愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「買取対応エリア」ページ

岐阜県安八町で
骨董品を買い取ります

安八町で茶道具・絵画・掛け軸・古い陶器など骨董品を買取します

安八町の骨董品買取メイン画像

岐阜県安八町の骨董品を出張買取させて頂きます。整理により売却をお考えの茶道具・掛軸・絵画・美術品などがございましたら安八町のご自宅まで出張買取に伺います。
骨董品の査定買取は骨董品の取扱い専門店である永寿堂へおまかせ下さい。チェーン店やリサイクル店ではありませんのでフランチャイズ料などかからず薄利での高価買取が可能です。
買取対象品の一例や買取手順のほか安八町の地域紹介やゆかりの芸術家や骨董品の買取実績やお客様の声の一例、買取できなかった品の処分方法についてなどご紹介しております。

【目次】
1.安八町で骨董品の売却や買取りについて
2.安八町の骨董品や茶道具や掛け軸などを買取させて頂きます!
3.蔵の整理や解体処分品、遺品整理や引っ越しの片付け品、収集された大切な品を買取させいただきます
4.安八町で骨董品の売却や出張買取の手順
5.安八町にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声
6.安八町出身やゆかりのある郷土作家・陶芸家などのご紹介
7.安八町で整理に伴うお役立ち情報
8.安八町の歴史や地域紹介
9.安八町の骨董品買取に関するお問い合わせ先

 

安八町で骨董品の売却や買取りについて

安八町の骨董品買取なら永寿堂にお任せ下さい。ご処分売却をお考えで売れるか分からない古い品があるや有名作家の骨董品があるが真贋が不明や適当な金額で査定されたくないとお考えの際は当店にお任せ下さい。
骨董品の専門店ですので適正価格でしっかり査定買取させて頂きます。骨董品や茶道具や絵画や掛け軸や刀剣など美術品がございましたらしっかり骨董品の専門店に売る事をおすすめします。

 

安八町の骨董品や茶道具や掛け軸などを買取させて頂きます!

当社は幅広いジャンルの品を扱わせて頂きますので骨董品をはじめ、茶道具、絵画、掛軸、巻物、浮世絵、版画、古美術品、工芸品、西洋アンティーク、ブロンズ像、象牙製品、レトロ玩具、根付、漆器、珊瑚、翡翠、鑑賞石、屏風、鉄瓶・銀瓶、陶器、磁器、文化勲章・文化功労章受賞・人間国宝の有名作家の作品、ギヤマン、焼き物全般、着物、花台、仏像、日本刀、刀剣、鎧、鍔、甲冑、武具類、勲章や軍刀などのミリタリー物、相撲や鉄道関係のマニア物、時計、万年筆、古道具、楽器、古銭、切手、飾り棚、時代箪笥、アクセサリー、食器などから現代の木版画、リトグラフ、シルクスクリーン、エッチングその他、贈答品など買取できる物はできるだけ買取させて頂きます。
記載している品はほんの一部ですのでどんな品でも一度お声がけ下さい、買取できる品は買取させて頂きます。古い物があり処分して良いのか判断できない方やリサイクル店では骨董品の価値がしっかり見出して貰えるのか不安な方も骨董品の取り扱い専門店である当店にお気軽にお問い合わせ下さい。
片付いてない状態や品物が汚れていてホコリまみれのままでもちろんOK(大歓迎)ですので、ぜひご自身で不用品だと判断して捨てられる前にそのままの状態でお見せください、高値がつく品が眠っている可能性もございます。
高価な物でなくてもガラクタと思われる様な品でも大丈夫です。出張買取可能であるか丁寧に対応させていただきます。

 

蔵の整理や解体処分品、遺品整理や引っ越しの片付け品、収集された大切な品を買取させいただきます

安八町の骨董品買取イメージ

蔵の整理・お片付け・遺品整理・お引越し・リフォームなどで出る古道具や骨董品や茶道具、収集された大切な品や不用品などのご売却を検討の際には、まずはお電話ください。
骨董品や当社が扱う品は古い物が多く汚れていて当たり前です。片付いてない状態や品物が汚れていてホコリまみれのままでもちろんOK(大歓迎)ですので、ぜひご自身で不用品だと判断して捨てられる前にそのままの状態でお見せください、高値がつく品が眠っている可能性もございます。
高価な物でなくてもガラクタと思われる様な品でも大丈夫です。出張買取可能であるか丁寧に対応させていただきます
解体業者様やリフォーム業者様やお茶の先生からのご依頼も大歓迎です。

 

安八町で骨董品の売却や出張買取の手順

◇お電話にて売却希望品のご相談・ご訪問日程のご予約
お電話にて売却希望の品についてご相談やお話しをお聞かせ下さい。壊れていても買取できる物もございますので何が高価買取できるか素人様ではわからないと思いますのでなるべく手付かずの状態での出張買取が高価買取の秘訣となります。お捨てになる前に是非一度、当店までお問合せのお電話にてご相談下さい。※当日でもご都合が合えば訪問させていただきます。

◇ご予約いただいた日時に無料出張
希望の日時にご予約の上お伺いいたします。出張費用は一切いただきませんのでご安心下さい。

◇査定とお支払・引き取り
現地にてお立会いのもと査定見積りいたします。価格が合わない品は無理に売却しないで下さい。買取取引が成立しましたら、その場で現金にて金額をお支払い致します。その後、品物を引き取りお運びさせて頂きます。

 

安八町にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声

安八町で茶道具の買取事例

M様 買取金額 20,000円
自宅のリフォームでもしかしたら売れるのかなと思い来て頂きましたが木箱が大切だと思わず全て壊して破棄した後にお呼びしてしまったのが残念でした。

 

安八町で象牙の買取事例
N様 買取金額 238,000円
象牙や骨董品の売却を検討しており査定していただきました、登録するのが大変でしたが思ったより高くて感謝しております。

 

安八町で古銭の買取事例
O様 買取金額 200,000円
古銭や骨董集めが趣味の父の遺品整理をお願いしました、一生懸命査定して頂けありがとうございます。

 

安八町で骨董品の買取事例
A様 買取金額 130,000円
古い大きな皿などあり出張査定してもらいましたが鉄瓶などそれなりの金額になり良かったです。

 

安八町出身やゆかりのある郷土作家・陶芸家などのご紹介

◆蓑虫山人(みのむしさんじん)-考古学者、絵師、造園家
安八郡東結村(現安八町)出身の絵師、蓑虫山人。地元でも富豪として知られる農家に生まれた同氏ですが、母親を病気で亡くしたことをきっかけに家を飛び出します。僅か14歳という年齢で着の身着のまま流浪の旅に出ることになった同氏は、全国各地の民俗や名勝を記録することに専念。実は蓑虫山人(みのむしさんじん)というのは本名ではなく、旅先で偶然に出くわしたミノムシの生態に興味を持ったことがきっかけです。同氏の足取りの詳細は不明ですが、幕末期には九州地方にいたことが有力視されています。なぜなら、彼の手記には九州の三大詩人として知られる鉄翁祖門に師事していたことが記されていたからです。
造園家としての顔も持つ同氏は岩手県の水沢公園の開園にも深く関わり、その後およそ10年にわたり東北地方に身をおきます。同公園の開園からおよそ10年後には、つがる市の亀ヶ岡遺跡での発掘調査に参加。同時期に考古学者として活躍していた神田孝平からの助言を受けます。晩年の同氏の足跡にはわからないことが多いですが、その姿は一時期岐阜県笠間市にあったことを確認。1897年に竹を拾い集めて作った庵は「松庵」と名付けられ、同氏の集大成の作品になりました。

 

安八町で整理に伴うお役立ち情報

買取り対象にならない品々はどうしても処分する必要があります、安八町のごみや粗大ごみの処分先などをご紹介しておりますのでご参照ください。
転居による整理をされるお客様は安八町から引っ越しする際の連絡先なども紹介しております。

安八町のごみ出しについてはこちら
https://www.town.anpachi.lg.jp/0000000395.html
をご参照ください。

安八町から引越し転入や転出届けなど手続きをする際についてはこちら
https://www.town.anpachi.lg.jp/category/1-2-2-1-0-0-0-0-0-0.html
をご参照ください。

名称:安八町役場
住所:岐阜県安八郡安八町氷取161番地

 

安八町の歴史や地域紹介

岐阜県安八町の町制が施行されたのは、1960年(昭和35年)4月1日です。安八という町名の由来は奈良時代に作成された日本最古の戸籍において、この地が「味蜂間郡(あはちまごおり)」「安八萬(あはちま)」として記載されていたことだと言われています。岐阜県の南西に位置する安八町は、揖斐川と長良川に挟まれた細長く平坦な土地です。南北が約9キロメートル、東西が約3キロメートルで、面積は18.16平方キロメートルです。2015年(平成27年)時点での人口は1万4,700人となっています。

2つの川からの流出土で形成された沖積平野のため、肥沃で農耕地として利用され、米や野菜の生産、養鶏や酪農も盛んです。伊勢湾臨海工業地帯や名古屋都市圏などに接しているという地理的条件にも恵まれており、工業の立地に適した土地として産業の要となっています。安八町ではコンピューターの関連製品や化学製品、乳製品などが作られています。岐阜県安八町の町制が施行されたのは、1960年(昭和35年)4月1日です。安八という町名の由来は奈良時代に作成された日本最古の戸籍において、この地が「味蜂間郡(あはちまごおり)」「安八萬(あはちま)」として記載されていたことだと言われています。岐阜県の南西に位置する安八町は、揖斐川と長良川に挟まれた細長く平坦な土地です。南北が約9キロメートル、東西が約3キロメートルで、面積は18.16平方キロメートルです。2015年(平成27年)時点での人口は1万4,700人となっています。

安八町には、縁結びの神として知られる結(むすぶ)神社があります。創建は800年以上前の嘉応(かおう)年間(1169~1171年)とされていますが、奈良時代以前だという説もあります。この神社に祀られているのは、古事記で最初に生まれたとされる天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(かみむすび)の3神です。天之御中主神は天地を主宰し、他の2神は万物の生産と生成をつかさどるとされ、結神社は「生産の神」として「縁結びや和合円満の神」として参拝されています。

安八町は、山内一豊ゆかりの地としても知られています。山内一豊は永禄3年、15歳の多感な時期を牧村城の当主牧村政倫の下で過ごしました。この経験が山内一豊の人生に、少なからぬ影響を与えたと言われます。安八町には、縁結びの神として知られる結(むすぶ)神社があります。創建は800年以上前の嘉応(かおう)年間(1169~1171年)とされていますが、奈良時代以前だという説もあります。この神社に祀られているのは、古事記で最初に生まれたとされる天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(かみむすび)の3神です。天之御中主神は天地を主宰し、他の2神は万物の生産と生成をつかさどるとされ、結神社は「生産の神」として「縁結びや和合円満の神」として参拝されています。

安八町の梅園

 

安八町の骨董品買取に関するお問い合わせ先

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com

寿堂の買取品目