愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

下田義寛の買取は愛知名古屋の永寿堂へ

下田義寛の絵画を売りたいとお考えであれば高価買取させて頂きます、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。こちらの記事では数々の名誉ある賞を受賞してきた日本画家の下田義寛の略歴や買取相場や高く売るポイントなどもご紹介しておりますので売却や購入の際のお役立ちになれば幸いです。

【目次】
1.下田義寛について
 a.下田義寛主な略歴
 b.下田義寛の作風
 c.下田義寛の代表作
 d.下田義寛の買取相場
2.下田義寛作品を高く売るためのポイント
3.下田義寛の買取でよくある質問
4.下田義寛の買取りは永寿堂におまかせ下さい

 

下田義寛について

下田義寛(しもだよしひろ)は、内閣総理大臣賞をはじめ数々の名誉ある賞を受賞してきた日本画家です。

富山県出身の下田義寛は、画家を目指し上京後、東京藝術大学に入学。卒業後は大学院に進み、1965年(昭和40年)に博士課程を修了します。日本画家として名高い郷倉千靱(ごうくらせんじん)、岩橋英遠(いわはしえいえん)に師事した経緯も有するなど、日本画の基礎も身に付けている人物です。

下田義寛の類まれなる才能は、大学卒業後いかんなく発揮されます。1963年(昭和38年)には、春の院展に「祈」が初入選。およそ7年後の院展では、「白い宙」が日本美術院賞(大観賞)を受賞しました。

下田義寛が手がけるのは、日本の風景画だけでありません。過去には東京藝術大学イタリア・ルネッサンス壁画調査団のメンバーとして、サン・フランチェスコ修道院(イタリア・アッシジ)の壁画模写に従事しました。

若かりし頃から美術界を牽引し、倉敷芸術科学大学の名誉教授でもある下田義寛の作品は国内外で高く評価され、現在も高値で買取されています。

下田義寛の絵画イメージ

 

下田義寛の主な略歴

1940年

富山県に生まれる

1963年

東京藝術大学美術学部日本画科卒業
18回院展春季展、再興第48回院展に初入選

1965年

東京藝術大学大学院修士課程を修了
第20回院展春季展、再興第50回院展に入選
日本美術院院友に推挙

1966年

法隆寺金堂 壁画再現模写に参加

1969年

第9回現代日本美術展でコンクー ル賞受賞

1970年

再興第55回院展 院賞(大観賞)受賞

1973年

東京藝術大学日本画講師となる
東京藝術大学イタリア・ルネッサンス壁画調査団の一員としてイタリア・アッシジのサン・フランチェスコ修道院の壁画模写に従事

1976年

ロシアのエルミタージュ美術館他巡回の 現代日本絵画展に作品展示(’79 中国、北京・上海)
再興第61回院展で院賞受賞

1979年

再興第64回院展で「風舞う」「風渡る」が文部大臣賞受賞

1983年

再興第68回院展で「海鳴」「山彦」内閣総理大臣賞受賞

1995年

倉敷芸術科学大学美術学科の主任教授に就任

2000年

日本美術院監事に任命される

2001年

パリ帰国記念展を日本橋三越ほかで開催

 

下田義寛の作風

下田義寛の作風は、幻想的な風景描写と、独自のダブルイメージの手法で描かれる美しさが特徴です。日本画家の画壇である下田義寛は、パリの風景画も数多く手がけてきました。

綿密なデッサン画から情緒あふれる日本画まで、パリをテーマにした作品は多岐にわたります。

なかでも、フランスを代表する世界遺産「モンサンミッシェル」を描いた屏風図は、各方面から大きな注目を集めた作品です。

幻想的でありながら現実主義的な写実性を持ち、まさに下田義寛の世界観そのものといえます。

また、日本画の可能性を追求した下田義寛の作品には、鹿や鳥といった動物のモチーフも数多く登場します。いずれも華やかなだけでなく、生命の絆や力強さを感じさせる描写が特徴です。なかには、鳥のモチーフとセーヌの風景を融合させた作品も見受けられます。

日本画でありながら洋画の雰囲気を漂わせ、生命の躍動感を伝える作風こそが、下田義寛の作品が見るものを惹きつける所以といえるでしょう。

 

下田義寛の代表作

下田義寛の代表作には、以下のような風景画や動物画が挙げられます。

  • ノートルダム・ド・パリ
  • ルーアン大聖堂デッサン
  • 朝霧
  • 遠い風
  • 遠霞・セーヌ

「ノートルダム・ド・パリ」「ルーアン大聖堂デッサン」は、いずれもフランスをテーマにした風景画です。「朝霧」「遠い風」には、下田義寛が得意とする鹿が描かれています。

また、下田義寛の作品には、大きく羽を広げて羽ばたく鳥をモチーフにしたものも多く見受けられます。「遠霞・セーヌ」は、その代表作ともいえる一作です。

 

下田義寛作品の買取相場

下田義寛作品の買取相場は、売却方法によって異なります。そのため、なるべく高く売りたいときは、それぞれの特徴を踏まえて検討するのがおすすめです。

例えば、美術品の専門買取業者では、専門知識をもつ査定員の確かな評価を期待できます。リトグラフの場合、買取相場はおよそ数千円から2万円程度が相場でしょう。

サイズや絵の内容によって異なるものの、肉筆画であれば3万円から25万円の査定額も見込まれます。出張買取に対応した業者であれば、作品を持ち込む手間も省けるでしょう。

また、下田義寛の作品は、オークションサイトにも数多く出品されています。肉筆画は20万円以上の額で入札されることも少なくありません。発送や手続きの手間がかかるものの、リトグラフでも1万円以上の値で取引されている作品もございます。

 

下田義寛作品を高く売るためのポイント

下田義寛の作品を高く売るためのポイントは、以下の5つです。

  • 専門家の鑑定書を添える
  • 下田義寛のサインや証印があるかチェックする
  • 保存状態が良好か確認する
  • 複数作品がある場合は、まとめて買取に出す
  • 下田義寛の作品に詳しい業者に依頼する

まず確認しておきたいのが、下田義寛の真作であることです。あらかじめ専門家のもとで鑑定を済ませ、買取時に鑑定書を添えれば高額査定が期待できます。

鑑定書がない場合は、作品に下田義寛のサインや証印があるかチェックしてみましょう。専門知識をもつ査定員のいる業者であれば、それらをもとに真作であるか判断できます。

また、保存状態も大切なチェックポイントです。買取時は、シミや汚れなどがない作品のほど高く評価されます。手元に下田義寛の作品があるときは、箱などに入れて保管すると良いでしょう。

複数作品がある場合は、まとめて買取に出すことも検討してみてください。1点のみより、複数作品があるほうが、プラスアルファの査定額が見込まれます。

さらに、作品に見合う額で売るためには、下田義寛の作品に詳しい業者に依頼するのがおすすめです。判断が難しいときは、業者の公式サイトなどをチェックしてみてください。

下田義寛に関する記述があれば、作風や経歴を踏まえた確かな査定が期待できます。買取実績や相場が記載されていれば、より安心です。自分では作品の価値がわからないときも、信頼して買取を依頼できます。

作品が大きかったり、持ち運びが難しかったりする場合は、出張買取可能な専門業者を選ぶのもひとつの方法です。運送や発送の手間が省け、より納得いく価格で下田義寛の作品を買取に出すことができるでしょう。

 

下田義寛の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.下田義寛の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.外箱などがありませんが買取り対象でしょうか?
A.外箱に入っていない掛軸も買取り可能です。

 

下田義寛の買取りは永寿堂におまかせ下さい

下田義寛の売却であれば高価買取します
下田義寛の売却をお考えであれば、「永寿堂」へご依頼ください。弊社では、専門知識と経験、データから適正価格にて買取りさせて頂きます。下田義寛以外の掛け軸や絵画はもちろんリトグラフやシルクスクリーンなどの版画や骨董品や茶道具や刀剣や美術品も査定買取致します。

永寿堂では店頭買取をはじめ出張買取や宅配買取も行っておりますので売却処分をお考えの品がございましたら、電話またはメールでお問い合わせください。

 

永寿堂のお問い合わせ

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com

関連記事