愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「買取対応エリア」ページ

愛知県刈谷市で
骨董品を買い取ります

刈谷市で骨董品の買取や茶道具や掛け軸などの売却について

刈谷市の骨董品買取メイン画像

愛知県刈谷市の骨董品を出張買取させて頂きます。整理により売却をお考えの茶道具・掛軸・絵画・美術品などがございましたら刈谷市のご自宅まで出張買取に伺います。
生前整理や遺品整理や片付けに伴う骨董品などの査定買取は骨董品の取扱い専門店である永寿堂へおまかせ下さい。
買取対象品の一例や買取手順のほか刈谷市の地域紹介やゆかりの芸術家や骨董品の買取実績一例、不用品の処分方法についてなどご紹介しております。

【目次】
1.刈谷市へ即日の骨董品出張買取依頼OK!
2.刈谷市で骨董品の売却や出張買取の手順
3.刈谷市にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声
4.刈谷市出身やゆかりのある郷土作家・画家・陶芸家・文化人などのご紹介
5.刈谷市の地域紹介
6.刈谷市で転居や古い物の整理処分に伴うお役立ち情報
7.刈谷市の骨董品買取に関する永寿堂へのお問い合わせ先

 

刈谷市へ即日の骨董品出張買取依頼OK!
様々なジャンルの品を買取させていただきます。

刈谷市の骨董品買取イメージ

当社は骨董品を主に幅広いジャンルの品を扱わせて頂きますので、骨董品、茶道具、絵画、掛軸、古美術品、レトロ家具、西洋アンティーク、ブロンズ、象牙、象牙彫刻品、レトロおもちゃ・ソフビ人形・超合金、ブリキ、根付、時代物、イッカク角、珊瑚物、翡翠物、鼈甲、鉄瓶・銀瓶、版画、陶芸品、工芸品、文化勲章・文化功労章受賞・人間国宝の有名作家の近代美術作品、中国・欧米などの海外作家作品、ギヤマン、浮世絵、焼き物全般、着物、屏風、漆器、花台、仏像、日本刀、刀剣、鎧、鍔、武具類、勲章や軍刀などのミリタリー物、相撲や鉄道関係のマニア物、時計、万年筆、古道具、楽器、古銭、切手、アクセサリー、食器などから現代の木版画、版画、リトグラフ、シルクスクリーン、エッチング、贈答品など買取できる物はできるだけ買取させて頂きます。

もちろん査定金額に納得いただけずに取引不成立であっても出張費などは一切いただきません。

 

刈谷市で骨董品の売却や出張買取の手順

◇お電話にて売却希望品のご相談・ご訪問日程のご予約
お電話にて売却希望の品についてご相談やお話しをお聞かせ下さい。壊れていても買取できる物もございますので何が高価買取できるか素人様ではわからないと思いますのでなるべく手付かずの状態での出張買取が高価買取の秘訣となります。お捨てになる前に是非一度、当店までお問合せのお電話にてご相談下さい。※当日でもご都合が合えば訪問させていただきます。

◇ご予約いただいた日時に無料出張
希望の日時にご予約の上お伺いいたします。出張費用は一切いただきませんのでご安心下さい。

◇査定とお支払・引き取り
現地にてお立会いのもと査定見積りいたします。価格が合わない品は無理に売却しないで下さい。買取取引が成立しましたら、その場で現金にて金額をお支払い致します。その後、品物を引き取りお運びさせて頂きます。

 

刈谷市にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声

刈谷市で骨董品の買取事例

O様 買取金額 360,000円
先代や先々代が収集していた骨董品ですが私には興味が無く一部を残して売却でき満足しております。

 

刈谷市で鈴木五郎飾り皿の買取事例
W様 買取金額 40,000円
倉庫にしまいっぱなしだった品でイタミや汚れが酷かったので高価でなくても買取りして頂け良かったです。

 

刈谷市で茶道具の買取事例
A様 買取金額 250,000円
茶碗や菓子鉢など茶道具を丁寧に査定して頂けました、暑い中ありがとうございました。

 

刈谷市で掛け軸の買取事例
K様 買取金額 30,000円
実家の掛軸を処分させて頂きました、作家も分からない掛軸でも出張査定して頂けたので感謝しております。

 

刈谷市出身やゆかりのある郷土作家・画家・陶芸家・文化人などのご紹介

◆河原温(画家)
1932年に愛知県刈谷市で誕生した現代絵画作家の「河原温」は、日本を代表する「コンセプチュアル・アーティスト」として知られています。コンセプチュアル・アートは日本語では「概念芸術」と呼ばれ、絵画の技術ではなく、思想や概念といった裏にあるコンセプトを重視するアートを指します。河原温は1951年に県立刈谷高校を卒業し上京すると、翌年からおよそ5年間にわたり個展や美術展の公募展などで絵画作品の発表を行っています。美術教育を受けた記録が残っていないため全て独学と考えられていますが、当時は記号化した人間や浴室のタイルに妊婦の断片を描くなど、猟奇的で具象化した作品を制作していました。しかし、これらの作品は一部では高い評価を得たものの、全国的に知られることはありませんでした。
河原温の名前が全国的に知られるようになったのは、制作拠点を海外に替えたことがきっかけです。全く新しい何かを求めて1959年に単身メキシコに渡り、暫く滞在した後パリに移住、1965年にニューヨークに拠点を移します。この間に制作された絵画は現在までほとんど発表されていませんが、すでに日本時代とは大きく趣が異なりコンセプチュアル・アート作品が主流となっていました。記号や暗号を用いた作品が多く、中でも単色のキャンバスの中央に日付だけを描く「Date Painting」は、河原温の代表作として知られています。その後コンセプチュアル・アートは1970年代になると急速に下火となり多くの画家が作風を転換しましたが、河原温は2014年6月に他界するまで一貫してその姿勢を変えることはありませんでした。なお、河原温の作品は刈谷市美術館や豊田市美術館などで見ることが可能となっています。1932年に愛知県刈谷市で誕生した現代絵画作家の「河原温」は、日本を代表する「コンセプチュアル・アーティスト」として知られています。コンセプチュアル・アートは日本語では「概念芸術」と呼ばれ、絵画の技術ではなく、思想や概念といった裏にあるコンセプトを重視するアートを指します。河原温は1951年に県立刈谷高校を卒業し上京すると、翌年からおよそ5年間にわたり個展や美術展の公募展などで絵画作品の発表を行っています。美術教育を受けた記録が残っていないため全て独学と考えられていますが、当時は記号化した人間や浴室のタイルに妊婦の断片を描くなど、猟奇的で具象化した作品を制作していました。しかし、これらの作品は一部では高い評価を得たものの、全国的に知られることはありませんでした。

◆河目悌二(画家)
愛知県碧海郡刈谷町出身で大正2年から昭和にかけ童画を描きました。

 

刈谷市の地域紹介

刈谷市は、愛知県の西三河地方にある自動車工業都市です。トヨタグループの主要企業である豊田自動織機、デンソー、トヨタ紡織、トヨタ車体、アイシン、ジェイテクトが本社を構えています。人口は15万人あまり、面積は約50キロ平方メートルです。

刈谷市は衣浦湾に面していることから魚介類が豊富に取れ、湧き水も豊富であったため、旧石器時代より人が住んでいたと考えられています。元刈谷神社境内を中心に発掘された元刈谷貝塚は、縄文時代後期・晩期を代表する貝塚です。土器100点以上をはじめ石製品、貝製品など当時の生活道具が数多く発掘されました。奈良~鎌倉時代にかけては、刈谷市北部を中心に窯業が盛んに行われていました。奈良時代には須恵器が焼かれ、平安時代前半に生産が最も盛んになっています。仏具などをまねた灰釉陶器という植物の灰からできた釉薬を掛けて焼かれた陶器が焼かれており、次第に皿やおわんなどの食器を作るようになります。平安時代後半から鎌倉時代前半には、釉薬を使わない山茶わんが大量に焼かれるようになりました。平安時代末期から室町時代には重原壮という広大な荘園の一部となり、重原氏や二階堂氏、大仏氏が支配しました。

1533年、水野氏宗家の水野忠政の刈谷城築城から刈谷の城下町としての歴史が始まります。三河の有力な豪族であった水野氏の拠点として、刈谷は政治的戦略的に重要な地域となっていきます。江戸時代の幕藩体制において、刈谷藩は水野勝成の三万石から始まりました。その後、度重なる転封があり、石高は最小で一万六千石、最高で五万石まで変化しました。明治には東海道本線開通時に刈谷駅が設置され、その刈谷駅を南北でクロスする三河鉄道が敷設されました。また、現在の愛知県立刈谷高等学校と愛知県立刈谷北高等学校の誘致に成功し、交通の利便性と教育機関の優位性から豊田自動織機誘致にも成功しました。こうして、現在の工業都市としての礎が出来上がりました。

刈谷市風景

刈谷ハイウェイオアシス

刈谷市役所

 

刈谷市で転居や古い物の整理処分に伴うお役立ち情報

買取り対象にならない品々はどうしても処分する必要があります、刈谷市のごみや粗大ごみの処分先などをご紹介しておりますのでご参照ください。
転居による整理をされるお客様は刈谷市から引っ越しする際の連絡先なども紹介しております。

刈谷市でのごみやリサイクルに関する情報
https://www.city.kariya.lg.jp/kurashi/gomi/index.html

45Lの指定ごみ袋に入れて口がしばれないものや縦1メートル、横1.5メートル、高さ2メートル未満のものは粗大ごみとして出さなければいけません。自己搬入の場合素材によって搬入する施設が異なりますのでホームページなどでご確認して下さい。

刈谷市で引っ越しに伴う手続きなどの届け先など詳しい事はhttps://www.city.kariya.lg.jp/lifeevent/l_hikkoshi/index.htmlコチラのページをご参照して下さい。
また刈谷市役所の所在地は愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地となります。

 

刈谷市の骨董品買取に関する永寿堂へのお問い合わせ先

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com

寿堂の買取品目