愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

酒井田柿右衛門の売却・高価買取は永寿堂へ

酒井田柿右衛門の作品を買取りしております、売却をお考えの酒井田柿右衛門の作品がございましたら買取りさせて頂きます。「濁手」は国の重要無形文化財として総合指定を受け「色絵磁器」で重要無形文化財(人間国宝)に認定されております、柿右衛門の作品には工房作と本人作があり工房作でもしっかり買取りできますが、本人作であれば高価買取査定させて頂きます。

【目次】
1.酒井田柿右衛門の濁手作品を買取致します
 酒井田柿右衛門(さかいだ かきえもん)について
  酒井田柿右衛門の主な略歴
  酒井田柿右衛門の代表的な技法である色絵磁器と濁手に関する知識
  酒井田柿右衛門の買取相場と代表作
2.酒井田柿右衛門の買取で当社が選ばれる理由
3.酒井田柿右衛門の買取でよくある質問
4.酒井田柿右衛門の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

 

酒井田柿右衛門の濁手作品を買取致します

酒井田柿右衛門を高価買取致します

酒井田柿右衛門(さかいだ かきえもん)について

酒井田柿右衛門は肥前有田の陶工で江戸前期より現在の15代まで続いています。
初代は乳白色の濁手で地肌に赤色系の上絵を焼き付ける柿右衛門様式と呼ばれる磁器の作風を確立させる。明の五彩磁技法を日本で初めて完成しています。
マイセン窯などで模倣品も作られるほどの人気となりました。
伊万里焼きとは全く違った、上質の色絵磁器を焼成することに成功しました。初代から四代までを初期柿右衛門と称し五代から七代までが中期柿右衛門し、この頃には濁手の技法は途絶えてしまう。
八代~十代までを後期柿右衛門と称し十一代は海外にも積極的に作品を出品、十二代と十三代は濁手の再興に努め1971年には重要無形文化財に認定される。
十四代は2001年に重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝)として認定されました。現在は2014年に十五代 酒井田柿右衛門を襲名し作陶に努めております。

 

酒井田柿右衛門の歴代略歴
1596~1666年 初代 酒井田柿右衛門
1628年 鍋島藩御用窯を有田岩谷川内に設ける
1620~1661年 2代 酒井田柿右衛門
1622~1672年 3代 酒井田柿右衛門
1641~1679年 4代 酒井田柿右衛門
1643年 初代柿右衛門赤絵物の制作を始める
1660~1691年 5代 酒井田柿右衛門
1690~1735年 6代 酒井田柿右衛門
1711~1764年 7代 酒井田柿右衛門
1734~1781年 8代 酒井田柿右衛門
1776~1836年 9代 酒井田柿右衛門
1805~1860年 10代 酒井田柿右衛門
1845~1917年 11代 酒井田柿右衛門
1878~1963年 12代 酒井田柿右衛門
1906~1982年 13代 酒井田柿右衛門
1953年 濁手素地の復元に成功
1971年 「濁手」の技法が重要無形文化財として総合指定を受ける
1934~2013年 14代 酒井田柿右衛門
2001年 重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定される(人間国宝)
1968~年 15代 酒井田柿右衛門
2014年 15代 酒井田柿右衛門を襲名

 

酒井田柿右衛門の代表的な技法である色絵磁器と濁手に関する知識

色絵磁器とは、透明な釉薬をかけて本焼した磁器の表面に赤・黄・緑・紫等の色絵具で上絵が描かれた磁器の事です。約600℃~800℃の低温度でしっかり焼き付けを行います。この色絵磁器の技法は中国の明~清の時代に発達して景徳鎮の技術が特に優れており人気があります。また、万暦期の五彩・嘉靖期の金襴手などもとても有名で人気がございます。
色絵磁器の技法では他にも加藤土師萌・藤本能道・十三代今泉今右衛門・富本憲吉らが人間国宝に認定されております。

濁手とは柿右衛門様式の磁器に見られる乳白色の素地の事で少し青味がかった有田焼の白磁素地と違い青味が無い濁手の素地は色絵がはっきりと映える事が人気の素地となります。

 

酒井田柿右衛門の買取相場と代表作

酒井田柿右衛門の買取り価格は一般的な作品であれば数万円~500,000円程度となる事が多いでしょう。作品の出来や技法・大きさ・種類・本人作か工房作か・何代目の作品か・いつの時代の作品かなどにより評価させて頂きます。濁手で綺麗な絵付けの壺や花瓶や大皿など出来のよい作品は100万円以上の買取りとなる品もございます。
十三代や十四代の本人作の作品や大型の作品や二重箱に入った作品、付加価値の付いている作品や冊子などに掲載されている作品などは人気があり高い買取金額になる傾向にございます。

代表作としては福岡県立美術館所蔵の「色絵花鳥文皿」・柿右衛門窯所蔵の「濁手桜文花瓶」・戸栗美術館所蔵の「濁手牡丹文蓋物」などがございます。

酒井田柿右衛門の作品

 

酒井田柿右衛門の買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

酒井田柿右衛門の買取でよくある質問

Q.1点でも買取りして頂けますか?
A.1点でも買取り可能ですが品物により出張買取が難しい場合もございますので一度ご相談ください。

Q.本物か偽物か分かりませんが買取りして頂けますか?
A.当店が真贋を拝見させて頂き判断させて頂きますので一度お問い合わせ下さい。

Q.木箱が汚くても大丈夫ですか?
A.木箱が汚れていても問題ございません。

Q.酒井田柿右衛門さんの作品以外にも陶器などがあり運べませんので出張して頂けますか?
A.もちろん出張査定させて頂きます。

Q.箱がないのですが買取りしてもらえますか?
A.共箱がなくても買取りは可能ですが評価は低くなります。

Q.本人作でなくても買取りしてもらえますか?
A.本人作でなくても買取りさせて頂きます。

Q.何代目の作品か分かりませんが対応して頂けますか?
A.何代目の作品か分からなくてもご対応させて頂きますのでご安心下さい。

 

酒井田柿右衛門の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

酒井田柿右衛門の売却は永寿堂へ

酒井田柿右衛門の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。「濁手」は国の重要無形文化財として総合指定を受け「色絵磁器」で人間国宝に認定された酒井田柿右衛門の飾皿・置物・茶碗・壺・花瓶・鉢・徳利・ぐい呑・皿・香炉など様々な作品を買取りさせて頂きます。

また幅広いジャンルを取り扱っており、酒井田柿右衛門の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や書道具や甲冑刀剣やアンティーク品や美術品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品を買取り致します。売却をご検討の品がございましたら電話またはメールでお問い合わせください。

 

【永寿堂へのお問い合わせ】
・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事