヤマン、焼き物全般、着物、花台、仏像、日本刀、刀剣、鎧、鍔、甲冑、武具類、勲章や軍刀などのミリタリー物、相撲や鉄道関係のマニア物、時計、万年筆、古道具、楽器、古銭、切手、アクセサリー、食器などから現代の木版画、リトグラフ、シルクスクリーン、エッチングその他、贈答品など買取できる物はできるだけ買取させて頂きます。
記載している品はほんの一部ですのでどんな品でも一度お声がけ下さい、買取できる品は買取させて頂きます。古い物があり処分して良いのか判断できない方やリサイクル店では骨董品の価値がしっかり見出して貰えるのか不安な方も骨董品の取り扱い専門店である当店にお気軽にお問い合わせ下さい。
片付いてない状態や品物が汚れていてホコリまみれのままでもちろんOK(大歓迎)ですので、ぜひご自身で不用品だと判断して捨てられる前にそのままの状態でお見せください、高値がつく品が眠っている可能性もございます。
高価な物でなくてもガラクタと思われる様な品でも大丈夫です。出張買取可能であるか丁寧に対応させていただきます。

 

半田市で骨董品の売却や出張買取の手順

◇お電話にて売却希望品のご相談・ご訪問日程のご予約
お電話にて売却希望の品についてご相談やお話しをお聞かせ下さい。壊れていても買取できる物もございますので何が高価買取できるか素人様ではわからないと思いますのでなるべく手付かずの状態での出張買取が高価買取の秘訣となります。お捨てになる前に是非一度、当店までお問合せのお電話にてご相談下さい。※当日でもご都合が合えば訪問させていただきます。

◇ご予約いただいた日時に無料出張
希望の日時にご予約の上お伺いいたします。出張費用は一切いただきませんのでご安心下さい。

◇査定とお支払・引き取り
現地にてお立会いのもと査定見積りいたします。価格が合わない品は無理に売却しないで下さい。買取取引が成立しましたら、その場で現金にて金額をお支払い致します。その後、品物を引き取りお運びさせて頂きます。

 

 

半田市にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声

半田市で急須の買取事例

G様 買取金額 172,000円
茶棚や床の間に飾られていた骨董品や茶器など丁寧に査定して頂けたので大満足しております。

 

半田市で骨董品の買取事例
W様 買取金額 68,000円
時間が無く急な呼び出しにも対応して頂き、その場で現金買取して頂けありがとうございました。

 

半田市でアンティーク時計の買取事例
O様 買取金額 360,000円
実家の売却により整理しきれない程の物の中からプロの目で買取りできる品を買取りして頂け助かりました。

 

半田市で掛け軸の買取事例
J様 買取金額 80,000円
掛け軸や巻物の出張買取査定に来て頂きました、査定金額に納得でき売却する事ができました。

 

半田市出身やゆかりのある郷土作家・画家・陶芸家・文化人などのご紹介

◆中山勝時(戦国武将)
半田市にある中山城の城主をつとめました。新見南吉の童話「ごん狐」には、「中山様というおとの様」として登場しています。

◆新見南吉(作家)
半田市出身の童話作家です。半田中学在学中から各種の雑誌に投稿し、同人誌も発行するなど早熟な文学少年でした。中学卒業前後に書き上げた「ごん狐」が鈴木三重吉に認められ「赤い鳥」に掲載された後、31歳で死去するまで多くの童話作品を発表しました。

◆山本梅荘(画家)
半田市出身の水墨画家です。足袋商の家に生まれ、貫名海屋、三谷雪えんらに師事して文人画を学びました。中国の古画を手本として研鑽を積み、山水画にすぐれました。のちに東京勧業博で「春景山水」が、第1回文展で「秋景山水」がそれぞれ入賞を果たすなど次第に頭角をあらわし、自ら文展の審査員を務めながら「夏景山水」を出品するなど旺盛な創作意欲を発揮して活躍しました。吉嗣拜山、児玉果亭らとともに地方南画家の三大家と称され、日本画会会員として水墨画の世界に大きな足跡を残しました。

◆森眞吾(画家)
半田市出身の画家です。愛知教育大学在学中に行動展に入選し、以降は現代日本美術展へ出品した「僧院」「王」で受賞を果たすなど、若くして画家としての評価を確立しています。感覚に従って自由大胆に描く平面画が特徴的で、鮮やかな色遣いの抽象的な表現画法に定評があります。画家として作品制作に励む一方、名古屋芸術大学教授なども歴任し、後進の育成にも尽力しています。中山勝時(戦国武将)
半田市にある中山城の城主をつとめました。新見南吉の童話「ごん狐」には、「中山様というおとの様」として登場しています。

 

半田市の地域紹介

愛知県半田市は知多半島の中央に位置し、愛知県尾張地方にある市です。市の面積は約47平方キロメートルで、2022年2月1日時点における人口は約11万7千人となっており、高浜市や碧南市、常滑市などと隣接しています。1981年にはアメリカのミッドランド市と、1990年にはオーストラリアのポートマッコリー市と姉妹都市の提携を結んでいます。さらに、1993年には中国の徐州市と友好都市提携を結ぶなど、半田市は様々な海外都市と親交を深めている市と言えます。

また、半田市は1937年に当時の半田町と成岩町、亀崎町が合併した形で誕生した市です。江戸時代中頃から醸造業が盛んになるに連れ、港湾都市として栄えるようになります。戦後になると自動車や鉄鋼といった製造業が成長を遂げるようになり、現在では、知多エリアにおける政治や経済、文化の中心的な役割を果たしている市です。毎年5月上旬には亀崎潮干祭りが開催されており、祭りの山車行事は国の重要無形民俗文化財に指定されています。一方、地理的には阿久比川や十ヶ川が市の中央を横断するように流れている他、内陸の方に行くと住宅街が広がっています。

愛知県半田市にはJR武豊線が通っており、市内には半田駅や亀崎駅、乙川駅などがあります。また市内には知多半田駅や成岩駅、半田口駅などもあり、これらの駅からは名鉄河和線を利用する事が可能です。一方、半田市内には247号や366号といった国道が通っている他、市内にある半田インターチェンジからは知多半島道路や南知多道路といった自動車専用道路が利用できます。さらに衣浦トンネルという海底トンネルもあり、隣の碧南市に行けるようになっています。歩行者や自転車を利用する方も無料で利用できるトンネルです。

半田赤レンガ倉庫

半田市内

半田運河

 

半田市で整理に伴うお役立ち情報

買取り対象にならない品々はどうしても処分する必要があります、半田市のごみや粗大ごみの処分先などをご紹介しておりますのでご参照ください。
転居による整理をされるお客様は半田市から引っ越しする際の連絡先なども紹介しております。

半田市のごみ出しやリサイクルについての情報
https://www.city.handa.lg.jp/machi/gomi/index.html

縦、横、高さのいずれか1辺が60センチ以上のものは粗大ごみとなります。
粗大ごみについてのお問い合わせ先は市民経済部環境課ごみ減量担当 
電話番号:0569-23-3567までお問い合わせ下さい。

半田市から住民異動の届出をするなどの問い合わせ先
名称:市民経済部市民課 住民記録担当 住所:愛知県半田市東洋町二丁目1番地 
電話:0569-84-0632

 

半田市の骨董品買取に関する永寿堂へのお問い合わせ先

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com

寿堂の買取品目