愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

骨董品買取店 永寿堂への電話アイコン 骨董品買取店 永寿堂への電話

お知らせ・コラム
NEWS

加藤唐九郎の売却・高価買取は永寿堂へ
加藤唐九郎タイトル

加藤唐九郎の作品を買取りしております、売却をお考えの加藤唐九郎の作品がございましたら買取りさせて頂きます。陶芸作品の他にも書の作品もあり、特に茶碗や紫匂(紫志野)の作品は人気があり高価買取査定対象の作品となっております。

1.加藤唐九郎の茶碗などの作品を買取致します
 加藤唐九郎について
  加藤唐九郎の主な略歴
  加藤唐九郎の代表作
  加藤唐九郎の買取相場
2.加藤唐九郎の買取で当社が選ばれる理由
3.加藤唐九郎の買取でよくある質問
4.加藤唐九郎の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

 

加藤唐九郎の茶碗などの作品を買取致します

加藤唐九郎の陶器を高価買取

加藤唐九郎について

加藤唐九郎は、1897年愛知県東春日井郡水野村に窯業を営む加納桑次郎、みと夫妻の長男として窯場に生まれ多くの焼物を目にしてきた。
中根塾に入門後は南画や漢籍を学ぶ、その後、父の窯場で本格的に作陶生活に入る。
唐九郎が出版した「黄瀬戸」の本は瀬戸焼の祖は加藤四郎景正ではないと記載し世の中に衝撃を与えた。これをきっかけに加藤唐九郎は自宅を焼き討ちにあうなど大きな非難を受けた。
作陶を続けた加藤唐九朗は1952年に織部焼の技術で国の無形文化財有資格者に認定されることとなる。
桃山時代の陶芸の研究をかさねたが、有名な永仁の壺事件を起こすこととなり国の無形文化財有資格者の認定が取り消された。 永仁の壺事件は鎌倉時代の年号「永仁」の文字が入った壺が発見された1960年に重要文化財に指定されたが、その壷、実は加藤唐九郎が作った物という話。(誰が作陶したのかはいまだに不明のまま)。
これ以降は銘「一無斎(一ム斎)」を使用して毎日芸術賞を受賞するなど数々の作陶で良質な焼物を残した。 1985年88歳にてに逝去しました。
特に紫志野の茶碗は壮大な人気を誇り立原正秋が名づけした紫匂ひは1000万円以上の価値があります。
加藤唐九郎の作品は人気があり高値取引されている事から贋作も非常に多く出回っており真贋を見分ける必要がございます、作品の鑑定は東京美術倶楽部が鑑定を行っております。
加藤唐九郎の長男・岡部嶺男、三男・加藤重高、孫・加藤高宏も同じく陶芸家である。

 

加藤唐九郎の主な略歴
1897年 窯業を営む加納桑次郎、みと夫妻の長男として生まれる
1911年 中根塾に入門して南画や漢籍を学ぶ。
1914年 父の製陶工場の一部を譲り受け、本格的な作陶に取り組む
1929年 瀬戸古窯調査保存会が発足、常任理事になる。
1952年 織部焼の技術で国の無形文化財有資格者に認定される
1956年 中日文化賞
1960年 永仁の壺事件が起こる
1961年 永仁の壺事件がきっかけで無形文化財有資格者の認定を取り消しとなる。
1965年 毎日芸術賞受賞
1985年 死去

 

加藤唐九郎の代表作

加藤唐九郎の代表作としては「紫匂」「氷柱」「鬼ケ島」「輪花鉢」などがあります、織部や黄瀬戸や志野などの茶碗が人気でどれも高価取引されております。

 

加藤唐九郎の買取相場

加藤唐九郎の買取り価格は東京美術倶楽部の鑑定証が付いている真作の茶碗であれば1,000,000円以上の買取りとなる事が多いでしょう。作品の出来や技法・大きさ・種類・いつの時代の作品かなどにより評価させて頂きます。また紫匂茶碗は1,000万円以上の買取りとなる場合もございます。

特に晩年の作品や作品や冊子などに掲載されている作品などは人気があり高い買取金額になる傾向にございます。

加藤唐九郎の作品イメージ

 

加藤唐九郎の買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

加藤唐九郎の買取でよくある質問

Q.1点でも買取りして頂けますか?
A.1点でも買取り可能ですが品物により出張買取が難しい場合もございますので一度ご相談ください。

Q.本物か偽物か分かりませんが買取りして頂けますか?
A.当店が真贋を拝見させて頂き判断させて頂きますので一度お問い合わせ下さい。

Q.加藤唐九郎さんの作品以外にも陶器などがあり運べませんので出張して頂けますか?
A.もちろん出張査定させて頂きます。

Q.箱がないのですが買取りしてもらえますか?
A.共箱がなくても買取りは可能ですが評価は低くなります。

Q.鑑定証がなくても買取りしてもらえますか?
A.鑑定証がなくても買取り可能です。

 

加藤唐九郎の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

加藤唐九郎の買取りは永寿堂へ

加藤唐九郎の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。織部の技法で無形文化財に認定されましたがその後に永仁の壷事件により認定をはく奪されましたが、作品の人気は非常に高く加藤唐九郎の茶碗や皿やぐい呑みや書など様々な作品を買取りさせて頂きます。

また幅広いジャンルを取り扱っており、加藤唐九郎の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や書道具やアンティーク品や美術品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品を買取り致します。売却をご検討の品がございましたら電話またはメールでお問い合わせください。

 

【永寿堂へのお問い合わせ】
・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事