愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【石本正買取】石本正の絵画買取は永寿堂へ

石本正の絵画を買取りしております。売却をお考えの石本正の絵画や素描などの買取りは永寿堂におまかせ下さい。舞妓や裸婦の作品の評価が高い日本画家である石本正についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

【目次】
1.石本正(いしもと しょう)について
 石本正の主な略歴
 石本正の信念
 女性の美しさにとことん迫る画風
 石本正の買取相場
2.石本正の作品買取で当社が選ばれる理由
3.石本正でよくある質問
4.石本正の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ先

 

石本正(いしもと しょう)について

石本正は1920年、島根県の那賀郡岡見村に生まれました。島根県立浜田中学(現在の島根県立浜田高等学校)を卒業。その後1940年に京都市立絵画専門学校(現在の京都市立芸術大学)に入学しますが、在学中に徴兵されました。
徴兵されたのは1943年で、気象第一連隊に配属されます。翌1944年に、中国に渡ります。この年に半年間繰り上げて京都市立絵画専門学校を卒業しました。1945年に気象観測の受信機で終戦の玉音放送を聴き、日本の戦争敗北を知ります。

翌1946年に復員し、しばらくしてから京都に戻り、本格的に創作活動に入りました。1947年、第3回日本美術展覧会で、「3人の少女」が初入選を果たします。1950年からは創造美術・新制作展に出品、1951年には「旅へのいざない」など新作家賞を4回受賞しました。
1956年には、新制作協会の会員になります。1970年に京都市立芸術大学教授に就任。翌1971年に日本芸術大賞・芸術選奨文部大臣賞を受賞しました。
1974年には創画会会員になります。

2015年9月26日に、不整脈による心停止で石本正は死去しました。自宅で、95歳の生涯を終えます。

 

石本正の主な略歴

1920年 7月3日島根県那賀郡岡見村にて誕生。
1940年(20歳) 京都市立絵画専門学校日本画科予科入学。
1943年(23歳) 学徒動員により招集、翌年中国へ。
1944年(24歳) 京都市立絵画専門学校を半年間繰上げ卒業。
1947年(27歳) 文部省の第3回日本美術展覧会に「三人の少女」が初入選。
1951年(31歳) 「第15回新制作展」に《影》《旅へのいざない》を出品して新作家賞を受賞。
1960年(40歳) 東京国立近代美術館主催の「日本画の新世代展」の出品者に選ばれ、「桃花鳥」を出品する。
1970年(50歳) 京都市立芸術大学教授に就任。
1986年(66歳) 京都市立芸術大学を退職し、同大学名誉教授に。
1991年(71歳) 開学した京都造形芸術大学で教授となる。
2013年(93歳) 川端康成の記念企画開催。
2015年(95歳) 9月26日に不整脈により自宅で逝去。

 

石本正の信念

石本正が信念として持っていたのは、技術や地位よりも、絵を楽しむ心が大切ということです。心の赴くままに、描きたいものを描くのが信条で、日本画特有の決まりやしきたりを、嫌いました。
石本正が残した作品はどれも人間が生き生きと描かれていて、今でも見る人の心をつかみます。一部の熱狂的なファンから、愛されているのが特徴的です。

「絵描きに名前などいらないのです。」と語っています。感動する気持ちを持ち続けて絵を描くことが大切だ、という考え方です。
画家の名前などは重要ではないと常々訴え、絵を見るときには作品そのものを楽しむべきだ、とも語っています。

 

女性の美しさにとことん迫る画風

終戦まもなく若き石本正は、電車で若い母親が授乳をしている姿を目撃します。その美しさに打ちのめされ、女性を描くことが、石本正にとって永遠のテーマになりました。

女性の姿を出来る限り自然に、情熱的に描いていきます。亡くなった後に膨大な量の女性画のデッサンがアトリエから発見されたことからも、その情熱が垣間見えます。
初期の作品では、輪郭を太く描いた印象的な女性の姿を描いていました。壮年期は繊細な鉛筆のタッチなどを使って、女性の肌の柔らかさを細かく表現しています。独特な色香が溢れ、見るものを石本正の世界へ引き込みます。

 

石本正の買取相場

石本正の買取り価格は作品により多く幅があり数万円から100万円程度の査定となる事が多いでしょう。舞妓や女性が描かれた作品は高価査定になります。何に描かれている作品なのか、いつの時代の作品か軸装か額装かモチーフや書き込みなどにより評価されます。

石本正の絵画イメージ

 

石本正の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

石本正の買取でよくある質問

Q.本物か贋作か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.本物か贋作か分からない作品でも当店が拝見させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.石本正の作品以外にも茶器や絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.外箱がなくても買取りできますか?
A.外箱が付属していなくても買取り可能です。

 

石本正の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

石本正の売却であれば高価買取します

石本正の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。舞妓や裸婦の作品の評価が高い日本画家である石本正の絵画を高価買取させて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、石本正の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品やアンティーク品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事