愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「買取対応エリア」ページ

愛知県安城市で
骨董品を買い取ります

安城市で骨董品・茶道具・絵画・掛け軸・書道具の売却であれば買取りします

安城市の骨董品買取メイン画像

愛知県安城市の骨董品を出張買取させて頂きます。整理により売却をお考えの茶道具・掛軸・絵画・美術品などがございましたら安城市のご自宅まで出張買取に伺います。
生前整理や遺品整理や片付けに伴う骨董品などの査定買取は骨董品の取扱い専門店である永寿堂へおまかせ下さい。
買取対象品の一例や買取手順のほか安城市の地域紹介やゆかりの芸術家や骨董品の買取実績一例、不用品の処分方法についてなどご紹介しております。

【目次】
1.安城市へ即日の骨董品出張買取依頼OK!
2.安城市で骨董品の売却や出張買取の手順
3.安城市にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声
4.安城市出身やゆかりのある郷土作家・画家・陶芸家・文化人などのご紹介
5.安城市の地域紹介
6.安城市で転居や古い物の整理処分に伴うお役立ち情報
7.安城市の骨董品買取に関する永寿堂へのお問い合わせ先

 

安城市へ即日の骨董品出張買取依頼OK!
様々なジャンルの品を買取させていただきます。

安城市の骨董品買取イメージ

当社は骨董品を主に幅広いジャンルの品を扱わせて頂きますので、骨董品、茶道具、絵画、掛軸、古美術品、レトロ家具、西洋アンティーク、ブロンズ、象牙、象牙彫刻品、レトロおもちゃ・ソフビ人形・超合金、ブリキ、根付、時代物、イッカク角、珊瑚物、翡翠物、鼈甲、鉄瓶・銀瓶、版画、陶芸品、工芸品、文化勲章・文化功労章受賞・人間国宝の有名作家の近代美術作品、中国・欧米などの海外作家作品、ギヤマン、浮世絵、焼き物全般、着物、屏風、漆器、花台、仏像、日本刀、刀剣、鎧、鍔、武具類、勲章や軍刀などのミリタリー物、相撲や鉄道関係のマニア物、時計、万年筆、古道具、楽器、古銭、切手、アクセサリー、食器などから現代の木版画、版画、リトグラフ、シルクスクリーン、エッチング、贈答品など買取できる物はできるだけ買取させて頂きます。

もちろん査定金額に納得いただけずに取引不成立であっても出張費などは一切いただきません。

 

安城市で骨董品の売却や出張買取の手順

◇お電話にて売却希望品のご相談・ご訪問日程のご予約
お電話にて売却希望の品についてご相談やお話しをお聞かせ下さい。壊れていても買取できる物もございますので何が高価買取できるか素人様ではわからないと思いますのでなるべく手付かずの状態での出張買取が高価買取の秘訣となります。お捨てになる前に是非一度、当店までお問合せのお電話にてご相談下さい。※当日でもご都合が合えば訪問させていただきます。

◇ご予約いただいた日時に無料出張
希望の日時にご予約の上お伺いいたします。出張費用は一切いただきませんのでご安心下さい。

◇査定とお支払・引き取り
現地にてお立会いのもと査定見積りいたします。価格が合わない品は無理に売却しないで下さい。買取取引が成立しましたら、その場で現金にて金額をお支払い致します。その後、品物を引き取りお運びさせて頂きます。

 

 

安城市にて骨董品などを買取りさせて頂いたお客様の声

安城市で茶道具の買取事例

W様 買取金額 650,000円
先祖代々受け継いできた骨董品を買取りして頂きました、子供は興味がないようなので大切にして下さい。

 

安城市で絵画の買取事例
K様 買取金額 280,000円
丁寧に査定して頂けたと思います。絵画や掛軸などひとつひとつ鑑定して頂け感謝しております。

 

安城市で骨董品の買取事例
M様 買取金額 165,000円
蔵の解体により中にある骨董品を買取りして頂きました、汚い中に入って頂き申し訳ございませんでした。

 

安城市で琴の買取事例
U様 買取金額 150,000円
母が大切にしていた琴の売却をしました、運ぶのが出来なかったので出張して頂きありがとうございます。

 

安城市出身やゆかりのある郷土作家・画家・陶芸家・文化人などのご紹介

◆石川丈山(書家)
安城市出身の文人であり、書道家でもあります。江戸初期の漢詩の代表的人物で、漢詩「富士山」は今でも詩吟で吟じられています。

◆松平長親(戦国武将)
松平氏の第3代当主・松平信光の孫で、徳川家康の高祖父。連歌などの教養にも秀でていたと言われています。

◆石川英鳳(画家)
大正から昭和にかけての日本の近代画家で、花鳥画や歴史画、風景画を描きました。京都市立絵画専門学校卒業後、愛土社を結成。29歳で帝国美術院展覧会に初入選し、以降画家として活躍します。中京画壇に貢献した一人です。

◆山本祐司(書家)
安城市出身の書道家。筑波大学大学院修士課程芸術研究科修了。大学講師や作品制作、書道実演を行うなど多方面で活躍中です。

◆小川澪月(書家)
安城市の書道家で、WPT書家の会メンバー。武田双鳳に師事、ふたば書道会の大筆師範。

◆竹内ケイ(作家)
安城市出身の折紙作家で、日本折紙学会などに所属。日本の折り紙の技術を世界に発信しています。

◆荒川桃子(絵本作家)
安城市出身で、愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。「安美展」洋画部門で、安城市長賞・市教育委員会賞を受賞。展示会を常時開催するなど活躍中です。

 

安城市の地域紹介

愛知県安城市は2022年4月現在、概ね187,000人が暮らす自治体です。県庁所在地である名古屋市の比較的近くに位置しており、隣接する自治体には岡崎市や刈谷市、豊田市などがあります。岡崎平野のおよそ中央に位置する同市はなだらかな地形として知られ、高低差はおよそ20m程度と暮らしやすい環境です。また、市内には矢作川や高浜川、猿渡川など複数の河川を有するなど水瓶にも恵まれています。近年における同市の気候はより内陸性気候の度合いが高まる傾向にありますが、とりわけ夏の暑さが厳しく1995年8月には最高気温が40度に達したこともあります。安城市は環境への配慮に積極的であり、「エコサイクルシティ構想」と称する取り組みを行っています。具体的には自動車やバイクなどの利用を可能な限り抑制する一方、公共交通機関や自転車を活用しようというものです。かつて同市の住民の生活を支えた明治用水を地下に埋め込むことで、その上部のスペースに自転車優先道路を整備。全長約22キロにも及ぶ豊田安城自転車道をはじめ多くの優先道路があり、道幅が比較的広く自転車通勤者以外にも学生の通学路やジョギングコースとして多くの人が利用しています。

同市には東海道本線や東海道新幹線、名鉄名古屋本線といった複数の幹線が走るなど、特に鉄道アクセスが充実しています。加えて、名鉄バスやあんくるバスなどのバス路線が市内全体に張り巡らされ、高齢者にとっても住みやすい環境です。安城市は環境への配慮に積極的であり、「エコサイクルシティ構想」と称する取り組みを行っています。具体的には自動車やバイクなどの利用を可能な限り抑制する一方、公共交通機関や自転車を活用しようというものです。かつて同市の住民の生活を支えた明治用水を地下に埋め込むことで、その上部のスペースに自転車優先道路を整備。全長約22キロにも及ぶ豊田安城自転車道をはじめ多くの優先道路があり、道幅が比較的広く自転車通勤者以外にも学生の通学路やジョギングコースとして多くの人が利用しています。

現在の安城市が誕生したのは1952年です。幸運にも戦争被害を受けることがほとんどなかった同市には軍需産業の発展がなく、その分だけ不況に見舞われるという皮肉な事態に直面します。そこで、1951年に名古屋大学農学部と倉敷紡績を誘致。その後、徐々に工業都市として発展して現在に至ります。

安城市歴史博物館

三河安城駅

安城城 大乗寺

 

安城市で転居や古い物の整理処分に伴うお役立ち情報

買取り対象にならない品々はどうしても処分する必要があります、安城市のごみや粗大ごみの処分先などをご紹介しておりますのでご参照ください。
転居による整理をされるお客様は安城市から引っ越しする際の連絡先なども紹介しております。

安城市でのごみやリサイクルについて
https://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/gomi/index.html

粗大ごみは戸別に有料で収集してもらう方法とリサイクルプラザや環境クリーンセンターに持ち込む方法があります。
リサイクルプラザには金属・プラスチック・家具類等の燃やせないの粗大ごみが持ち込みでき、環境クリーンセンターには布類等の燃やせる粗大ごみが搬入できます。
粗大ごみの受付電話番号は0566-77-4411となります。

安城市で転入や転出など引っ越しに伴う手続きなどの届け先など詳しい事は
https://www.city.anjo.aichi.jp/life-scene/hikkoshi/index.html
コチラのページをご参照して下さい。
また安城市役所の所在地は愛知県安城市桜町18番23号となります。

 

安城市の骨董品買取に関する永寿堂へのお問い合わせ先

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com

寿堂の買取品目