愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【仏像買取】仏像の高価買取は愛知名古屋 永寿堂へ

仏像の買取りはおまかせ下さい。名古屋市をはじめ愛知県や岐阜県や三重県でご不要となり処分売却をご検討の仏像がございましたら買取りさせて頂きます。出張買取や店頭買取や宅配買取さまざま方法で買取り対応致します。

【目次】
1.仏像の売却・買取りついて
 仏像について
  仏像とは?
  仏像の素材
  仏像の種類一例
  著名な仏像作家の一例
 仏像の買取方法
2.仏像の買取でよくある質問
3.買取りした仏像の一例
4.仏像の売却ご処分は仏像の買取店である永寿堂へ!
  永寿堂へのお問い合わせ

 

仏像の売却・買取りついて

仏像を売却ご処分であれば高価買取します仏像を買取致します。引っ越しや遺品整理、解体処分、片付けで不用となった仏像や放置されて押し入れや物置に眠ったままの仏像のご処分、お売りになりたい方は永寿堂におまかせ下さい。状態の悪い古い仏像から大きな仏像や有名な仏師が作った高額な仏像まで適正価格にて買取させて頂きます。

汚れや傷や錆などがあっても構いませんので一度お気軽にお電話にてご相談ください。名古屋市をはじめ愛知県や岐阜県や三重県や滋賀県へ出張費無料にて出張買取にお伺い致します。

仏像について

仏像とは?

仏像とは、仏教の開祖であるお釈迦様を表現した像、彫刻のことです。紀元1世紀にインドでつくられた釈迦如来像が世界で最初の仏像であると言われています。お釈迦様は紀元前5世紀、インド北部で釈迦族の王子として生まれ何不自由なく育ちました。しかしながら、お金持ちであってもそうでなくても万人に共通していつか必ず訪れる「死」や「病気」「老いること」などについて深く考えるようになり、不安や苦しみを感じるようになりました。そして、29歳で王子の地位を捨て家族と離れ修行に出ました。修行に出て6年後、お釈迦様は「悟り」の境地に達しブッダとなった、と言われています。これが仏教の始まりで、お釈迦様は死ぬまで人々に説法を説き続けました。仏像はそのようなお釈迦様を崇め、信仰を深めるためにつくられたと言われています。その後、阿弥陀如来・薬師如来・観音菩薩・弥勒菩薩・文殊菩薩など様々な宗派の仏像がつくられるようになりました。

 

仏像の素材

仏像は金属、漆、木、石、土でできています。金属(金や銀、鉄のものもありますが多くは銅)でつくられ、金メッキで仕上げた仏像を「鋳造像(ちゅうぞうぞう)」と言います。漆の樹液を固めてつくったものを「乾漆像(かんしつぞう)」、木製のものを「木像(もくぞう)」と言います。木像には、頭部と胴部を別の木材に彫る「寄木造(よせぎづくり)」と、一本の木から像全体を丸掘りする「一木造(いちぼくづくり)」があります。「石像(せきぞう)」は石でできた仏像で、道の傍らなどで見かけることがある石地蔵はこの石像に含まれます。また「塑像(そぞう)」は粘土でつくる仏像のことで、壊れやすく重いので取り扱いに注意が必要です。

 

仏像の種類一例

仏像の種類は大きく4種類に分けることができます。

◆如来(にょらい)
一番尊いとされている仏像です。「如」は真理を意味します。悟りを開いたお釈迦様が「如」(真理)の世界から「来」た、ということを意味し「如来」と如来と呼ばれています。釈迦如来のほかに、阿弥陀如来、盧舎那仏、大日如来、薬師如来などがあります。

◆菩薩(ぼさつ)
如来を目指して修行をしている者のことを指します。脇侍として如来像の左右に配置されることもある菩薩は、如来に次ぐ存在です。観音菩薩、文殊菩薩、弥勒菩薩、普賢菩薩、地蔵菩薩などがあります。

◆明王(みょうおう)
怒りの表情を浮かべていて、その姿は恐ろしい雰囲気が漂っているものが多いです。どくろなどを持っているものもあり、姿はおどろおどろしいですが、如来に代わって人々を救う存在です。不動明王、愛染明王、孔雀明王などがあります。

◆天部(てんぶ)
守護神的な存在であり、大黒天や弁財天など七福神なども天部に属します。

 

著名な仏像作家の一例

鞍作止利【飛鳥時代】/山口大口【飛鳥時代】/国中公麻呂【奈良時代】/院助、院覚、院朝、院尊、院実、院好、院興、院範、院賢、院尚、院慶、院康、院恵(三河法橋)、院吉(法眼)、定審(駿河法眼)【院助を祖とする「院派」と呼ばれる仏師の一派、平安時代後期から室町時代】/円勢、長円、賢円【「円派」と呼ばれる仏師の一派、平安時代中期から鎌倉時代】/康慶、運慶、快慶、湛慶、定覚、定慶、康運、康弁、康勝、運賀、運助、康俊、康正、行快、栄快、長快【「慶派」と呼ばれる仏師の一派、平安時代末期から江戸時代】/頼助【平安時代後期】/康助【平安時代後期】/成朝【鎌倉時代初期】/善春【鎌倉時代】/円空【江戸時代前期】/高村光雲【近現代】/松久宗琳、松久朋琳【近現代】/山崎祥琳【近現代】/西村公朝【近現代、紫綬褒章受章】/松本明慶【近現代、大仏師の称号を与えられた】

 

仏像の買取方法

永寿堂では、出張買取、宅配買取、店頭持ち込みによる買取を行っております。まずはお電話にてお問合せ、ご相談ください。
・出張買取をご希望の場合は、日時をお約束の上で現地まで出張費無料にて買取に伺います。
・宅配買取ご希望の場合は、着払いにて品物を梱包して発送してください。(発送会社の指定はありません)
・持ち込み買取につきましては、事前にお電話にてご希望の訪問日をお知らせください。訪問日を決定し、予約の上店頭までお持ち込みください。

 

仏像の買取でよくある質問

Q、仏像の詳細(名前や、いつ頃のものなのか、など)が分からないのですが、買取してもらえますか?
A、永寿堂では、店主自らご対応致します。詳細不明な仏像であっても、まずはお問合せください。

Q、汚れがあったり、欠けていたりするものでも買取してもらえますか?
A、どの程度の汚れなのかにもよりますので、まずは状態について詳しくお話を聞かせてください。汚れや欠けがあるものでも買取実績がありますので、お気軽にお問合せください。

Q、高額買取されやすい仏像は、どのような仏像ですか?
A、仏像の作者や作成された時代、仏像の状態や大きさなどによって価格は変わりますので一概に「こういった仏像は高値がつく」という明確な基準をお伝えするのは難しいです。一般的な傾向としては、ブロンズ(青銅)でできた仏像の場合、高値がつきやすい傾向があります。ブロンズ製の仏像は、木製のものなどと比べると劣化しにくく、年月が経つにつれ味のある青緑色になり、高く評価されることが多いです。ブロンズ製以外の仏像であっても有名な仏師の木彫りの仏像など高値買取の実績がありますので、どのような素材であるかに関わらずぜひ一度ご相談ください。

 

買取りした仏像の一例

買取りした松本明慶の不動明王像●岐阜県にて松本明慶の木彫りの不動明王像など仏像など骨董品を100万円にて買取させて頂きました。

 

買取りした木彫りの仏像●名古屋市で木彫りの仏像を2万円にて買取りさせて頂きました。画像はイメージとなります。

 

買取りした松久宗琳の仏像●東京都にて大型の松久宗琳の彩色仏像などを出張買取にて50万円にて買取りさせて頂きました。大型の仏像の買取りはおまかせ下さい。

 

仏像の売却ご処分は仏像の買取店である永寿堂へ!

仏像の売却であれば永寿堂が買取りします

仏像を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」にお売りください。弊社では、店主が自ら査定します。運営コストを抑えていますので、その分買取価格を検討でき高価買取が可能となります。

また幅広いジャンルを取り扱っており、仏像の他にも仏具や仏画や寺院用品や雅楽器、骨董品や絵画や掛け軸や刀剣やアンティーク品や中国美術などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取り致します。気になった方は、電話またはメールでお問い合わせください。

 

永寿堂へのお問い合わせ

・TEL:0120-060-510

・メール:info@eijyudou.com

関連記事