愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【今村紫紅買取】今村紫紅の掛軸買取は永寿堂へ

今村紫紅の作品を買取りをしております。売却をお考えの今村紫紅の掛け軸などの買取りは永寿堂におまかせ下さい。電話やメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。こちらでは今村紫紅についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

1.今村紫紅について
2.今村紫紅に関する主な略歴
3.今村紫紅の代表作
4.今村紫紅の買取相場
  今村紫紅の作品買取で当社が選ばれる理由
  今村紫紅の買取でよくある質問
5.今村紫紅の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
  永寿堂へのお問い合わせ先

 

今村紫紅について

今村紫紅(いまむらしこう)は1880年、神奈川県横浜市で提灯屋を営む商家の三男として生まれました。本名を寿三郎といい、15歳の頃に洋画家の山田馬介のもとに入門、ターナー風の水彩画を学び、17歳になると、7歳年上の兄で画家の今村興宗にすすめられて、歴史画で知られる日本画家、松本楓湖に入門しました。兄の興宗は紫紅を厳しく指導し、馬を描く際には、馬に並走しながらスケッチさせたり、色合いが濃すぎると水で洗い落して再び描かせたりといった修業を課したといいます。この間、絢爛たる色彩の意味を表す言葉「千紫万紅」から文字を取り、「紫江」と号するようになりました。

1900年、20歳の年に生涯の友となった日本画家、安田靫彦が主催する日本画の若手研究団体「紅児会」に参加、小林古径、前田青邨らとともに新日本画の創造に刻苦精励しました。同時に別の若手研究団体である「巽画会」にも参加し、斯界の大家、岡倉天心の指導を受けながら、横山大観、下村観山らの知遇も得て、次第に新日本画の若きリーダーとして頭角を現し始めることになります。このころに制作された作品が「達磨(説法)」「風神雷神」などで、柔らかな色彩の点描による写実的手法で歴史画を描いている点に特徴がみられます。

1911年、31歳の年に、紫紅は実業家で美術収集家でもあった原三渓の援助を受けて、明清画や富岡鉄斎を研究、南画に傾倒するようになりました。そこで確立されたのが、大和絵の伝統を踏まえつつ南画のタッチを融合させた独自の紫紅様式です。紫紅様式の代表作が第6回文展に出品して二等を受賞した「近江八景」で、今村紫紅生涯の代表作の一つにも数えられる作品となっています。南画風の筆遣いと淡い色彩の融合が結実している点に紫紅様式の真骨頂を垣間見ることができます。

さらに1914年、34歳の年には単身インドに渡航、そこで紫紅様式の完成を示した生涯の代表作「熱国の巻」の制作にあたります。そこにはセザンヌら後期印象派を思わせる輝く色彩に彩られたエキゾチックなインドの風景が大胆な構図の中に描き出されています。同じ年、横山大観や下村観山、安田靫彦らとともに、岡倉天心の死後衰退していた日本美術院の再興に心血を注ぎ始め、弟弟子筋にあたる速水御舟ら若手の画家を率いて赤曜会を結成するなど旺盛な活動意欲を見せましたが、飲酒による肝臓病と脳溢血により1916年、35歳の若さで亡くなりました。

 

今村紫紅に関する主な略歴

1880年 神奈川県横浜市で生誕。本名は寿三郎。
1895年 15歳のころ、日本画家の山田馬介に入門、ターナー風の水彩画を学ぶ。
1897年 日本画家、松本楓湖に入門。
1900年 安田靫彦が主催する「紅児会」に参加。
1911年 原三渓の援助を受け、明清画や富岡鉄斎を研究。南画へ傾倒。
1912年 「近江八景」第6回文展で二等賞を受賞
1914年 単身インドへ渡り、「熱国之巻」制作。速水御舟らと「赤曜会」を結成。
1916年 肝臓病と脳溢血により死去。

 

今村紫紅の代表作

今村紫紅の代表作には、「達磨(説法)」「風神雷神」「近江八景」「熱国の巻」などのほか、「平親王」「時宗」「伊達政宗」「護花鈴」「宇治の山路」「南風 」「沙魚 」「細雨 」「早春」などがあります。

今村紫紅の掛軸イメージ

 

今村紫紅の買取相場

今村紫紅の買取相場は、作品の種類や出来によって大幅に異なります。数万円から10万円の程度査定額になることもが多いでしょう。場合によっては10万円を超える作品もございます。今村紫紅の作品東京美術倶楽部が鑑定を行っており鑑定証が付いていれば査定額は高くなります。

 

今村紫紅の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

今村紫紅の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.今村紫紅の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.鑑定証がついておりませんが買取り可能ですか?
A.東京美術倶楽部の鑑定が付属していた方が査定が高くなりますが付属していなくても買取り可能です。

 

今村紫紅の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

今村紫紅の買取りは永寿堂へ

今村紫紅の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「掛け軸買取店の永寿堂」におまかせ下さい。今村紫紅の作品で絵画や掛け軸など様々な作品を買取りさせて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、今村紫紅の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事