愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【松林桂月買取】松林桂月の掛軸買取は永寿堂へ

松林桂月の作品を買取りしております。売却をお考えの松林桂月の掛け軸や屏風や額などの買取りは永寿堂におまかせ下さい。電話やメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。こちらでは文化勲章受章画家である松林桂月についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

1.松林桂月(まつばやし けいげつ)について
 松林桂月に関する主な略歴
 松林桂月の代表的な作品
 松林桂月の買取相場
2.松林桂月の作品買取で当社が選ばれる理由
3.松林桂月の買取でよくある質問
4.松林桂月の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ先

 

松林桂月(まつばやし けいげつ)について

松林桂月は、1876年に山口県で生まれました。幼い頃から絵を得意としていた桂月は、小学校卒業後に地元の素封家の援助を受けて上京しました。1894年に野口幽谷(のぐち ゆうこく)に入門し、南画について学びました。1896年に日本美術協会展へ「菊花双鶏」を初出品し、二等褒状を獲得しました。1898年に幽谷が亡くなった後は、ほとんど独学で絵を書き続けました。1901年に同門であった松林孝子(松林雪貞)と結婚し、松林姓となりました。

病気のために一時的に帰郷するものの、療養後に再び上京し1902年に環翠会画塾(のちの天香画塾)を開設します。山岡米華らとともに、1906年に日本南宗画会を設立。同年1906年に岩溪裳川(いわたに しょうせん)に漢詩を学びます。1908年に文展で初入選した後、多数の賞を受賞して南画家としての地位を確立しました。1939年にニューヨーク万国博覧会に「春宵花影」を出品し、高評価を得ました。1932年には帝国美術院会員、1937年には帝国芸術院会員、1944年には帝室技芸員となりました。

1950年には横山大観(よこやま たいかん)や川合玉堂(かわい ぎょくどう)らと無名会を結成しました。また、日本芸術院会員選考委員や国立博物館主催「日本南画名作展」の選考委員となります。日本の美術界につくした功績により、1958年には文化勲章を受賞しています。1960年の日本南画院の設立時に会長に就任。1962年に日本橋三越にて個展を開催し、「夏橙」「池畔」「白梅紅梅」といった多数の作品を展示しました。1963年に永眠した後、従三位勲二等旭日重光章を受章しました。明治・大正・昭和の3つの時代を生きた桂月は数々の名作を残し、日本国内はもちろんのこと海外でも高い評価を得ています。

 

松林桂月に関する主な略歴

1894年 画壇の大家である野口幽谷に入門
1897年 日本美術協会展覧会で入賞
1906年 日本南宗画会を結成
1919年 帝展審査員になる
1939年 ニューヨーク万国博覧会に出品
1946年 第1回日本美術展覧会の審査主任になる
1947年 日中文化協会理事になる
1948年 日本美術協会理事になる
1958年 文化勲章受章
1960年 日本南画院会長に就任

松林桂月の代表的な作品

松林桂月の代表的な作品の一つは「春宵花影」です。ニューヨーク万国博覧会に出品した作品です。花びらや蕾は輪郭線を使わず、胡粉で強調されています。「怒涛健鷲」は日本美術協会展で二等褒状を受けた作品で、特に思い入れの強い作品だといわれています。この作品を創作している際に結核を患っており、長く生きられないかもしれないと宣告されていました。そんな桂月は命を削って難しい作品に挑戦しようと考え、「怒涛健鷲」を描いたと伝えられています。

「松林仙閣図屏風」は第7回文展に出品した作品です。作品が展示された翌年に大正天皇の所有となり、その後、昭和天皇へと相続されています。「伏見鳥羽戦」という作品は、最後の長州藩主の長男・毛利元昭に依頼されて制作したものです。桂月がはりきって準備した作品だといわれています。「溪山春色」も代表的な作品の一つです。1915年に日本美術協会展に出品した「春渓」が関東大震災で失われたため、1935年に再制作されました。

 

松林桂月の買取相場

松林桂月の作品の買取相場は掛け軸で数万円~300,000円程度の査定となる事が多いでしょう。作品の内容によってはそれ以上の値段が付くことは珍しくありません。また、大きさ・書き込みの内容・描かれた年月・保存状態によって価格は大きく変わります。屏風などの大作も内容次第では更に高額となる品もございます。

松林桂月の掛軸

 

松林桂月の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

松林桂月の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.松林桂月の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.木箱がなくても買取りできますか?
A.木箱が付属していなくても買取り可能です。

 

松林桂月の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

松林桂月の高価買取は永寿堂へ

松林桂月の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。文化勲章を受章した松林桂月の掛け軸や屏風や額は高価買取対象となります。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、松林桂月の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品やアンティーク品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事