愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

藤原啓の備前焼買取は愛知名古屋の永寿堂へ

藤原啓の作品を買取りしております。売却をお考えで藤原啓の備前焼き作品がございましたら永寿堂が買取りさせて頂きます。こちらの記事では備前焼の重要無形文化財(人間国宝)に認定されている藤原啓についてご紹介させていただきます。

1.藤原啓の備前焼花瓶などの作品を買取致します
  藤原啓について
  藤原啓の主な略歴
2.藤原啓の代表的な技法である備前焼に関する知識
3.藤原啓の買取相場
4.藤原啓の作品買取で当社が選ばれる理由
5.藤原啓の作品を売却であれば骨董品買取専門店である永寿堂へ!

 

藤原啓の備前焼花瓶などの作品を買取致します

藤原啓の高価買取イメージ

藤原啓について

1899年に岡山県備前市穂浪にて三男として生まれる。
はじめ文学を志し、のちに藤島武二が指導する川端洋画研究所でデッサンを学びました。神経衰弱になり静養のため帰郷しました、そこで正宗敦夫に作陶を勧められ陶工の三村梅景に師事して基礎的な陶芸を学びました。そして金重陶陽と出会い師事して陶芸技術を磨きました。
国の指定である丸技作家の資格を得ました、備前焼でこの時に資格を得ていたのは金重陶陽と山本陶秀と藤原啓のみでした。日本伝統工芸展に出品を重ね1954年に備前焼で岡山県指定無形文化財保持者に認定されました。日本工芸会正会員や日本工芸理事を長年勤めながらも個展や数々の賞を受賞して活躍し1970年には人間国宝となる備前焼の重要無形文化財に認定されました。
その後も備前市初の名誉市民になり財団法人藤原啓記念館が設立されるなど陶芸界に大きな影響力を持ちました。金重陶陽の意思でもある古備前の復興継承に力を入れて陶陽とは一味違った作品を輩出しました。
1983年に勲三等瑞宝章を受章するのと同年に肝臓ガンのため死去されましたが藤原啓の備前焼に対する思いは後世にも引き継がれているでしょう。 藤原啓の長男で藤原雄、次男で藤原敬介も陶芸家であり雄の息子で藤原和も陶工として活躍し備前焼は代々受け継がれております。

 

藤原啓の主な略歴

1899年 岡山県備前市穂浪に生まれる
1919年 川端洋画研究所に入所する
1930年 作家として独立する
1938年 作陶を開始する
1954年 備前焼で岡山県指定無形文化財保持者に認定される
1962年 プラハ国際陶芸賞を受賞する
1970年 人間国宝となる備前焼の重要無形文化財に認定される
1972年 勲四等旭日章を受章する
1983年 勲三等瑞宝章を受章する・死去

 

藤原啓の代表的な技法である備前焼に関する知識

岡山県備前市辺りを産地とする炻器の事で良質の陶土を成形して乾燥させた後に釉薬も使わず素焼きした焼物。
始まりは須恵器が次第に変化した平安時代に熊山のふもとで生活用器が作られた物が備前焼の始まりとされております。
備前焼の陶芸家で重要無形文化財の保持者となっているのは金重陶陽・山本陶秀・藤原雄・伊勢崎淳らが人間国宝として認定されております。
土味が表れている事で愛好家がおり胡麻や緋襷や桟切りなど様々な景色を楽しむ事ができます。

 

藤原啓の買取相場

藤原啓の買取り価格は10,000円~200,000円と幅広く作品の出来や大きさ・種類・いつの時代の作品かなどにより評価させて頂きます。

特に二重箱に入った作品は人気があり高い買取金額になる傾向にございます。

 

藤原啓の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

藤原啓の作品を売却であれば骨董品買取専門店である永寿堂へ!

藤原啓の売却は永寿堂のイメージ

藤原啓の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。備前焼の人間国宝に認定されている藤原啓の水指や花入やぐい呑みなど様々な作品を買取りさせて頂きます。

また幅広いジャンルを取り扱っており、藤原啓の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取り致します。気になった方は、電話またはメールでお問い合わせください。

 

【永寿堂へのお問い合わせ】
・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事