愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【片岡球子買取】片岡球子の絵画買取は永寿堂へ

片岡球子の絵画を買取りしております。売却をお考えの片岡球子の原画、木版画、リトグラフ、シルクスクリーンなどの買取りは永寿堂におまかせ下さい。文化勲章受章をした日本三大女流画家として人気の片岡球子についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

【目次】
1.片岡球子の生涯
 片岡球子の略歴
 画家としての特徴
 片岡球子の買取相場
2.片岡球子の作品買取で当社が選ばれる理由
3.片岡球子買取でよくある質問
4.片岡球子の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ先

 

昭和を代表する日本画の画家!片岡球子の生涯

1905年、北海道で片岡球子は生まれました。1926年に女子美術専門学校の日本画科高等科を卒業し、画家としてのキャリアをスタートさせます。横浜市大岡尋常高等小学校の教師で生計を立てながら、作品を発表していました。しかし、球子の活動初期は順風満帆とはいえず、親からは画家の道に猛反対を受けてしまいます。勘当同然の状態で活動を続けていたものの、帝展(現在の日展)では落選の連続でした。球子が批評家から評価されにくかったのは、彼女の色使いや構成があまりにも大胆だったからです。当時は球子の絵を「ゲテモノ」と呼ぶ人さえいました。

球子の転機は1939年、帝展で「緑陰」が入選したことでした。それ以降、球子は帝展の常連になっていきます。1955年には女子美術大学日本画科専任講師に転職し、創作活動に専念し始めました。1965年に球子は教授になっています。女子美術学校時代の球子は精力的に作品を発表し、日本美術院第14回春季展の「海岸」、院展出品「渇仰」などの代表作を生み出しました。

1989年には女流画家として3人目となる文化勲章を受章しています。同じく受章者の上村松園、小倉遊亀と並び、球子は「日本三大女流画家」と呼ばれるようになりました。晩年の球子は健康を害し、100歳のときに脳梗塞を患います。それでも生涯現役を貫き、2008年に103歳で亡くなりました。

買取りした片岡球子の絵画

 

数々の栄光を手にしてきた女流画家!片岡球子の略歴

1930年 「枇杷」で日本美術院再興第17回展入選
1939年 「新緑」で大観賞第二賞受賞。第26回院展入選
1946年 「夏」で日本美術院賞受賞
1955年 女子美術大学日本画科専任講師に
1961年 「渇仰」が文部省買い上げ優秀美術品に指定
1965年 女子美術大学日本画科教授に
1973年 愛知県立芸術大学客員教授に
1976年 勲三等瑞宝章受章
1978年 第27回神奈川文化賞受賞
1986年 文化功労者に選出
1989年 文化勲章受章

 

唯一無二の個性!片岡球子の画家としての特徴について

103年の生涯において、片岡球子は自分のタッチを追求した画家でした。彼女は常識を気にせず、感性に任せた大胆な技法を磨いていきます。その彼女の技法は保守的な批評家から否定され、キャリアの初期はなかなか芽が出ませんでした。賛否両論を呼んだ理由のひとつに、ダイナミックな構図が挙げられます。球子はモチーフをキャンバスいっぱいに、力強く描くことを好みました。しかし、日本画に繊細さを求める層からは球子の感性が受け入れにくかったのです。さらに、球子の独特な色使いも評価されるまでに時間がかかりました。こうした球子の作風には江戸時代の浮世絵が大きく影響していたといわれています。

批判が巻き起こる一方で、小林古径のように彼女を評価する先人も少なくありませんでした。小林は球子に「あなたの絵を絶対に変えてはいけない」と励まし、彼女の支えとなっています。1960年代以降は画材にボンドを取り入れるなど、日本画の定石を外れたアイデアで世間を驚かせました。球子は一貫して「美しさがすべてではない」と信じ、モチーフの力強さを表現することにこだわりました。かなり誇張されたデッサンや、原色を多用したタッチに球子の信念は表れています。晩年になると、金箔や銀箔を用いた華やかな作品も目立つようになります。

球子がモチーフに選んだのは海や山などの自然、歴史上の人物でした。極めて日本的な題材を型破りな技法で描き出すのが球子の特徴だったといえるでしょう。特に富士山への思い入れは強く、繰り返し作品の中に登場させています。

 

時代が経っても評価され続ける画家!片岡球子の買取相場について

日本の三大女流画家に数えられる片岡球子は、買取市場でも非常に人気です。あまりにも個性的な作品群はほかに類を見ないものばかりで、コレクターからの需要が安定しています。富士が描かれている絵であれば版画であっても数十万円の買取り価格が付くでしょう。原画ともなれば50万円以上の高値がつくことが多く、球子の作品では富士山がモチーフのものがもっとも人気であり200万円以上の高値が付くでしょう。

 

片岡球子の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

片岡球子の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.原画であれば東京美術倶楽部の「東美評価機構」にて鑑定を行ってから買取りさせて頂きますのでご安心下さい。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.片岡球子の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.外箱がなくても買取りできますか?
A.外箱が付属していなくても買取り可能です。

 

片岡球子の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

片岡球子の売却であれば高価買取します

片岡球子の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。文化勲章受章をした日本三大女流画家として人気の片岡球子の絵画を高価買取させて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、片岡球子の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品やアンティーク品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事