愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

骨董品買取店 永寿堂への電話アイコン 骨董品買取店 永寿堂への電話

お知らせ・コラム
NEWS

【吉田三郎買取】吉田三郎のブロンズ像買取は永寿堂へ
吉田三郎タイトル

吉田三郎の作品を買取りしております、日本芸術院会員で古代彫刻の研究に励んだ彫刻家である吉田三郎が制作したブロンズ像のご処分売却をお考えであれば高価買取させて頂きます。

【目次】
吉田三郎について
 吉田三郎の主な略歴
 吉田三郎の代表作品
 吉田三郎の買取相場
吉田三郎の買取りは永寿堂へ!

 

吉田三郎について

吉田三郎は、1899年に石川県金沢市で生まれました。高校を卒業後は東京美術学校(現在の東京藝術大学)で彫刻を学び、在学中から文展に入選しています。数多くの作品が入選し、1912年には帝展の審査員も務めるなど才能の高さを評価され、1931年には文部省の命でフランス、イタリア、アメリカに留学して古代彫刻の研究をしました。帰国後は多摩美術短期大学の教授となり後進の教育に励み、1943年には日本美術及工芸会の理事となり彫刻の発展に尽力しました。

戦後も創作活動を精力的に行い、1950年には日本芸術院賞を受賞しています。1958年には日展常務理事となり、文化勲章・文化功労者の選考委員にも任命されました。日本の彫刻界の立役者として、確固たる地位を築きました。1962年、72歳で逝去しました。

吉田三郎の彫刻作品

 

吉田三郎の主な略歴

1918年 文展で特選
1919年 帝展で特選
1922年 帝展の審査員に就任
1931年 文部省の命により留学
1935年 多摩美術短期大学彫刻科教授に就任
1943年 日本美術及工芸会理事に就任
1950年 日本芸術院賞を受賞、日展運営会参事に就任
1955年 日本芸術院会員に就任
1958年 日展常務理事に就任

 

吉田三郎の代表作品

吉田三郎の代表的な作品は、「老坑夫」と「潮騒」です。吉田三郎の作風は、実態を確実に掴むことを徹底した写実主義で、老齢の男性の彫刻を得意としています。しわや背中の曲がり具合、眼差しなどの目に見える写実性だけでなく、老齢の男性の悲哀も彫り込まれています。

 

吉田三郎の買取相場

吉田三郎の買取相場は5,000円~30,000円辺りが買取相場となります。干支などの銅像作品は評価が低くなる傾向にあり、干支でも龍や虎など人気の干支や人物などの作品であれば高値が付きやすい傾向にあります。また、3万円以上の査定となる作品も多くございますので記載の相場はあくまで一般的な参考価格となります。

 

吉田三郎の買取りは永寿堂へ!

吉田三郎の売却であれば買取りします

吉田三郎の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。日本芸術院会員で古代彫刻の研究に励んだ彫刻家である吉田三郎が制作したブロンズ像を高価買取させて頂きます。

当社はブロンズ像をはじめ、幅広いジャンルを取り扱っております。骨董品や陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品や書道具やアンティーク品など、さまざまなコレクション品を買取りさせて頂きます、電話またはメールでお問い合わせください。

●永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事