森田十雨の茶碗や茶入れなど伊羅保作品を買取りします | 骨董品買取は愛知名古屋の永寿堂へ

お知らせ・コラム
NEWS

【森田十雨買取】森田十雨の作品買取は永寿堂へ

森田十雨の作品を買取りしております、鳥取県三朝焼の名工で高麗茶碗写しの名人である森田十雨が制作した茶碗や茶入れなどのご処分売却をお考えであれば高価買取させて頂きます。

【目次】
森田十雨(もりた とうう)について
 森田十雨の主な略歴
 森田十雨が手掛けた伊羅保茶碗
 森田十雨の買取相場
森田十雨の買取りは永寿堂へ!

 

森田十雨(もりた とうう)について

森田十雨は、1922年に鳥取県三朝町で誕生しました。当初は独学で器を作成していましたが、やがて陶芸家の楠部弥弌に影響されるようになりました。生真面目な性格をしていた森田十雨は、ろくろに長時間向き合って創作活動に励んでいました。1967年に森田十雨は高麗茶碗と巡り会い、その美しさに魅了されました。それからというもの、生涯を通じて作陶に没頭するようになります。森田十雨という作家を一躍有名にしたのが高麗茶碗の1つである伊羅保茶碗で、砂まじりの手触りが特徴です。そして、森田十雨は高麗茶碗の写にも定評があり、中でも柿の蔕茶碗や斗々屋は李朝初期当時のものと遜色はほとんどありません。1982年には本名の森田統の名で、「朝鮮茶碗と私」という本を出版しました。その後、本の出版から3年後の1985年に病のためこの世を去りました。

森田十雨の作品イメージ

 

森田十雨の主な略歴

1953年 第5回現代日本陶芸展初入選
1957年 第13回日展初入選、第6回現代日本陶芸展入選
1960年 第21回日展入選
1969年 号を十雨とする
1981年 百腕展開催

 

森田十雨が手掛けた伊羅保茶碗

森田十雨という作家を世に知らしめた伊羅保茶碗は、形は深く薄いのが特徴的で触った感触がザラザラとしています。使用されている砂は鉄分が多い褐色のもので、力強い轆轤目が魅力です。日本には16世紀頃に持ち込まれ、その多くは江戸時代初期に日本から注文されたものです。

 

森田十雨の買取相場

森田十雨の作品は人気が高く、買取価格も3,000円〜150,000円と幅広いです。作られた時代や大きさ、種類などでも買取価格は変わります。特に茶碗の作品であれば買取価格が高くなる傾向にあります。

 

森田十雨の買取りは永寿堂へ!

森田十雨の買取りは永寿堂へ

森田十雨の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。鳥取県三朝焼の名工で高麗茶碗写しの名人である森田十雨が制作した茶碗やぐい呑みや茶入れなどを高価買取させて頂きます。

当社は茶道具をはじめ、幅広いジャンルを取り扱っております。骨董品や陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品や書道具やアンティーク品など、さまざまなコレクション品を買取りさせて頂きます、電話またはメールでお問い合わせください。

●永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事