愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【木村蒹葭堂買取】木村蒹葭堂の作品買取は永寿堂へ

木村蒹葭堂の作品を買取りしております。売却をお考えの木村蒹葭堂の掛け軸や古書などの買取りは永寿堂におまかせ下さい。絵画や篆刻や詩文など多くを学んだ木村蒹葭堂についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

【目次】
1.木村蒹葭堂(きむら けんかどう)について
 木村蒹葭堂の主な略歴
 木村蒹葭堂の主な作品
 木村蒹葭堂の買取相場
2.木村蒹葭堂の作品買取で当社が選ばれる理由
3.木村蒹葭堂の買取でよくある質問
4.木村蒹葭堂の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ先

 

木村蒹葭堂(きむら けんかどう)について

木村蒹葭堂(きむらけんかどう)は江戸中期に活躍した博物学者、文人の名前です。元文元年(1736年)に大阪北堀江に幼名太吉郎、通称坪井屋吉右衛門として生まれました。木村蒹葭堂という名称は庭の井戸から出た古芦にちなんで名付けられました。病弱な幼少期から植物に親しみ、本草学者小野蘭山(おのらんざん)に師事しました。木村蒹葭堂の興味は博物学のみに収まらず絵画を池大雅(いけのたいが)に、篆刻は高芙蓉(こうふよう)に、詩文を片山北海(かたやまほっかい)に学びました。木村蒹葭堂は15歳のときに父親を亡くし、家業を継ぐことになります。家業を継いだ後も趣味の勉強に励み、詩文結社蒹葭堂会を主催し定例会を8年続けました。21歳の時に示子と結婚し、33歳の時に初めての子供が生まれました。

多くの学問に通じ、趣味人として有名な木村蒹葭堂の周りには、諸国から多くの文化人が訪ねてきました。人々の往来を記録した『蒹葭堂日記』には合計9万人に及ぶ来訪者が記されています。幅広い交友関係は、当時の一大文化サロンを形成することになりました。公私共に順風満帆だったのですが、1790年に酒造統制違反で罰せられてしまいます。木村蒹葭堂は監督不行き届きにより町年寄役を罷免されることになりましたが、長年の精力的な活動が認められ晩年には名誉回復を果たしました。享和2年(1802年)に亡くなりました。彼の亡骸は大和天王寺に眠っています。彼の死後膨大な蔵書の大部分は昌平坂学問所に納められましたが、現在では一部散逸してしまったことが確認されています。

 

木村蒹葭堂の主な略歴

1736年(元文元年) 大阪の北堀江に生まれる
1758年(宝暦8年)頃 定例詩文会を開き、混沌社の礎を築く
1790年(寛政2年) 酒造統制違反の疑いで罰せられる
1802年(享和2年) 67歳で没する

 

木村蒹葭堂の主な作品

木村蒹葭堂の現在確認されている絵画作品としては、『明和南宋画帖』(東京国立博物館蔵)・『山水図』(大阪市立美術館蔵)などがあります。また彼は多くの著書を残していることでも知られています。木村蒹葭堂の代表的な書物としては、『沈氏画塵』・『山海名産図会』・『本草植物図彙』・『佐渡州物産』・『日本随筆大成第一期』・『蒹葭堂日記』・『蒹葭堂雑録』などが知られています。

 

木村蒹葭堂の買取相場

木村蒹葭堂は商家に生まれ、自身も15歳で家を継いだため他の画家や文人のように多くの作品を残していません。絵画や掛け軸のような作品よりも、詩文や研究書のほうが多いので高額で取引される可能性は少ないです。研究書の原本の多くは国立図書館に所蔵されているため、市場で取引される可能性は多くありません。しかし絵画の模写や再販された書物であっても、元々の価値が高いので状態の良いものなら高額で売れることもあります。仮に散逸された作品が新たに発見されたのなら、高額で取引されるでしょう。その時には確かな鑑定書や証明書が残っている必要があります。付属物などに本人のサインがあれば、なお確実に売ることができるでしょう。

木村蒹葭堂の作品イメージ

 

木村蒹葭堂の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

木村蒹葭堂の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.木村蒹葭堂の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.木箱がなくても買取りできますか?
A.木箱が付属していなくても買取り可能です。

 

木村蒹葭堂の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

木村蒹葭堂の売却であれば高価買取致します

木村蒹葭堂の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。絵画や篆刻や詩文など多くを学んだ木村蒹葭堂の掛け軸や古書を高価買取させて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、木村蒹葭堂の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品やアンティーク品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事