愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「買取対応エリア」ページ

愛知県田原市で
骨董品を買い取ります

田原市の骨董品買取は永寿堂へ、売却ご処分希望の茶道具や骨董品を査定買取致します

田原市の骨董品買取メイン画像

愛知県田原市の骨董品を買取させて頂きます。売却をお考えの茶道具や掛軸・絵画や美術品などの骨董品がございましたら田原市のご自宅まで出張買取に伺います。
骨董品の査定買取は骨董品の取扱い専門店である永寿堂へおまかせ下さい。チェーン店やリサイクル店ではありませんのでフランチャイズ料などかからず薄利での高価買取が可能です。
買取対象品の一例や買取手順のほか田原市の地域紹介やゆかりの芸術家や骨董品の買取実績一例、買取できなかった品の処分方法についてなどご紹介しております。

【目次】
1.田原市で骨董品の売却や買取りについて
2.骨董品などの買取対象品の一例
3.田原市で骨董品の売却や出張買取の手順
4.田原市にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声
5.田原市出身やゆかりのある郷土作家・画家・陶芸家・文化人などのご紹介
6.田原市の歴史など地域紹介
7.田原市で転居や古い物の整理処分に伴うお役立ち情報
8.田原市の骨董品買取に関する永寿堂へのお問い合わせ先

 

田原市で骨董品の売却や買取りについて

田原市の骨董品買取なら永寿堂にお任せ下さい。ご処分売却をお考えで売れるか分からない古い品があるや有名作家の骨董品があるが真贋が不明や適当な金額で査定されたくないとお考えの際は当店にお任せ下さい。
骨董品の専門店ですので適正価格でしっかり査定買取させて頂きます。骨董品や茶道具や絵画や掛け軸や刀剣など美術品がございましたらしっかり骨董品の専門店に売る事をおすすめします。

 

骨董品などの買取対象品の一例

田原市の骨董品買取イメージ

当社は骨董品を主に幅広いジャンルの品を扱わせて頂きます、買取品目の一例として骨董品、茶道具、絵画、掛軸、古美術品、レトロ家具、西洋アンティーク、ブロンズ、象牙、象牙彫刻品、レトロおもちゃ・ソフビ人形・超合金、ブリキ、根付、時代物、イッカク角、珊瑚物、翡翠物、鼈甲、鉄瓶・銀瓶、版画、陶芸品、工芸品、文化勲章・文化功労章受賞・人間国宝の有名作家の近代美術作品、中国・欧米などの海外作家作品、ギヤマン、浮世絵、焼き物全般、着物、屏風、漆器、花台、仏像、日本刀、刀剣、鎧、鍔、武具類、勲章や軍刀などのミリタリー物、相撲や鉄道関係のマニア物、時計、万年筆、古道具、楽器、古銭、切手、アクセサリー、食器などから現代の木版画、版画、リトグラフ、シルクスクリーン、エッチング、贈答品など買取できる物はできるだけ買取いたします。

頂き物の中にも高額で売れる品がある場合も多々ございます、良い品だけを買取する様なかしこまった骨董屋でありませんのでお客様のご希望に合わせて古い物を中心に贈答品など様々な品を買取させて頂きます。

 

田原市で骨董品の売却や出張買取の手順

◇お電話にて売却希望品のご相談・ご訪問日程のご予約
お電話にて売却希望の品についてご相談やお話しをお聞かせ下さい。壊れていても買取できる物もございますので何が高価買取できるか素人様ではわからないと思いますのでなるべく手付かずの状態での出張買取が高価買取の秘訣となります。お捨てになる前に是非一度、当店までお問合せのお電話にてご相談下さい。※当日でもご都合が合えば訪問させていただきます。

◇ご予約いただいた日時に無料出張
希望の日時にご予約の上お伺いいたします。出張費用は一切いただきませんのでご安心下さい。

◇査定とお支払・引き取り
現地にてお立会いのもと査定見積りいたします。価格が合わない品は無理に売却しないで下さい。買取取引が成立しましたら、その場で現金にて金額をお支払い致します。その後、品物を引き取りお運びさせて頂きます。

 

田原市にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声

田原市で菊花石の買取事例

N様 買取金額 170,000円
天然記念物の菊花石があり1個で数十万すると思っておりましたが現実は違うようでしたが納得致しました。

 

田原市で絵画の買取事例
O様 買取金額 80,000円
年末年始の帰省に合わせて来て頂きありがとうございました。祝日でも頼めるのはありがたかったです。

 

田原市で軍服の買取事例
K様 買取金額 110,000円
若い頃集めた軍服など処分を考えており買い取ってもらえるかお願いしましたが快く買取して頂けました。

 

田原市で骨董品の買取事例
A様 買取金額 200,000円
庭の火鉢にまさか値段が付くとは思いませんでした、他にも鉄瓶に高い値段が付き驚きました。

 

田原市出身やゆかりのある郷土作家・画家・陶芸家・文化人などのご紹介

◆渡辺崋山(画家)
寛政5年に生まれ、田原藩の家老として政務を取り仕切る傍ら、儒学を佐藤一斎らに学び、詩文や日本画に才能を発揮しました。32歳頃から蘭学の研究も開始し、高野長英・小関三英らと交わって西洋の知識を学び取りました。その結果、国防に危機感を持つようになり、田原藩の近代化を進めていきます。その多彩な活動によって幕府に目をつけられ、蛮社の獄が起こると捕縛されて牢屋に入れられました。その期間に作画に専心し、「黄粱一炊図」「月下鳴機図」などの代表作と呼ばれる作品を描きあげましたが、許されず獄死しました。彼の作風は西洋の立体的な構図を東洋画に取り入れたもので、現在多くの作品が重要文化財に指定されています。

◆宮川春汀(浮世絵師)
明治11年に生まれ、富岡永洗の元で修行をして、浮世絵師として多彩な活動をしました。風俗画を得意としており、「子供風俗」「風俗通」などの作品で知られています。画業の傍ら柳田国男・田山花袋・国木田独歩などと交わり、互いに影響を与え合いました。

◆鈴木翠軒(書家)
明治22年に渥美郡堀切村(現在の愛知県田原市堀切町)に生まれ、学校教師として教壇に立つ傍ら、丹羽海鶴に師事して書道の修行を行いました。小中学校における書道教育に、多大な影響を与えたことで知られています。代表作には、「国定甲種手本」などがあります。

 

田原市の歴史など地域紹介

田原市は、愛知県南部の渥美半島に広がる自治体です。2022年2月時点での人口は5.8万人、面積は191平方キロメートルで、北側は三河湾・南側は太平洋に面しています。地理的には丘陵地帯と平地エリアで構成されており、標高200m前後の低山が複数存在する一方で平地には水田や住宅街が広がります。縄文時代から人々が住みつき始めた歴史を持ち、市内の貝塚からはたくさんの人骨が出土しています。中世においては15世紀に田原城が築城され、戦国時代から江戸時代にかけて東部の平地エリアが城下町として発達しました。

明治時代に入ると農業は発展しなかった一方で、養蚕業や石灰岩の採掘業が盛んに行われた事により街の経済は潤います。第二次世界大戦後には豊川用水が整備されたほか土地改良も行われ、1970年代からようやく平地エリアが農業地帯として発達し始めたという歴史があります。田原市は、愛知県南部の渥美半島に広がる自治体です。2022年2月時点での人口は5.8万人、面積は191平方キロメートルで、北側は三河湾・南側は太平洋に面しています。地理的には丘陵地帯と平地エリアで構成されており、標高200m前後の低山が複数存在する一方で平地には水田や住宅街が広がります。縄文時代から人々が住みつき始めた歴史を持ち、市内の貝塚からはたくさんの人骨が出土しています。中世においては15世紀に田原城が築城され、戦国時代から江戸時代にかけて東部の平地エリアが城下町として発達しました。

田原市という名前の自治体の変遷としては、まず明治22年に田原村と加治村が合併して田原町が誕生します。その後、田原町は明治時代後期から大正・昭和時代にかけて周辺自治体をどんどん編入していき、面積を広げていきました。大正時代には豊橋方面から続く鉄道が開通し、交通利便性が高まります。時を経て2000年12月に合併特例法が改正されたのち、2003年8月に田原町と隣接する赤羽根町が合併すると共に市制を施行し、この時に田原市が発足しました。2年後となる2005年10月には渥美半島の先端に位置する温海町を編入し、現在の姿となります。

田原市においては、北側・南側に広がる海が大きな観光資源になっています。海沿いには多数の海水浴場が存在し、都市部から離れていて海がきれいなため、夏場には県内外から多数の観光客がやってきて海水浴やマリンスポーツを楽しんでいます。一方で、内陸部には誰でも簡単に登頂できる低山が多数存在するため、観光客は海だけでなく山で楽しむ事もできます。

田原市役所

伊良湖岬

免々田川の河津桜

 

田原市で転居や古い物の整理処分に伴うお役立ち情報

買取り対象にならない品々はどうしても処分する必要があります、田原市のごみや粗大ごみの処分先などをご紹介しておりますのでご参照ください。
転居による整理をされるお客様は田原市から引っ越しする際の連絡先なども紹介しております。

田原市でのごみやリサイクルに関する情報
https://www.city.tahara.aichi.jp/kurashi/gomi/1000837/index.html

田原市の粗大ごみはごみステーションに出すことはできませんので各資源化・環境センターへ直接搬入する必要があります(料金は無料です)。

田原市で引っ越しに伴う転居・手入届けなどの手続きなどの届け先など詳しい事はhttps://www.city.tahara.aichi.jp/kurashi/todokede/1002749/1000758.htmlコチラのページをご参照して下さい。
また愛知県田原市田原町南番場30-1となります。

 

田原市の骨董品買取に関する永寿堂へのお問い合わせ先

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com

寿堂の買取品目