愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

骨董品買取店 永寿堂への電話アイコン 骨董品買取店 永寿堂への電話

お知らせ・コラム
NEWS

ビスクドールの買取相場を解説!高く売るための3つのコツもご紹介
ビスクドールの買取相場メイン画像

ビスクドールの買取相場は、数万円から数十万円といわれています。有名ブランドの場合は、数百万円で取引されることもある骨董品です。こちらでは、ビスクドールの買取相場について解説します。売却を考える方は、ぜひ高く売るための3つのコツも参考にしてください。

【目次】
ビスクドールの歴史と主なブランド
各特徴で分類されるビスクドールの種類
ビスクドールを高く売るための3つのコツ
ビスクドールの買取業者選び2つのポイント
ビスクドールの買取なら「永寿堂」へ
ビスクドールの買取相場まとめ

 

ビスクドールの買取相場は数万~数十万円

ビスクドールの買取り相場を提示する画像ビスクドールの買取相場は、製造された年代やブランドによって異なります。数万~数十万円で買取されるケースが多いものの、人気ブランドで状態が良い作品であれば数百万円の値が付くこともあるでしょう。
以下は、ビスクドールの買取相場の一例です。ビスクドールのはっきりとした買取価格を知りたいときは、専門業者への査定依頼をおすすめします。

ジュモー製

14万~20万円

シュミット製

9万~13万円

ゴーチェ製

8万~13万円

テート・ジュモー製

5万~8万円

ブリュ製

2万~4万円

 

ビスクドールの歴史と主なブランド

ビスクドールは、高い人気を集める西洋の骨董品です。「ドール」とあるように、女性をかたどった人形型のビルクドールは磁器でできています。
「ビスク」とは、フランス語の「ビスキュイ(biscuit)=2度焼き」を語源とする言葉です。そのため、ビスクドールは素材を2度焼きする方法が用いられています。
注目したいのは、ビスクドールの歴史に日本の「市松人形」が関係していることです。パリ万博に市松人形が出品されて以来、フランスではビスクドールの代表的なブランドが数多く誕生しました。
ビスクドールの買取相場は、製造年数やブランドによって異なります。まずは、ビスクドールの歴史や主なブランドについて確認していきましょう。

 

19世紀に流行した人形「ビスクドール」

ビスクドールの製造は、18世紀のフランスから始まりました。諸説あるものの、ビスクドールの原点は、14世紀後半から15世紀後半のファッションドールにあるといわれています。等身大サイズのファッションドールの役割は、当時の流行を宮廷の婦人たちに知らせることでした。
やがて、ビスクドールは子ども用の小さなサイズへと変化していきます。当時のビスクドールは玩具としてでなく、子どもが洋服の着こなしを学ぶための教育ツールとして作られていました。
ビスクドールの歴史に影響を与えたのは、1855年のパリ万博に出品された日本の「市松人形」の存在です。市松人形にインスピレーションを受けた作家は、現在親しまれているような子ども型の「ベベドール」の製造を思いつきます。
19世紀から20世紀はじめには、フランスを代表する数々のブランドが設立され、ビスクドールはひとつの文化として大きな発展を遂げていきました。
現在も、全盛期に生産されたビスクドールは骨董品として高い価値を有しています。希少性はもちろん、美術性を有しているのがビスクドールの大きな特徴です。特に、ビスクドールの歴史を築いたブランドの作品は人気が高く、コレクターの間で高値で取引されています。

 

高価買取されやすいブランド3つ

ビスクドールには、「ジュモー」「ゴーチェ」「ブリュ」などの代表ブランドがあります。これらは、コレクターの間で人気を集め、高価買取されやすいブランドです。
手元に買取に出したいビスクドールがあるときは、これらのブランドに当てはまらないかチェックしてみてください。判断に迷うときは、専門業者に査定を依頼するのがおすすめです。

1.ジュモー
ジュモーは、1840年代の初めにフランスに設立された工房です。工房では、ピエール・ジュモーとエミール・ジュモー、親子の手によって数々の作品が作られてきました。
ジュモーの大きな特徴は、人形の美しい顔立ちとファッショナブルな衣装です。当時、ロンドンやパリなどの博覧会で数々の賞を受賞した技術力は、現在も高く評価されています。

2.ゴーチェ
ゴーチェは、フランソワ・ゴーチェによって設立された工房です。ゴーチェの優れた技術力は、他のブランドから頭部の納品依頼が来るほどだったといわれています。1872年には、ビスクドールの頭部制作に関する特許も取得しました。
ゴーチェの作品の何よりの魅力は、人形が持つやわらかで繊細な表情です。作品のファンも多く、買取時は高値での取引が期待できます。

3.ブリュー
ブリューは、経営者で職人のレオン・カシミール・ブリューが設立した工房です。数々の特許を取得したブリューは、関節を自由に動かせる木製ボディも生み出しました。
ブリューの作るビスクドールは、気品あふれる美しい仕上がりが魅力です。特に、涼やかな目元のデザインは多くのファンに支持されてきました。後述するビスクドールの特徴のひとつ、ガラス工芸のペーパーウェイトグラスアイは、その美しさから「ブリュの瞳」と呼ばれています。

 

各特徴で分類されるビスクドールの種類

ビスクドールの分類についてビスクドールの種類は、製造方法や目や口といったパーツの特徴によって分類されます。買取相場も種類によって異なるのが特徴です。
ここからは、ビスクドールの各分類について詳しく解説します。手元にビスクドールがある場合は、目元や口元の特徴を確認してみてください。ビスクドールの価値を判断する手がかりになります。

 

製造方法による分類

まずは、製造方法による分類について確認していきましょう。ビスクドールの製造には、主に以下の2通りの方法が用いられています。

  • プレスドビスク
  • ポアードビスク

押すことを意味する「プレス」とあるように、プレスドビスクは原料を型に押し込む製造方法です。粘土を人形の型に押し込んで成形し、焼き上げていきます。
一方、ポアードビスクは押し込む手間を必要としない製造方法です。液状の磁器を型に流し込んで焼き上げるため、一度に多くのドールを生産できます。
買取市場では、プレスドビスクのほうが高値で取引されるのが特徴です。歴史が古く手間のかかる点がドールの希少価値を高めています。

 

パーツの特徴による分類

ビスクドールは、口や目などのパーツに大きな特徴が現れます。パーツの違いは表情にも影響し、ブランドのこだわりがよくわかる部分です。
口は、閉じているのか開いているのかによって2通りに分類されます。また、目に現れるのが加工技術の違いです。目の特徴は、ブロウやスリープ、ペーパーウェイトの3タイプにわかれます。

口の特徴1.クローズドマウス
口元が閉じているビスクドールは、「クローズドマウス」に分類されます。ひと口に「閉じている」といっても、微妙な違いが生まれるのがビスクドールの魅力です。真一文字に結んだものから微笑を浮かべるものまで、作品によりさまざまな違いが見られます。
クローズドマウスのビスクドールは、古い時期に生産されているのが大きな特徴です。骨董品としての価値を有し、高価買取が期待できます。

口の特徴2.オープンマウス
オープンマウスのビスクドールは、口元が開いています。クローズドマウスの後に作られるようになったタイプです。口の中に赤い紙が貼られていたり、舌が作られたりするドールも見受けられます。なかには、小さな歯を付けるなど手間をかけたドールも誕生しました。
また、ブリューが手がけたわずかに開く口元の造形は「オープンクローズドマウス」と呼ばれています。オープンクローズドマウスの口元は穴が開いておらず、今まさに話始めるかのような造形が特徴です。

目の特徴1.ブロウアイ
「Blow(ブロウ)」は、吹くことを意味します。「ブロウアイ」は、熱したガラスに息を吹き込む製造方法です。吹き込んで球状にしたガラスに瞳を描き、眼球に仕上げます。
ビスクドールの目の分類では、ブロウアイは比較的シンプルな手法です。中は空洞で軽く、加工のしやすさが持ち味といえます。そのため、代表的なブランドではほとんど用いられることがありません。

目の特徴2.スリープアイ
「スリープアイ」は、人形が眠っているかのようにまぶたが閉じるタイプです。主に、玩具用に作られた子ども向けのビスクドールに用いられています。
まぶたが開閉する仕組みは、人形によりさまざまです。なかには、仰向けに寝かせることでまぶたが閉じる仕掛けが施された人形もあります。スリープアイは、専門知識を持たない方でもわかりやすい特徴といえるでしょう。

目の特徴3.ペーパーウェイトアイ
「ペーパーウェイトアイ」は、グラスアイのなかでも最高峰といわれる技法です。文鎮を意味するペーパーウェイトのように、中にはぎっしりとガラスが詰まっています。白い目の上に色ガラスで虹彩が描かれているのが特徴です。ペーパーウェイトアイのなかでも、アーモンド形のものはオーバルタイプ、円形のものはラウンドタイプと呼ばれます。いずれも本物の瞳のような繊細で美しい輝きが魅力です。

 

ビスクドールを高く売るための3つのコツ

高く熟れるビスクドールビスクドールを高く売るためのコツは、以下の3つです。

  1. 箱や保証書などの付属品を揃える
  2. 保存状態を良好に保つ
  3. 購入ルートを確認する

同じ条件のビスクドールでも、これらのコツを抑えるとより高い値が期待できます。骨董品であるビスクドールは、汚れたり傷が付いたりしやすいものです。買取に出すのであれば、日頃から丁寧な取り扱いをおすすめします。

 

1.箱や保証書などの付属品を揃える

ビスクドールを買取に出す際は、箱や保証書などの付属品を揃えておきましょう。ビスクドールの箱の多くには、ブランド名や作家名が入れられています。
残念ながら、希少価値の高いビスクドールほど偽物が存在しがちです。箱が揃っていれば、作品が本物である証明になります。
また、コレクターにとっては、箱そのものが大切なコレクションの一部です。箱が揃っていれば、コレクターからの需要がさらに高まります。結果的に、業者も高値で買い取るケースが多くなるでしょう。
保証書が揃っていればさらに安心ですが、付属品がないからといって高価買取を諦めないでください。前述したように、骨董品としての価値を有するビスクドールであれば高値が付くケースも考えられます。

 

2.保存状態を良好に保つ

ビスクドールの買取価格には、作品の保存状態が影響します。手元にあるビスクドールは、丁寧に扱うように心がけましょう。古い作品ほど繊細で壊れやすいため、保管時は注意が必要です。
特に、カビや虫食い、日光による変色などに気を付けてください。箱に保管してる場合は、定期的に箱から出し風に触れさせるのがおすすめです。保管場所も、なるべく風通しが良く直射日光が当たらない場所を選びましょう。
また、ビスクドールには中に機械が仕込まれ喋るタイプがあります。この場合、機械が作動するのかも確認しておいてください。見た目の美しさとともに、動作性能も買取価格に影響します。

 

3.購入ルートを確認する

ビスクドールが手元にある場合は、購入ルートを確認してください。価値の高いビスクドールほど、どこから購入したのかが買取価格の判断基準になります。
例えば、アンティークドールのコレクターなどは、信頼できる入手ルートのひとつです。アンティークドールのオークションで高値で購入した場合も、高価買取を期待できます。
前述したように、有名ブランドのビスクドールほど贋作や偽物が多く見られがちです。しっかりとした購入ルートから入手していれば、作品が本物であることを印象付けることができるでしょう。

 

ビスクドールの買取業者選び2つのポイント

ビスクドールの買取り業者ビスクドールの買取業者を選ぶ際のポイントは、以下の2つです。

  1. 出張買取可能な業者を選ぶ
  2. アンティークの買取実績がある業者を選ぶ

おすすめは、これらのポイントを抑えながら複数の業者に査定を依頼することです。業者によっては、ビスクドール本来の価値を見極められないケースも考えられます。
前述したように、ビスクドールは製造年数やブランドなどで買取価格が異なる骨董品です。大切なビスクドールを適正価格で手放すためにも、これらのポイントを抑えながら信頼できる業者に買取を依頼してください。

 

1.出張買取可能な業者を選ぶ

ビスクドールの買取は、出張買取可能な業者を選ぶのがおすすめです。出張買取では、業者のスタッフが自宅などに赴き、その場で査定や買取を行います。依頼者にとっては、作品を梱包したり持ち運んだりする手間が省けることが大きなメリットになるでしょう。
ビスクドールは古いほど繊細で壊れやすく、移動時に破損の心配があります。出張買取可能な業者であれば、自分でビスクドールを持ち運ぶ必要がないため安心です。
依頼したい業者が遠方の場合や、移動手段がないときも出張買取サービスはおすすめです。「査定だけでもOK」と明示している業者であれば、より安心してサービスを利用できるでしょう。

 

2.アンティークの買取実績がある業者を選ぶ

ビスクドールの買取は、アンティークの買取実績がある業者を選びましょう。大切なビスクドールを確かな価格で手放すことができます。
そもそもアンティークとは、骨董品全般を意味する言葉です。製造元がわからないビスクドールも、骨董品としての価値を持つアンティークであれば高値が付く可能性があります。
アンティークの買取実績がある業者かどうかは、公式サイトなどを確認してみてください。壺や絵画、家具などアンティークの種類は多岐にわたります。
ビスクドールの買取実績や、ビスクドールに関する記述がある業者であればより安心です。専門知識を持つスタッフによる確かな査定を期待できるでしょう。

アンティークとは「骨董品」の意味がある|似た言葉との違いも解説

 

ビスクドールの買取なら「永寿堂」へ

ビスクドールの買取りは永寿堂へビスクドールを売るなら「ビスクドールの買取り店である永寿堂」へお持ちください。永寿堂では、ビスクドールを一つひとつ丁寧に査定します。多種多様な骨董品の買取実績があり、豊富な知識を有しているため適正価格での買取が可能です。骨董品の販売ルートを多数用意し使い分け、ビスクドールの高価買取価格を提示します。
売却方法も店舗買取や出張買取、宅配買取など、お客さまの都合にあった方法が選択できます。気になった方は、以下の問い合わせからお気軽にご相談ください。

【永寿堂のお問い合わせ】

・TEL:0120-060-510

・メールフォーム:https://www.eijyudou.com/contact/

・LINE ID:@721crjcp

 

ビスクドールの買取相場まとめ

ビスクドールの買取相場まとめイメージビスクドールは、フランスを中心に流行した磁器製の人形です。繊細で美しい表情を持ち、ファッショナブルな衣装を身にまとったビスクドールは、現在も多くのコレクターに愛されています。
なかでも、高値で取引されているのが有名ブランドが手がけたビスクドールです。また、製造元がわからなくても、状態が良い作品はアンティークドールとして高値が付く可能性があります。
ビスクドールが手元にある場合は、ぜひ信頼できる業者に買取を依頼してみてください。実績豊富な業者であれば、作品の価値を見逃すことのない適正価格での買取が期待できるでしょう。

関連記事