愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

近藤悠三の売却・高価買取は永寿堂へ

近藤悠三の作品を買取りしております、売却をお考えの近藤悠三の作品がございましたら買取りさせて頂きます。染付の技法で重要無形文化財(人間国宝)に指定されており、特に金彩の入った壺や花瓶や大皿は人気があり高価買取査定対象の作品となっております。

【目次】
1.近藤悠三の染付などの作品を買取致します
 近藤悠三について
  近藤悠三の主な略歴
  近藤悠三の代表的な技法である染付に関する知識
  近藤悠三の買取相場
2.近藤悠三の買取で当社が選ばれる理由
3.近藤悠三の買取でよくある質問
4.近藤悠三の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

 

近藤悠三の染付などの作品を買取致します

近藤悠三の染付作品を高価買取します

近藤悠三について

1902年、京都市清水寺下に三男として生まれる。 1914年に京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤科に入所し卒業後は伝修所ロクロ科卒業京都市立陶磁器試験場に助手として勤務して濱田庄司に窯業科学等を教わりました。
1921年に陶磁器試験場をやめ大和に窯を構えた富本憲吉の助手となります。
1924年には家にもどり清水新道石段下に窯を構えて作陶をはじめるようになり、見事に1928年に第9回帝展に出品して初入選する事になり以後幾多もの賞を受賞する事となりました。
1956年には 第3回日本伝統工芸展にて最高賞の日本伝統工芸会賞を受賞して、1970年には紫綬褒章。1973年には勲三等瑞宝章を受章し、また京都市文化功労者章を受章しております。 1977年に染付の技法で重要無形文化財保持者(人間国宝)認定されております。
多治見市で志野焼の研究をするなど染付の作品だけでなく赤絵や金彩の技法を用いるようになりさらに独特の作風を確立しております。
近藤悠三記念館には初期から晩年の作品を収蔵展示されており代表作のひとつでもでもある直径126cmの梅染付大皿も収蔵されております。
また近藤悠三の長男と次男である近藤豊・近藤濶も陶芸家となっております。

 

近藤悠三の主な略歴
1902年 京都市清水寺下に生まれる
1917年 伝修所ロクロ科卒業京都市立陶磁器試験場に助手として勤務して濱田庄司に窯業科学等を教わる。
1921年 陶磁器試験場をやめて富本憲吉の助手となる
1924年 京都市清水新道石段下の家にて作陶を始める
1928年 第9回帝展に出品して初入選する
1939年 第3回文展にて特選となる
1950年 第6回日展にて審査員となる
1956年 第3回日本伝統工芸展にて最高賞の日本伝統工芸会賞を受賞する
1970年 紫綬褒章を受章する
1973年 勲三等瑞宝章を受章する。また京都市文化功労者章を受章
1977年 染付技法の重要無形文化財保持者としての認定を受ける〈人間国宝〉
1980年 紺綬褒章を受賞
1985年 死去

 

近藤悠三の代表的な技法である染付に関する知識

染付とは、陶磁器の装飾技法の一つで白色の胎土で成形した白地素地の上に酸化コバルトを主とした顔料で文様を描き絵付してその上に透明釉をかけて高温焼成する技法の事です。
中国では元代~明代の染付陶磁器,朝鮮では李朝が有名で,日本では初期伊万里が作られ,瀬戸や京都などの各地で制作されるようになりました。日本では染付と呼ばれておりますが中国では青花と呼ばれており非常に人気が高い焼物のひとつとなります。

 

近藤悠三の買取相場

近藤悠三の買取り価格は数万円~200,000円となる事が多いでしょう。作品の出来や技法・大きさ・種類・いつの時代の作品かなどにより評価させて頂きます。また金彩の入ったや作品など作品次第では40万円以上の買取りとなる品もございます。

特に晩年の作品や大型の作品、金彩の壺や花瓶などの作品や冊子などに掲載されている作品などは人気があり高い買取金額になる傾向にございます。

近藤悠三作品のイメージ

 

近藤悠三の買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

近藤悠三の買取でよくある質問

Q.1点でも買取りして頂けますか?
A.1点でも買取り可能ですが品物により出張買取が難しい場合もございますので一度ご相談ください。

Q.本物か偽物か分かりませんが買取りして頂けますか?
A.当店が真贋を拝見させて頂き判断させて頂きますので一度お問い合わせ下さい。

Q.近藤悠三さんの作品以外にも陶器などがあり運べませんので出張して頂けますか?
A.もちろん出張査定させて頂きます。

Q.箱がないのですが買取りしてもらえますか?
A.共箱がなくても買取りは可能ですが評価は低くなります。

Q.傷があっても買取りしてもらえますか?
A.傷があっても買取りは可能ですが査定金額は低くなります。

Q.鑑定がなくても買取りしてもらえますか?
A.鑑定がなくても買取り可能ですが、近藤悠三記念館の鑑定があった方が査定額は高くなります。

 

近藤悠三の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

近藤悠三の売却は永寿堂へ

近藤悠三の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。染付の技法で人間国宝に認定された近藤悠三の茶碗・花瓶や花入れ・壺・皿・鉢・徳利・ぐい呑・湯呑みなど様々な作品を買取りさせて頂きます。

また幅広いジャンルを取り扱っており、近藤悠三の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や書道具やアンティーク品や美術品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品を買取り致します。売却をご検討の品がございましたら電話またはメールでお問い合わせください。

 

【永寿堂へのお問い合わせ】
・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事