愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【西郷隆盛買取】西郷隆盛作品の買取は永寿堂へ

西郷隆盛(南洲)の作品を買取りしております。売却をお考えの西郷隆盛の書や掛け軸などの買取りは永寿堂におまかせ下さい。電話やメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。こちらでは西郷隆盛についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

1.西郷隆盛(南洲)について
 a.西郷隆盛の主な略歴
  西郷隆盛の人物像
  西郷隆盛の『南洲翁遺訓』『西郷南洲先生遺訓』書籍の買取相場
  西郷隆盛の書の買取相場
 b.西郷隆盛の作品買取で当社が選ばれる理由
 c.西郷隆盛の買取でよくある質問
 d.西郷隆盛の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
  永寿堂へのお問い合わせ先

 

西郷隆盛(南洲)について

西郷隆盛(さいごう たかもり)は、薩摩国(現在の鹿児島県)の御勘定方小頭である西郷九郎隆盛の長男として誕生しました。26歳の時に薩摩藩士となり、薩摩藩11代藩主である島津斉彬氏に仕え、武士としての心構えなどの指導を受けます。島津斉彬氏が京都で急逝した際には、ショックのあまり西郷隆盛は殉死しようとしたほど尊敬していた人物でした。

その後幕府の追跡を逃れるために奄美大島にわたり、大島吉之助と改名し4年の月日を過ごします。36歳の時に薩摩藩に帰還しますが、当時の藩主であった島津久光氏と対立し、沖永良部島に幽閉。2年後に許しを得て薩摩藩に復帰し、京都で勃発した禁門の変に出向して長州藩を撃退します。38歳の時には、家老座書役である岩山八太郎直温の次女・イトと結婚。その後長州藩とは坂本龍馬の仲立ちにより同盟を締結しました。

42歳の時には戊辰戦争に参戦し、新政府軍とともに江戸に上京。勝海舟と江戸城明け渡しについて会談し、無血開城を行うことに成功しました。江戸幕府を滅亡させた西郷隆盛は、その後明治新政府の参議となります。

岩倉使節団が欧米視察に出向いた際には、西郷隆盛は政府の留守を任されるほど明治政府にとっての重鎮でした。しかし、政府内で西郷隆盛は征韓論を唱え、韓国への出兵を要請しますが大久保利通らに反対され意見が対立。西郷隆盛は明治政府の参議を辞め、鹿児島へ帰還します。

鹿児島帰還から4年後、明治政府軍に異を唱えた西郷隆盛は、最後の戦いとなる西南戦争を開始。そして政府軍に敗れた西郷隆盛は城山で自決し51歳で最期の時を迎えました。

西郷隆盛亡き後、山形県の三矢藤太郎氏らにより西郷隆盛の遺訓集である『南洲翁遺訓(なんしゅうおういくん)』を発行。通称三矢本と呼ばれている当書籍は、秀英社より約1000部印刷されました。三矢本の発行から6年後、片淵本と言われる西郷隆盛の遺訓集『西郷南洲先生遺訓』が、佐賀の片淵琢氏により発行されています。

 

西郷隆盛の主な略歴

1827年 鹿児島下鍛冶屋町で誕生
1844年 薩摩藩の下級役人となる大久保利通と勉強にはげむ
1854年 島津斉彬と共に江戸に上京
1859年 大島吉之助と改名し徳之島で隠遁
1862年 生麦事件勃発
1863年 薩英戦争が始まり、鹿児島に帰還
1866年 長州藩と薩長同盟を結ぶ
1868年 戊辰戦争が始まり、新政府軍として参戦
1871年 廃藩置県が行われ、西郷隆盛は参議に任命される
1873年 陸軍大将となり、征韓論を唱える
同年、征韓論の反対派である大久保利通らと対立し、鹿児島に帰還
1877年 西南戦争が始まり、同年明治政府軍に敗退し51歳で戦死
1890年 『南洲翁遺訓』が秀英社より発刊
1896年 『西郷南洲先生遺訓』発行

 

西郷隆盛の人物像

西郷隆盛の人物像は、正しいと思うことには真っ直ぐに向かう芯の強さと剛健さに加えて優しさを持っていたと言われています。西郷隆盛の座右の銘は、天を敬い人を愛すと言う意味を持つ「敬天愛人(けいてんあいじん)」でした。身分や性別、年齢にとらわれず人々に真摯に向き合い、そして愛情を持って接してきた人物です。西郷隆盛の人物像は、まさにこの座右の銘に違わないと言えるでしょう。

西郷隆盛は愛犬家としても知られ、当時としては珍しかったペットを飼育していました。上野公園の銅像で連れている犬は、ウサギ狩りのお供をした「ツン」という名の薩摩犬です。甘い食べものや薩摩の郷土料理「豚骨」を好んで食し、さらに運動不足も相まって晩年は高脂血症による動脈硬化で悩まされていました。現存している西郷隆盛の軍服から推定される身長は178cmで、体重は108kgと言われています。

 

西郷隆盛の『南洲翁遺訓』『西郷南洲先生遺訓』書籍の買取相場

西郷隆盛の『南洲翁遺訓』『西郷南洲先生遺訓』はその後幾度となく編纂され、様々な出版社から発売されています。そのため相場は、数百円から五千円台までと大きく幅があります。特に高値で取り引きされているのは、昭和47年4月29日発行の『南洲西郷隆盛先生遺訓』、昭和初年発行、秋月種樹批評の『南洲翁遺訓』です。発行日から多くの年月を有した書物なので、状態の良し悪しが買取価格に大きな影響を与えます。

 

西郷隆盛の書の買取相場

西郷隆盛作品の買取相場は、作品の種類によって大幅に異なりますが真作であれば~20万円程度の査定額が付くでしょう。付加価値や書の内容次第では100万円を超える可能性もあります。西郷隆盛作品は書の扁額や掛け軸が多いですが、手紙なども買取りさせて頂きます。

西郷隆盛の掛軸イメージ

 

西郷隆盛の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

西郷隆盛の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.西郷隆盛の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.直筆でなく複製ですが買取り可能ですか?
A.複製でも買取りは可能ですが単品での買取りは対応は難しい場合がございます。

 

西郷隆盛の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

西郷隆盛の買取りは永寿堂へ

西郷隆盛の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「掛け軸買取店の永寿堂」におまかせ下さい。西郷隆盛の作品で書や掛け軸など様々な作品を買取りさせて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、西郷隆盛の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事