林恭助の黄瀬戸茶碗や曜変天目茶碗を買取りします | 骨董品買取は愛知名古屋の永寿堂へ

お知らせ・コラム
NEWS

【林恭助買取】林恭助の作品買取は永寿堂へ

林恭助の作品を買取りしております、黄瀬戸作品を中心に作陶し、曜変天目の再現に成功し人気の陶芸家としての地位を確立した林恭助が制作した黄瀬戸茶碗や曜変天目茶碗などのご処分売却をお考えであれば高価買取させて頂きます。

【目次】
林恭助(はやし きょうすけ)について
 林恭助の主な略歴
 林恭助が再現に成功した曜変天目
 林恭助の買取相場
林恭助の買取りは永寿堂へ!

 

林恭助(はやし きょうすけ)について

林恭助の作品を高価買取岐阜県土岐市に生まれた林恭助は、23歳の時に土岐市陶磁器試験場に入所して研修生となり、早くから陶芸の才能を開花させました。人間国宝の陶芸家・加藤孝造に師事し、新進気鋭の陶芸家として注目を集めます。2001年に曜変天目の再現に成功したことで、その立場を確固たるものにしました。また、林恭助は黄瀬戸の制作技法や表現の研究を続けていることでも知られています。林恭助の黄瀬戸は、伝統的な百草土を胎土に無文または簡素な草花などを線彫りしたものに釉薬を塗り、指でぬぐい取るという独自の手法を使って制作されており、林恭助が持つ豊かな感性を感じさせる作品となっています。

 

林恭助の主な略歴

1962年 岐阜県土岐市で生まれる
1987年 土岐市立陶磁器試験場の研修課程を修了
1989年 陶芸家加藤孝造に師事
1991年 第22回東海伝統工芸展で東海伝統工芸展賞を受賞
1996年 (社)日本工芸会正会員に就任
2001年 東海伝統工芸展で最高賞である日本工芸会賞を受賞、曜変天目の再現に成功
2002年 曜変天目を発表
2003年 岐阜県知事表彰、第21回幸兵衛賞を受賞
オリベプラザグランドオープン記念「曜変天目展」を開催
オリベ2003 IN N.Y. クラフト展で曜変天目を発表
2004年 英国パーシヴァル・デヴィト中国美術財団で曜変天目を発表
2005年 第11回美濃陶芸庄六賞茶碗展で大賞を受賞
2007年 国立中国美術館にて「曜変天目 林恭助展」を開催
2008年 織部の心作陶展に入選
2013年 土岐市「 第6回 現代茶陶展」 TOKI織部優秀賞を受賞

 

林恭助が再現に成功した曜変天目

曜変天目とは、黒い釉薬の上に星が散りばめられたような模様が浮き上がるとても繊細で美しい焼き物のことです。800年前に中国で誕生した焼き物ですが、すでに技術の継承が絶たれており、当時は世界にわずか3点しか現存していなかった幻の陶器でした。曜変天目の再現は日本国内だけでなく海外からも大きな評価を受けており、日本国内の美術館以外にも中国の国立美術館での個展開催や故宮博物院にも収蔵されています。
林恭助の茶道具イメージ

 

林恭助の買取相場

林恭助の曜変天目の作品は人気が高く、曜変天目茶碗の買取価格は作品の出来にもよりますが200,000円〜1,000,000円程度の買取りとなるでしょう。作られた時代や大きさ、付属品や作品の出来などで大きく買取価格は変わります。黄瀬戸茶碗の作品も買取価格が期待できます。

 

林恭助の買取りは永寿堂へ!

林恭助の売却であれば買取りします

林恭助の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。黄瀬戸作品を中心に作陶し、曜変天目の再現に成功し人気の陶芸家としての地位を確立した林恭助が制作した黄瀬戸茶碗や曜変天目茶碗などを高価買取させて頂きます。

当社は茶道具をはじめ、幅広いジャンルを取り扱っております。骨董品や陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品や書道具やアンティーク品など、さまざまなコレクション品を買取りさせて頂きます、電話またはメールでお問い合わせください。

●永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事