愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

安藤日出武の茶碗買取は愛知名古屋の永寿堂へ

安藤日出武の茶碗を買取りしております。売却処分をお考えの安藤日出武の作品がございましたら永寿堂が買取りさせて頂きます。黄瀬戸で岐阜県重要無形文化財保持者に認定されており古美濃や黄瀬戸などの茶碗であれば高価買取できる可能性がございます。

1.安藤日出武の黄瀬戸や古美濃茶碗などの作品を買取致します
  荒川豊蔵について
  荒川豊蔵の主な略歴
2.安藤日出武の代表的な技法である黄瀬戸に関する知識
3.安藤日出武の買取相場
4.安藤日出武の作品買取で当社が選ばれる理由
5.安藤日出武の作品を売却であれば骨董品買取専門店である永寿堂へ!

 

安藤日出武の黄瀬戸や古美濃茶碗などの作品を買取致します

安藤日出武の高価買取イメージ

安藤日出武について

安藤日出武は、岐阜県美濃地方出身の仙太郎窯三代目として現在も活躍する美濃地方の陶芸家で1938年に岐阜県にて生まれました。
美濃ではるか昔の桃山時代の陶器、志野焼を穴窯にて再現し独自の作風を確立して、志野や黄瀬戸、織部などを作陶して茶碗、壺、花瓶、皿など名品をつくり上げています。
現代では少なくなっている穴窯にこだわって地元の土を使って焼き物を作るという姿で作陶焼成を現在も続けています。
今までに数々の賞に入選受賞して現在は黄瀬戸で岐阜県重要無形文化財保持者・多治見市無形文化財保持者・日本工芸会正会員となっております。
箱に「日出武」と表記されているものから窯の名前である「仙太郎窯」や「仙山窯」と書いてあるものがあり作品や作成時期により表記が変化しています。
安藤日出武の黄瀬戸茶碗や志野茶碗、紅志野茶碗や絵志野茶碗などは高価取引されています。

安藤日出武の茶碗

 

安藤日出武の主な略歴

1938年 岐阜県に生まれる
1963年 第1回朝日陶芸展で初入選
1964年 第11回日本伝統工芸展で初入選
1970年 第8回朝日陶芸展 知事賞を受賞
1971年 第1回日本陶芸展で初入選
1973年 第11回朝日陶芸展 奨励賞を受賞
1974年 日本工芸会正会員認定
1975年 第1回中日国際陶芸展に初入選
1990年 第8回幸兵衛賞を受賞
1992年 多治見市文化芸術功労賞表彰
1993年 美濃陶芸永年保存作品 古美濃大壷が指定される
1998年 美濃陶芸庄六賞茶碗展 古美濃茶碗が大賞受賞
多治見市無形文化財保持者に認定される
2002年 岐阜新聞大賞 文化賞を受賞
2003年 岐阜県重要無形文化財保持者 黄瀬戸に認定される
2011年 岐阜県文化功労者

 

安藤日出武の代表的な技法である黄瀬戸に関する知識

美濃焼の一つで灰釉をベースにした黄色の釉薬である黄釉がかかった瀬戸焼の事。
安土桃山時代に美濃の窯 で焼かれた施釉陶器の一つで銅緑色の斑文や線刻文の模様が入った品が多く多くの茶人が好んで愛用され特に油揚手や柚子肌の良く出た品は珍重されました。

 

安藤日出武の買取相場

安藤日出武の茶碗買取り価格は5,000円~80,000円と幅広く作品の出来や大きさ・種類・いつの頃の作品かなどにより評価させて頂きます。

特に二重箱に入った作品や瀬戸焼や古美濃の技法作品は人気があり高い買取金額になる傾向にございます。

 

安藤日出武の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

安藤日出武の作品を売却であれば骨董品買取専門店である永寿堂へ!

安藤日出武の売却は永寿堂のイメージ

安藤日出武の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。黄瀬戸や古美濃の技法で人気の安藤日出武の茶碗や花瓶やぐい呑みなど様々な作品を買取りさせて頂きます。

また幅広いジャンルを取り扱っており、安藤日出武の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取り致します。気になった方は、電話またはメールでお問い合わせください。

 

【永寿堂へのお問い合わせ】
・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事