愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【徳岡神泉買取】徳岡神泉の日本画買取は永寿堂へ

徳岡神泉の作品を買取りしております。売却をお考えの徳岡神泉の掛け軸や額などの買取りは永寿堂におまかせ下さい。電話やメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。こちらでは文化勲章を受章した徳岡神泉についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

1.徳岡神泉(とくおか しんせん)について
 徳岡神泉に関する主な略歴
 幽玄さを兼ね備えた抽象的な神泉様式
 徳岡神泉の買取相場
2.徳岡神泉の作品買取で当社が選ばれる理由
3.徳岡神泉の買取でよくある質問
4.徳岡神泉の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ先

 

徳岡神泉(とくおか しんせん)について

徳岡神泉は、1896年に京都市の上京区で生まれました。幼少期の頃から絵が上手だとされ、1909年には、日本画家である竹内栖鳳が主宰する画塾の竹杖会に入会して、本格的に絵画を学び始めます。その翌年の1910年には、京都市立美術工芸学校の絵画科に入学し、高い成績を修めています。卒業制作の「寒汀」という作品は、学校が買い上げています。その後、神泉は当時の京都市立絵画専門学校に進みます。

京都市立絵画専門学校でも、神泉は高い成績を修め続けます。そして、画家になるために、文展へと出展を繰り返します。しかし、学校の成績とは裏腹に、文展では実力が認められることなく、落選が続きます。そうこうしている内に、京都市立絵画専門学校の別科を修了する時期がやって来ます。神泉は学校を卒業してからも、文展へと挑み続けますが、自ら傑作とした作品までもが落選してしまいます。さらに、同級生が画家として順調に歩を進めている様子を横目で見ることになります。

焦燥感や孤独感に苛まれた神泉は、自信を失い、人間嫌いとなってしまいます。そして、1918年ごろ、寺を転々としながら放浪の旅をしています。1919年には、第1回日本無名展で栄えある褒章を受けていますが、それでも神泉の自信が戻ることはありませんでした。神泉の放浪の旅は続き、京都を離れ、富士山麓の岩淵まで逃避行をしています。神泉という号は、この頃に付けたものです。

放浪の旅を続ける神泉ですが、関東大震災が起こったことをきっかけに京都へと戻り、改めて竹杖会に入会しています。そして、1925年には、文展が名前を変えた帝展の第6回に、作品「罌粟」が入選するという転機が訪れました。さらに、第7回、第8回と立て続けに特選に選ばれ、神泉はようやく自信を取り戻しました。

1930年には、帝国美術院無鑑査の資格を取得し、神泉は画家として精力的に活動をしていきます。中でも1939年に新文展に出品した「菖蒲」は高い評価を得て、文部省買い上げの扱いとなっています。戦後になると、神泉様式という独自の様式を確立し、その果てに描き上げた「仔鹿」は、神泉様式の最高傑作とされています。

1957年には、神泉は国の栄誉機関である日本芸術院の会員となりました。さらに、1966年には、神泉は文化勲章を受章しています。しかし、そのころから身体に異変が生じ始め、1972年に腎不全によってこの世を去りました。亡くなった後には、国に貢献した人物として、従三位銀杯を下賜されています。

 

徳岡神泉に関する主な略歴

1925年  「罌粟」が第6回帝展に入選する。
1930年  帝国美術院無鑑査資格を得る。
1957年  日本芸術院の会員となる。
1966年  文化勲章を受章する。

幽玄さを兼ね備えた抽象的な神泉様式

徳岡神泉は、戦後、神泉様式と呼ばれる独自の様式を確立しました。必要のないものを省き単純化した、一見すると抽象画のようにも思える画風です。その様式は度々、幽玄で奥が知れないと表現されます。その神泉様式が初めて世に出たのは、1947年に発表された「赤松」です。あまりに単純化された絵であったため、発表された当時は、日本画として扱うべきかどうかの議論が行われたほどです。しかし、ひとつの様式として認められ、戦後の日本画に大きな影響を与えることとなりました。

 

徳岡神泉の買取相場

徳岡神泉の作品は、真作で、ある程度の書き込みの作品であれば買取額が10万円を下回ることはまずありません。それどころか名品であれば100万円を上回る可能性があります。

徳岡神泉の日本画イメージ

 

徳岡神泉の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

徳岡神泉の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.徳岡神泉の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.木箱がなくても買取りできますか?
A.木箱が付属していなくても買取り可能です。

Q.版画でも買取りできますか?
A.版画でも買取り可能ですが高額査定は難しい品が多いです。

 

徳岡神泉の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

徳岡神泉の売却であれば高価買取します

徳岡神泉の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。文化勲章を受章した徳岡神泉の掛け軸や額は高価買取対象となります。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、徳岡神泉の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品やアンティーク品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事