愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【菱田春草買取】菱田春草の掛軸買取は永寿堂へ

菱田春草の作品を買取りしております。売却をお考えの菱田春草の掛け軸買取りは永寿堂におまかせ下さい。お気軽に電話やメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。わずか36歳にして死去した天才画家であった菱田春草についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

【目次】
1.菱田春草(ひしだ しゅんそう)について
 菱田春草の主な略歴
 菱田春草の主な作品を紹介
 菱田春草の作品の買取相場
2.菱田春草の作品買取で当社が選ばれる理由
3.菱田春草の買取でよくある質問
4.菱田春草の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ先

 

菱田春草(ひしだ しゅんそう)について

菱田春草は、明治時代に活躍した日本画家です。同時期に活躍していた横山大観や下村観山といった日本を代表する画家とも親交があり、菱田春草ら3人は岡倉天心の門下生でもあります。文展を主な舞台として活躍し伝統的な日本画に斬新な技法を導入していき近代日本画の発展に尽力した画家で、横山大観にも天才画家として認められておりました。

 

菱田春草の主な略歴

明治7年(1874年) 現在の飯田市である長野県伊那郡飯田町にて旧飯田藩士であった父の三男として生まれます。しばらくして上京する事になり、狩野派である結城正明の影響を受けて日本画を学ぶようになります。
明治23年(1890年) 現在の東京芸術大学である東京美術学校に入学します。この時、1学年上には大観と観山が在籍していました。また当時の美術学校の校長は美術指導者や思想家である岡倉天心であり、春草ら3人は岡倉の影響を強く受けています。
明治28年(1895年) 美術学校を卒業後、同年に帝国博物館からの依頼を受けて、古い絵画の模写事業に携わります。
明治31年(1898年) 岡倉が東京美術学校の校長を辞任する事となり、それを追うように当時、美術学校で教師をしていた春草や大観、観山も美術学校を去る事になります。その後、春草は岡倉の指導によって創立された日本美術院に参加しました。
明治36年(1903年) 岡倉の勧めもあり、大観と共にインドに赴きます。
明治39年(1906年) 日本美術館が茨城県北茨城市の五浦へ移転するに伴い同地に移住する事になり、大観や観山らと共に日本画の制作に励むようになりました。
明治41年(1908年) 目の病を治療するために東京の代々木に移り住みます。
明治44年(1911年) 誕生日を目前に腎臓疾患のため満36歳で死去しました。

 

菱田春草の主な作品を紹介

#落葉
国の重要文化財にも指定されている「落葉」は菱田春草の代表作の一つと言える作品です。晩秋から初冬の時期に散った落葉一枚一枚が、葉脈が分かるほど細かく描かれています。また、木に関しては一本一本の色調が異なっている他、手前の木は濃く、遠くにある木は薄くして濃淡をつける事によって奥行きのある雑木林を表しています。

#春秋
「春秋」は、カエデやヤツデなどの葉に輪郭線を用いる事で、葉の形がハッキリと印象付けられている作品となっています。絵画性を強調するために背景部分は奥行きを抑えており、装飾性を強く意識した作品とも言われています。

#夜桜
霧の中にうっすら浮かんでいるおぼろ月と、桜の木が描かれている作品です。霧に包まれた空間や、ぼんやりとした月の光が特徴的となっています。春草がアメリカへ渡航した時期に描かれた作品と言われています。当時の春草にとって課題の一つであった、大気の描写が見事に描かれている作品となっています。

#夕の森
「夕の森」は夕陽を背景に、うっすら浮かんでいる森の様子と空を飛んでいるカラスの群れが描かれている作品です。日常にある何気ない風景を描いており、静かな写実性が表現されています。春草がアメリカで制作した作品である事が証明できる、数少ない作品と言えます。

 

菱田春草の作品の買取相場

菱田春草の買取相場は、東美鑑定評価機構の鑑定が付いている作品であれば数百万円~10,000,000円程度とされています。それ以上の価格がつけられた作品もあり、逆に内容次第では数十万円となる作品もあり一概には言えません、36歳に死去され作品数が少ない事もあり高価取引されております。しかし贋物も多くあり注意が必要です。

菱田春草の掛軸イメージ

 

菱田春草の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

菱田春草の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.菱田春草の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.木箱がなくても買取りできますか?
A.木箱が付属していなくても買取り可能です。

Q.東美鑑定評価機構の鑑定証が無くても買取りできますか?
A.鑑定証が無くても買取り可能ですが査定額が低くなってしまいますので、鑑定を取る事をおススメ致します。

 

菱田春草の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

菱田春草の売却であれば高価買取します

菱田春草の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。わずか36歳にして死去した天才画家であった菱田春草の掛け軸を高価買取させて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、菱田春草の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品やアンティーク品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事