愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

岡部嶺男の売却・高価買取は永寿堂へ

岡部嶺男の作品を買取りしております、売却をお考えの岡部嶺男の作品がございましたら買取りさせて頂きます。青瓷を極め「嶺男青瓷」と呼ばれる青瓷が人気の岡部嶺男作品は高価買取査定対象の作品となっております。

【目次】
1.岡部嶺男の青瓷や米色瓷などを買取致します
 岡部嶺男(おかべ みねお) について
  岡部嶺男の主な略歴
  岡部嶺男の作風と代表的な作品
  岡部嶺男の買取相場
2.岡部嶺男の買取で当社が選ばれる理由
3.岡部嶺男の買取でよくある質問
4.岡部嶺男の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

 

岡部嶺男の青瓷や米色瓷などを買取致します

岡部嶺男を高価買取します

岡部嶺男(おかべ みねお) について

1919年、愛知県瀬戸市に加藤唐九郎の長男として生まれる。 幼い頃から陶磁器に親しみ加藤嶺男として陶芸の活動を始めました。織部焼・志野焼・黄瀬戸焼・灰釉など様々な焼物の作成しまし日展北斗賞、プラハ国際陶芸展グランプリ、日本工芸会奨励賞、ブラッセル万博グランプリなどを受賞しました。
永仁の壷以後、加藤から妻の岡部姓にして陶芸活動を行うようになる。
青瓷の作陶に没頭し窯変米色瓷や粉青瓷砧を完成させ鬼才の陶芸家として父の加藤唐九郎にも負けない人気を誇る。嶺男の作った青瓷は「嶺男青瓷」と呼ばれるほど独自の青瓷を造り出しました。
1990年に死去し永仁の壷事件の真相は不明となる。
岡部嶺男の作品は人気がある為、贋作も多く東美鑑定評価機構が真贋の鑑定を行っております。

 

岡部嶺男の主な略歴
1919年 愛知県瀬戸市に生まれる
1937年 瀬戸窯業学校卒業
1947年 作陶を再開する
1954年 青織部縄文壺にて日展北斗賞受賞
1957年 日本工芸会会員
1960年 永仁の壺事件が起きる
1965年 粉青瓷砧の焼成に成功し紺綬褒章受章
1967年 粉青瓷二重貫入に成功
1969年 新宮殿梅に粉青瓷砧を収める
1970年 窯変米色瓷に成功
1978年 加藤から岡部と姓を変える
1990年 死去

 

岡部嶺男の作風と代表的な作品

岡部嶺男は青瓷と織部焼きを得意とし、特に青瓷の作陶研究に力を入れ独特な釉調と釉色の青瓷を生み出し嶺男の青瓷作品は「嶺男青瓷」と呼ばれております。高い技術と近代的な造形作品が嶺男の作風でもあります。
代表作の一例として東京国立近代美術館に所蔵されている「窯変米色瓷茶碗」や「総織部深鉢」、ポーラ美術館所蔵の「窯変米色瓷砧」、個人蔵の「粉青瓷大砧」などがございます。

 

岡部嶺男の買取相場

岡部嶺男の買取り価格は数十万円~1,000,000円となる事が多いでしょう。作品の出来や技法・大きさ・種類・いつの時代の作品かなどにより評価させて頂きます。また織部や青瓷など作品次第では100万円以上の買取りとなる品もございます。

特に織部焼や青瓷や米色瓷の作品や晩年の作品、大型の作品、冊子などに掲載されている作品などは人気があり高い買取金額になる傾向にございます。

岡部嶺男の作品イメージ

 

岡部嶺男の買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

岡部嶺男の買取でよくある質問

Q.1点でも買取りして頂けますか?
A.1点でも買取り可能ですが品物により出張買取が難しい場合もございますので一度ご相談ください。

Q.本物か偽物か分かりませんが買取りして頂けますか?
A.当店が真贋を拝見させて頂き判断させて頂きますので一度お問い合わせ下さい。

Q.岡部嶺男さんの作品以外にも陶器などがあり運べませんので出張して頂けますか?
A.もちろん出張査定させて頂きます。

Q.箱や作品が汚れていたり傷がありますが買取りしてもらえますか?
A.汚れていても買取り可能です、傷があると査定額は下がりますが買取りは可能です。

Q.箱がないのですが買取りしてもらえますか?
A.共箱がなくても買取りは可能ですが評価は低くなります。

Q.鑑定がなくても買取りしてもらえますか?
A.鑑定がなくても買取り可能ですが東美鑑定評価機構の鑑定がついていた方がより高価買取に繋がります。

Q.織部や青瓷の作品でないと高く売れないでしょうか?
A.織部や青瓷以外の作品でも高価買取対象作家となります。

 

岡部嶺男の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

岡部嶺男の売却は永寿堂へ

岡部嶺男の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。青瓷を極め「嶺男青瓷」と呼ばれる青瓷が人気の岡部嶺男の茶碗・花入・壺・オブジェ・鉢・徳利・ぐい呑・皿・湯呑など様々な作品を買取りさせて頂きます。

また幅広いジャンルを取り扱っており、岡部嶺男の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や書道具やアンティーク品や美術品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品を買取り致します。売却をご検討の品がございましたら電話またはメールでお問い合わせください。

 

【永寿堂へのお問い合わせ】
・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事