愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

藤本能道の壺などの作品買取は愛知名古屋の永寿堂へ

藤本能道の作品を買取りしております。売却をお考えで藤本能道の壷などの作品がございましたら永寿堂が買取りさせて頂きます。色絵磁器の技法で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されており人気の作家となります。

1.藤本能道の壺や茶碗などの作品を買取致します
  藤本能道について
  藤本能道の主な略歴
2.藤本能道の代表的な技法である色絵磁器に関する知識
3.藤本能道の買取相場
4.藤本能道の作品買取で当社が選ばれる理由
5.藤本能道の作品を売却であれば骨董品買取専門店である永寿堂へ!

 

藤本能道の壺や茶碗などの作品を買取致します

藤本能道の買取りイメージ

藤本能道について

藤本能道は1919年に東京都大久保にて次男として生まれました。
東京美術学校工芸科図案部を卒業して文部省工芸技術講習所第一部に入学します、講習所の講師だった加藤土師萌に陶芸を学びました。講習所を卒業後に講習所の教授となった富本憲吉に師事して助手を努めた事で色絵磁器の技術を学びました。
人間国宝である2人の師から指導を受けましたが師の模倣でない前衛的な陶芸を目指し八木一夫らと交流します。走泥社やモダンアート協会を活動の場としましたが釉や絵付けへの関心を高めて鉄釉彩や赤絵の研究にはげみます。
1946年には日展や国展にて初入選を果たし日本陶磁協会賞や日本工芸会東京支部展受賞やジュネーブ国際陶芸展で銀賞を受賞するなど活躍しました、花鳥をモチーフに精密な絵付で描き出し白磁に色絵をほどこす余白を生かした作品を作り上げました。色絵に絵画的写実を導入した釉描加彩磁器の新技法で新たる作風を開拓しました。1986年には人間国宝となる色絵磁器の技法で重要無形文化財保持者に認定されました。
東京芸術大学の教授に就任するなど後進の指導にも努め陶芸界の発展育成にも力を入れました。1991年には勲二等旭日重光章を授かりましたが1992年に73歳にて死去されました。

藤本能道の作品一例

 

藤本能道の主な略歴

1919年 東京都大久保にて生まれる
1931年 東京美術学校工芸科図案部を卒業して文部省技術講習所に入所し加藤土師萌に師事する
1938年 富本憲吉に師事し色絵磁器を学ぶ。光風会展光風工芸賞を受賞する
1946年 日展に初入選する。国展に初入選する
1981年 日本陶磁協会賞金賞を受賞する。紺綬褒章を受章する
1986年 人間国宝となる色絵磁器にて重要無形文化財保持者に認定される
1991年 勲二等旭日重光章を受章する
1992年 死去

 

藤本能道の代表的な技法である色絵磁器に関する知識

中国の明・清時代に発達した磁器の表面に赤・黄・緑・紫等の色絵具で文様を表現する技法で伝統的な色絵具は着色剤の酸化金属と白玉「しらたま」とよばれるガラス粉の一種を加えて調合されております。
十三代の今泉今右衛門や十四代の今泉今右衛門らも色絵磁器の技法において重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されております。

 

藤本能道の買取相場

藤本能道の買取り価格は~3,000,000円と幅広く作品の出来や大きさ・種類・いつの時代の作品かなどにより評価させて頂きます。

特に二重箱に入った作品や筥は人気があり高い買取金額になる傾向にございます。

 

藤本能道の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

藤本能道の作品を売却であれば骨董品買取専門店である永寿堂へ!

藤本能道の売却は買取専門店の永寿堂へイメージ

藤本能道の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。色絵磁器の技法で人気の藤本能道の作品で壷や茶碗や大皿他、また陶額など様々な作品を買取りさせて頂きます。

また幅広いジャンルを取り扱っており、藤本能道の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取り致します。気になった方は、電話またはメールでお問い合わせください。

 

【永寿堂へのお問い合わせ】
・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事