愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

松平不昧の売却・高価買取は愛知名古屋の永寿堂へ

松平不昧の作品を買取りしております。売却をお考えの松平不昧の掛軸や茶道具(茶碗・茶杓・茶入れ・盆など)の作品がございましたら、名古屋市をはじめ愛知県・岐阜県・三重県・滋賀県へ出張買取致します。こちらでは松平不昧の略歴や買取相場などについて記載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

【目次】
1.松平不昧(まつだいら ふまい)について
 a.松平不昧の主な略歴
 b.松平不昧の代表的な著書
 c.松平不昧の買取相場
 d.松平不昧の買取でよくある質問
2.松平不昧の作品買取で当社が選ばれる理由
3.松平不昧の作品を売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ

 

松平不昧(まつだいら ふまい)について

松平不昧は寛延4年2月14日、父・六代藩主天隆院宗衍、母・側室大森歌の次男として誕生しました。幼名は鶴太郎と言います。明和4年、父の隠居で家督を継いだ際に、名を出羽守治郷と改めました。当時の松江藩は度重なる天災や寺改修のための出費などで破綻状態にありましたが、治郷は家臣とともに、何とか立て直そうと様々な対策を講じました。借金を全て棒引きにする、藩札の使用禁止、村役人などの特権行使の停止など、歳出削減のために大鉈を振るいつつ、治水工事を行って木綿や朝鮮人参など商品価値の高い特産品を栽培するなど産業振興策で収入を増やしていきました。いわゆる「御立派の改革」と呼ばれるものですが、その努力が実を結び、無事に松江藩は再建を果たしたのです。

財政再建に力を注ぐ一方、治郷は禅学や茶の湯にも熱心でした。禅学は明和6年から大巓和尚のもとで修行を積み、明和8年に大巓和尚より「不昧」の号を授かります。また茶の湯に関しては、明和5年より正式に石州流茶道を学び始め、他の流派である三斎流なども極めながら、後に「不昧流」を完成させました。茶人としての才能を開花させた治郷は、「贅言」や「古今名物類聚」、「瀬戸陶器濫觴」などの著書を残しています。また寛政2年には菅田菴、安永8年には塩見縄手の明々庵といった茶室も築いてます。

文化3年、家督を長男に譲って大崎下屋敷へ隠居しました。隠居後は剃髪し「不昧」を公称しますが、これが後に「不昧公」として多くの人に親しまれるきっかけとなってます。そして文政元年4月24日、江戸大崎にて68歳の生涯を閉じました。法名の「大圓庵前出雲国主羽林次将不昧宗納居士」は生前に自ら定めたものです。

 

松平不昧の主な略歴

1767年 雲州松平家第七代の藩主となる
1775年 茶事を催す(不昧の茶事会記中で最も古いものとされる)
1787年 「古今名物類聚」の序を著す
1792年 菅田菴を建築する
1806年 隠居して「不昧」と名乗る
1811年 「瀬戸陶器濫觴」を著す

 

松平不昧の代表的な著書

石州流に入門した年に著したものが「贅言」です。当時は道具趣味一辺倒の人が多くみられるようになりましたが、そんな現状を見かねて、「茶道は釜ひとつあれば良いのだ」とわびの精神を説いてます。また松平不昧は優れた蒐集家の一面もあり、当時の大名家が散逸していく茶道具の収集にも力を入れました。茶道具の収集に調査、さらに記録して完成させたものが「雲州蔵帳」です。いわゆる不昧の所有した茶道具コレクションの総目録で、品名や付属品、伝来、入手年次、入手先、値段などが記載されています。

そして最も評価されている著書が「古今名物類聚」です。江戸時代を通じて名物茶器を記した最高の茶書とも言われています。陶斎尚古老人のペンネームで刊行しており、茶道具の名器を「宝物」や「大名物」「中興名物」といったように細かく分類しています。また自ら実見したものは詳細な図版を入れるなどし、所蔵者から法量、付属物までも記した全18巻に及ぶ大作となっています。

松平不昧の茶掛け

 

松平不昧の買取相場

松平不昧は書画や焼物など様々な作品を手掛けております、作品により違いますが買取り査定額は数万円~30万円程度の査定額になる事が多いでしょう、また文献などに掲載されている作品ではあれば100万以上の査定となる事もございます。ただし多くの茶人に愛された松平不昧の作品は贋作も多くございます。

 

松平不昧の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.松平不昧の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りできますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

 

松平不昧の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

松平不昧の作品を売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

松平不昧の買取りは永寿堂へ

松平不昧の掛軸や茶道具などの作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。適正価格にてしっかり査定買取りさせて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、松平不昧の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や刀剣や美術品やアンティーク品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事