愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

中里太郎右衛門の売却・高価買取は永寿堂へ

中里太郎右衛門の作品を買取りしております、売却をお考えの中里太郎右衛門の作品がございましたら買取りさせて頂きます。「唐津焼」で重要無形文化財(人間国宝)に認定されており、特に叩き唐津と呼ばれる作品は高価買取査定させて頂きます。

【目次】
1.中里太郎右衛門の叩き唐津などの作品を買取致します
 中里太郎右衛門(なかざと たろえもん)について
  中里太郎右衛門の主な略歴
  中里太郎右衛門の代表的な技法である唐津焼に関する知識
  中里太郎右衛門の買取相場と代表作
2.中里太郎右衛門の買取で当社が選ばれる理由
3.中里太郎右衛門の買取でよくある質問
4.中里太郎右衛門の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

 

中里太郎右衛門の叩き唐津などの作品を買取致します

中里太郎右衛門を高価買取します

中里太郎右衛門(なかざと たろえもん)について

初代~十四代まで代々受け継がれ続いている唐津焼の陶工の家系。
十二代太郎衛門は1895年に十一代中里太郎右衛門の次男として佐賀県に生まれ1927年十二代中里太郎右衛門を襲名します、のちに大徳寺浩明宗然より「無庵」を授かります。独自の叩き技法で叩き青唐津壷を献上する事や西日本文化賞を受賞するなど活躍し1976年に人間国宝となる重要無形文化財の唐津焼の保持者に認定されました。
十三代太郎衛門は1923年に十二代中里太郎右衛門の長男として佐賀県に生まれ加藤土師萌に師事し作陶を学び1969年十三代中里太郎右衛門を襲名します、1992年には佐賀県の重要無形文化財として認定されました。別号を逢庵と名乗りました。日本新工芸展審査員や日本新工芸家連盟理事、日本新工芸展審査員や日工会会長に就任するなど陶芸界の発展に尽力しました。
十四代太郎衛門は1957年に十二三代中里太郎右衛門の長男として佐賀県に生まれ中里太郎右衛門陶房にて作陶を始めました、日展にて特選受賞や日工会展で日工会会員賞を受賞するなど活躍し2002年に十四代中里太郎右衛門を襲名しました。十四代もまた後世の発展育成に尽力して活躍しております。
十二代中里太郎右衛門の三男で中里重利や五男で中里隆や中里重利の長男で中里嘉孝も陶芸家です。

 

中里太郎右衛門の歴代略歴
1895年 11代中里太郎右衛門の次男として佐賀県に生まれる
1927年 12代中里太郎右衛門を襲名する
1966年 紫綬褒章を受章する
1969年 勲四等瑞宝章を受章する。号「無庵」を授かる
1976年 唐津焼で重要無形文化財保持者保持者に認定される。人間国宝
1985年 死去
1923年 12代中里太郎右衛門の長男として佐賀県に生れる
1946年 父と弟と協力して御茶碗窯を再開し加藤土師萌に師事する
1956年 日展で北斗賞を受賞する
1969年 13代中里太郎右衛門を襲名する
1992年 佐賀県重要無形文化財に認定される
2002年 「逢庵」を授かる
2009年 死去
1957年 13代中里太郎右衛門の長男として佐賀県に生まれる
1983年 13代中里太郎右衛門陶房で作陶を始める
2002年 14代中里太郎右衛門を襲名する

 

中里太郎右衛門の代表的な技法である唐津焼に関する知識

佐賀県東部や長崎県北部の諸窯で生産された陶器の事を唐津焼と呼びます。
一説には唐津の港から品物が積み出されたことで唐津焼と呼ばれるようになったとされております。
素朴で独特の渋みがある茶器は茶人に好まれ愛され「一楽・二萩・三唐津」と称される程、茶人に好まれました。

唐津焼の種類の一例として朝鮮唐津・絵唐津・三島唐津・斑唐津・瀬戸唐津・刷毛目唐津など様々な種類の唐津焼が造られております。

 

中里太郎右衛門の買取相場と代表作

中里太郎右衛門の買取り価格は一般的な作品であれば数万円~200,000円程度となる事が多いでしょう。叩き唐津など出来のよい作品であれば30万円以上の買取りとなる品もございます。
大型の作品や二重箱に入った作品、付加価値の付いている作品や冊子などに掲載されている作品などは人気があり高い買取金額になる傾向にございます。

代表作としては九州陶磁文化館所蔵の「叩き唐津象嵌魚文壺「玄海」」、九州陶磁文化館所蔵の「唐津翡翠掻落し染付牡丹文扁壺」、佐賀県より両陛下へ献上された「叩き朝鮮唐津壺」、第52回日本伝統工芸展にて入選した「唐津井戸茶碗」などがございます。

中里太郎右衛門の作品

 

中里太郎右衛門の買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

中里太郎右衛門の買取でよくある質問

Q.1点でも買取りして頂けますか?
A.1点でも買取り可能ですが品物により出張買取が難しい場合もございますので一度ご相談ください。

Q.本物か偽物か分かりませんが買取りして頂けますか?
A.当店が真贋を拝見させて頂き判断させて頂きますので一度お問い合わせ下さい。

Q.木箱が汚くても大丈夫ですか?
A.木箱が汚れていても問題ございません。

Q.中里太郎右衛門さんの作品以外にも陶器などがあり運べませんので出張して頂けますか?
A.もちろん出張査定させて頂きます。

Q.箱がないのですが買取りしてもらえますか?
A.共箱がなくても買取りは可能ですが評価は低くなります。

Q.本人作でなく窯作でも買取りしてもらえますか?
A.本人作でなく窯作でも買取りさせて頂きますが高価買取対象ではございません。

Q.何代目の作品か分かりませんが対応して頂けますか?
A.何代目の作品か分からなくてもご対応させて頂きますのでご安心下さい。

 

中里太郎右衛門の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

中里太郎右衛門の売却は永寿堂へ

中里太郎右衛門の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。「唐津焼」で人間国宝に認定された中里太郎右衛門の壺・置物・茶碗・花瓶・鉢・徳利・ぐい呑・皿・水指など様々な作品を買取りさせて頂きます。
中里太郎右衛門と酒井田柿右衛門今泉今右衛門の3人は三右衛門として人気で盃などセットでの販売もされておりました。

また幅広いジャンルを取り扱っており、中里太郎右衛門の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や書道具や甲冑刀剣やアンティーク品や美術品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品を買取り致します。売却をご検討の品がございましたら電話またはメールでお問い合わせください。

 

【永寿堂へのお問い合わせ】
・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事