愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【北原白秋買取】北原白秋作品の買取は永寿堂へ

北原白秋の作品を買取りしております。売却をお考えの北原白秋の書や掛け軸や書籍や書簡などの買取りは永寿堂におまかせ下さい。電話やメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。こちらでは北原白秋についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

【目次】
北原白秋(きたはら はくしゅう)について
 a.北原白秋の主な略歴
  北原白秋の作風と買取相場
 b.北原白秋の作品買取で当社が選ばれる理由
 c.北原白秋の買取でよくある質問
 d.北原白秋の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
  永寿堂へのお問い合わせ先

 

北原白秋(きたはら はくしゅう)について

北原白秋(きたはら・はくしゅう)は、1885(明治18)年1月25日に熊本県玉名郡関外目村(現・南関町)で生まれた詩人です。本名は北原隆吉(きたはら・りゅうきち)。1942(昭和17)年11月2日に57歳で亡くなるまでに、詩以外にも童謡や短歌、自治体が郷土愛を高めるために制作を依頼する「新民謡」などの作品を多く残しています。生後間もなく、福岡県山門郡沖端村(現・柳川市)にある家に戻ります。北原家は江戸時代以降は柳川藩御用達の海産物問屋として栄えていましたが、隆吉が生まれた当時は、酒造りを営んでいました。

1891(明治24)年に矢留尋常小学校に入学し、柳河高等小学校に進学します。1897(明治30)年、県立伝習館中学(現・福岡県立伝習館高等学校)に進学しましたが、成績不振のため落第。また、詩歌に興味を持ちはじめ、投書で詩や和歌を集めた『文庫』、詩歌を中心に構成された『明星』などを読むようになります。1901(明治34)年、志を同じくする人たちで発行する同人雑誌に、自身の詩文を掲載します。この時「白秋」の称号を用いました。1904(明治37)年、長詩『林下の黙想』が河井醉茗(かわい・すいめい)に認められ、『文庫』の4月号に掲載されました。

早稲田大学英文科予科に進学し、中林蘇水や同郷の若山牧水(わかやま・ぼくすい)と親交を深めます。一時的に自身の称号を「射水(しゃすい)」としていたことから、この3人は「早稲田の三水」と呼ばれていました。1905(明治38)年に発表した『全都覚醒賦』が「早稲田学報」の懸賞一等に入選し、注目を浴びるようになります。1906(明治39)年、新詩社に参加したことで与謝野鉄幹(よさの・てっかん)や晶子、石川啄木らと知り合います。また、『明星』で発表した詩が、上田敏(うえだ・びん)や蒲原有明(かんばら・ありあけ)、薄田泣菫(すすきだ・きゅうきん)らに認められ、文壇の交友の輪が広がっていきます。

1908(明治41)年発表の『謀叛』で世間の評価が高くなりますが、新詩社を脱退し、文芸家や美術家の懇談会「パンの会」に参加しました。石井柏亭(いしい・はくてい)や吉井勇、高村光太郎らが加わった「パンの会」は、文学運動の拠点となりました。1909(明治42)年にロマンス主義的な『スバル』の創刊に参加、木下杢太郎(きのした・もくたろう)らと詩誌『屋上庭園』を創刊します。また、処女詩集『邪宗門』を出版し話題となりました。1911(明治44)年、文芸誌『朱欒(ざんぼあ)』を創刊。

同年には、故郷の柳川と実家への情をつづった第二詩集『思ひ出』を出版し、高く評価されます。1913(大正2)年には、歌集『桐の花』を発表したことで、歌壇でも注目を浴びるようになりました。同年、俊子と結婚しますが、1914(大正3)年には離婚。1916(大正5)年に、詩人の江口章子と再婚します。1918(大正7)、児童文学者の鈴木三重吉(すずき・みえきち)の勧めで、児童雑誌『赤い鳥』の童謡と児童詩欄を担当しました。童謡作品に携わったことで、詩風に変化が表れます。1919(大正8)年に、『金魚』と処女小説『葛飾文章』を発表し、童謡集『とんぼの眼玉』を刊行しました。

章子とは1920(大正9)年に離婚しますが、1921(大正10)年には佐藤菊子と結婚。同年、『落葉松』や歌集『雀の卵』を発表しました。1922(大正11)年には長男の隆太郎が生まれ、文化学院で講師を務めます。山田耕筰と『詩と音楽』を創刊し、多くの童謡を世に送り出しました。1925(大正15)年に長女の篁子が生まれます。1933(昭和8)年に皇太子の明仁親王が誕生した際には、奉祝歌『皇太子さまお生まれなつた』を寄せました。同年に『白秋全集』を完結させます。

 

北原白秋の主な略歴

1905(明治38)年 『全都覚醒賦』が「早稲田学報」の懸賞一等に入選
1909(明治42)年 象徴詩の流れをくむ詩集「邪宗門」を発表
1911(明治44)年 少年の日の哀歓をうたった抒情小曲集「思ひ出」を発表
1941(昭和16)年 日本芸術員に就任
1942(昭和17)年 瑞宝章を受勲

 

北原白秋の作風と買取相場

初期の詩の作風は、官能的でした。『屋上庭園』2号に掲載された『おかる勘平』は、風紀を乱す作品と判断され発行禁止処分を受けています。『桐の花』や『邪宗門』は、青春の官能と西洋的なロマンチシズムが表現されています。しかし、童謡雑誌『赤い鳥』の制作に携わったことで、口語的だったり、歌謡的だったりする詩風に変化しました。童謡や国民歌、新民謡、校歌などの作詞も手掛けています。子どもたちの情操教育に関わる詩と青年期の官能を表現した詩、両極端な作風を併せ持つのが北原白秋です。

北原白秋作品の買取相場は、作品の内容に異なりますが数万円~3万円程度の査定となる事が多いでしょう。状態や書いてある内容や希少な品であれば4万円以上の査定となる可能性もございます。

北原白秋の作品イメージ

 

北原白秋の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

北原白秋の買取でよくある質問

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.北原白秋の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.買取りしているのは掛け軸だけでしょうか?
A.掛け軸以外でも北原白秋の書籍や書簡なども買取り可能です。

Q.書いてあるのか印刷か分かりませんが、それでも買取りして頂けますか?
A.印刷かもしれないなど不明な事があってもご対応させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

Q.北原白秋の直筆ハガキは買取り対象ですか?
A.ハガキの内容にもよりますが基本的には買取り対象となります。

 

北原白秋の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

北原白秋の高価買取りは永寿堂へ

北原白秋の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。北原白秋の書や掛け軸や書籍や書簡など様々な作品を買取りさせて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、北原白秋の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事