愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【木食白道買取】木食白道の高価買取は永寿堂へ

木食白道の作品を買取りしております、売却をお考えの木食白道の作品買取りは永寿堂におまかせ下さい。江戸時代甲斐国の仏教彫刻家である木食白道についてや略歴や代表作なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

【目次】
1.木食白道(もくじき びゃくどう)について
 木食白道の略歴
 表情が特徴である木食白道の仏像
 木食白道の代表作
2.木食白道の作品買取で当社が選ばれる理由
3.木食白道の買取でよくある質問
4.木食白道の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ先

 

木食白道(もくじき びゃくどう)について

木食白道は、江戸時代に活動した仏教行者です。そして、仏教彫刻家として、100体を超える仏像を残しています。白道は、1755年に、現代の山梨県に当たる甲斐国山梨郡に生まれたとされています。1761年にはすでに出家をし、修行の道に入りました。その後、父の与左衛門と共に、各地を巡礼しています。しかし、西国三十三番霊場と、四国八十八ヶ所霊場を巡礼する途中、現代の愛媛県に当たる伊予国で、父親が亡くなります。その後、六十六部聖として、全国66箇所を巡ることとなります。白道は六十六部聖の旅を1773年に終えましたが、それからも休むことなく、巡礼の旅は続けます。

木食白道は、仏教行者であり仏教彫刻家でもある、木喰の弟子として知られています。その木喰に出会った場所は伊豆だと判明していますが、具体的な時期は明らかにはなっていません。ただ、1770年代であることはほぼ確実です。木喰に出会った白道は、出会って間もなく弟子となり、木喰について回ることとなります。そして、北海道から九州まで、日本全国へ訪れています。木喰が仏像制作を始めたのは、この旅の間とされています。そして、白道は、木喰よりも先に仏像制作を始めたとする説もあります。そのため、白道が仏像を作り始めたのも、この辺りである可能性が高いです。

木喰と共に旅をした白道は、1781年には木喰と別れ、関東にある寺で僧として暮らします。それ以降は、関東地方を中心に、仏像制作や祈祷を行ったという記録が残っています。また、1794年には、西日暮里にある寺の住職、谿洲に弟子入りしています。その後、白道は、徳の高い層を招く上人屋敷へと移り、1825年にこの世を去ったとされています。

 

木食白道の略歴

1773年 六十六部聖の旅を終える。
1781年 師匠である木喰と別れる。
1794年 谿洲に弟子入りする。

 

表情が特徴である木食白道の仏像

木食白道の手掛けた仏像は、ひとつの木材を削り出して作られているのが特徴です。そして、いずれの仏像も、微笑んだ表情をしているという特徴があります。また、白道は、地蔵菩薩や薬師如来など、限られた種類の仏像のみを手掛けました。そのため、仏像の数は100を越えますが、種類は10前後です。

 

木食白道の代表作

木食白道の代表作の一例としては、涌泉寺所蔵の子安地蔵菩薩像や福蔵院所蔵の百体仏、無量寺所蔵の地蔵菩薩像や常徳寺所蔵の恵比寿像などがございます。

木食白道の作品イメージ

 

木食白道の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

木食白道の買取でよくある質問

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.木食白道の作品以外にも茶器や絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が傷や色ヤケなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが買取額は少し低くなります。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

 

木食白道の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

木食白道の売却であれば高価買取致します

木食白道の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。江戸時代甲斐国の仏教彫刻家である木食白道の彫刻作品や書画を高価買取させて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、木食白道の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品やアンティーク品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事