愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

骨董品買取店 永寿堂への電話アイコン 骨董品買取店 永寿堂への電話

お知らせ・コラム
NEWS

横井小楠の買取は愛知名古屋の永寿堂へ
横井小楠タイトル

横井小楠の書や掛軸を売りたいとお考えであれば高価買取させて頂きます、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。こちらの記事では横井小楠の略歴や買取相場や高く売るポイントなどもご紹介しておりますので売却や購入の際のお役立ちになれば幸いです。

 

【目次】
1.横井小楠について
 a.横井小楠の主な略歴
 b.横井小楠の作風
2.横井小楠の代表作
3.横井小楠作品の買取相場
4.横井小楠作品を高く売るためのポイント
 横井小楠の買取でよくある質問
5.横井小楠の書や掛軸の買取りは永寿堂におまかせ下さい

 

横井小楠について

横井小楠(よこいしょうなん)は、細川藩の横井時直の次男として熊本市で生まれました。横井小楠は、芸術家ではありません。思想家や武士、儒学者として活躍した人物です。

熊本藩士であった横井小楠は、藩政改革を試みました。しかし反対派の妨害に遭い、計画は頓挫したのです。その後は福井藩の松平春嶽に招かれて、政治顧問として活動しました。

横井小楠は、幕府の改革などに寄与しました。明治維新後も新政府のもとで活躍しましたが、最後は暗殺されこの世を去ります。

横井小楠は、私塾を立ち上げていることで有名です。例えば横井小楠の自宅に作られた「湘南堂」では、有名な思想家である吉田松陰も学んでいます。他にも「四時軒」では、坂本龍馬や大久保利通が教えを請いに訪ねています。

有名な人物が教えを請いに来るほど、横井小楠は高い教養を持っていたのです。そのため横井小楠は書だけではなく、教養や思想の面で歴史的に名が知られています。

書や芸術を学んだ経験は残っていないとされていますが、儒学者の立場から発信する際には書を活用していました。この際に作られた書が、現在では買取対象となっています。

 

横井小楠の主な略歴

1809年 熊本市に生まれる
1816年 時習館に入学
1839年 藩命により江戸へ行き、林大学頭に入門
1840年 酒失事件により、熊本に帰る
1845年 水道町で塾を開く
1847年 相撲町に移転後、自宅を改築した塾の名を「小楠堂」とする
1855年 沼山津に転居し「四時軒」と命名する
1867年 朝廷から参与の命が下るも、熊本藩が固辞
1868年 朝廷より再度招命
1869年 朝廷より帰宅途中に暗殺される

 

横井小楠の作風

横井小楠の作風は、計算しつくされた書であることが特徴です。配列の美しさや技能的な面で高い評価を得ています。前述のとおり、横井小楠は自分の思想を表現するべく作品を作っていました。

横井小楠が活躍した時代は、武士の間でも書を嗜むことは一般的でした。熊本市にある「横井小楠記念館」には、西郷隆盛や勝海舟、吉田松陰など横井小楠にゆかりのある人物の書も展示されています。どのように思想を発信していたのか垣間見えるでしょう。

横井小楠が持っていた思想とは、経世済民・殖産興業・通商交易等による民富論的富国策です。これは藩の財政を豊かにすることではなく、領民を豊かにすることを最優先にする考え方です。横井小楠は、この考え方を繰り返し説いていました。新しい技術の導入は、藩政府が率先して出資し、利益は民に与える考え方を伝えています。

横井小楠は、思想を発信した人物です。斬新な政治思想で、政治顧問も担当しました。この政治的思想も、作品に影響していたと考えられます。

 

横井小楠の代表作

横井小楠の作品が気になる方は、以下を参考にしてみてください。

  • 二行書

横井小楠の漢詩集の中にある「七言絶句」が書かれた書です。1958年に作られた作品と考えられています。

他にもかなりしっかりとした作品の「四行書」や勢いのある「二行詩」などの作品も作っています。横井小楠の作品に興味を持った方は、「横井小楠記念館」にも足を運んでみてください。さまざまな作品に触れられるため、横井小楠の世界観を間近で感じられます。

 

横井小楠作品の買取相場

横井小楠の作品には、60万円程度で取引された記録があります。しかしほとんどの業者では、買取金額が公開されていないのが現状です。そのため状態によっては、記録よりも少ない金額になる可能性もあります。

また、オークションサイトでは横井小楠の作品は、非常に人気が高いです。掛け軸ではマイナス点になりがちなシミやスレ、汚れがあった作品だったとしても10万円程度で取引されています。

さらに横井小楠の作品は、テレビ番組の『開運なんでも鑑定団』に出品された実績もあります。その際の鑑定額は120万円でした。このように100万円を超える作品もあるため、「相場がわからないから」と諦めず、一度買取専門店に持っていきましょう。

中には買取強化に、横井小楠が含まれていることもあります。公式サイトをチェックして、それらの情報も見逃さないようにしてください。

横井小楠の書や掛軸イメージ

 

横井小楠作品を高く売るためのポイント

横井小楠の作品を高く売るためのポイントは、以下の4つです。

  • 横井小楠の作品に詳しい業者に依頼する
  • 本物の作品かチェックする
  • 作品に傷が無いか確認する
  • 付属品が揃っている

作品を高く売りたいのであれば、横井小楠の作品に詳しい業者を探しましょう。専門的な知識を持っている業者に売ることで、作風を掴みながらその作品に見合った価値を算出してくれます。さらに書に詳しければ、書体のバランスなどの芸術的観点からも作品を評価するのです。

そのため、納得できる査定額になりやすくなります。詳しい業者であるか否かは、公式サイトをチェックしましょう。横井小楠についてまとめたページを設置していれば、詳しい可能性が高いです。

本物の作品かどうかも、チェックしましょう。偽物だった場合、価値が付かないことがあります。横井小楠の落款や直筆のサインがあれば、本物である可能性が高いです。まずは落款の有無をチェックしてみてください。

作品に傷があるかどうかも、査定額に影響します。傷とはシミや汚れ、破れ、虫食いなどのことを指します。傷があることで、作品としての価値が下がってしまうのです。

ただし経年劣化によるシミや破けは、大きなマイナスにならないケースもあります。作品の古さによっても変わってくるため、傷があるからと諦めずに査定してもらうことがおすすめです。

横井小楠の作品に限らず、付属品が揃っている掛け軸は大きな評価を得やすくなります。付属品とは、以下のものです。

  • 共箱
  • 鑑定書

共箱とは、鑑定書代わりになる箱のことです。この箱には作者のサインや落款が書いてあることが多いため取っておくと査定時に有利になります。さらに鑑定書もあると安心です。

鑑定書を持っていると、その作品が本物であるという証明ができます。査定額を左右する大切な要素になり得るので、必ず取っておくようにしましょう。忘れずに一緒につけて売却するようにしてください。

 

横井小楠の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.横井小楠の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.版画でも買取りして頂けますか?
A.版画も買取り可能です。

 

横井小楠の書や掛軸の買取りは永寿堂におまかせ下さい

奥村土牛の買取りは永寿堂へ
横井小楠の売却をお考えであれば、「永寿堂」へご依頼ください。弊社では、専門知識と経験、データから適正価格にて買取りさせて頂きます。横井小楠以外の掛け軸や絵画はもちろんリトグラフやシルクスクリーンなどの版画や骨董品や茶道具や刀剣や美術品も査定買取致します。

永寿堂では店頭買取をはじめ出張買取や宅配買取も行っておりますので売却処分をお考えの品がございましたら、電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂のお問い合わせ

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com

関連記事