愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【桑原巨守買取】桑原巨守のブロンズ像買取は永寿堂へ

桑原巨守の作品を買取りしております、具象彫刻の第一人者と呼ばれる彫刻家である桑原巨守が制作したブロンズ像のご処分売却をお考えであれば高価買取させて頂きます。

【目次】
桑原巨守(くわはら ひろもり)について
 桑原巨守の略歴
 桑原巨守の代表作
 桑原巨守の買取相場
桑原巨守の買取りは永寿堂へ!

 

桑原巨守の経歴や買取り情報について

桑原巨守(くわはら ひろもり)について

桑原巨守は、具象彫刻の第一人者と呼ばれている日本を代表する彫刻家の一人です。1927年7月に群馬県沼田市で生まれた桑原巨守は、1949年に東京美術学校彫刻科を卒業した後、彫刻について学ぶために関野聖雲に弟子入りをします。木彫文化の礎を築いたと言われる関野聖雲の指導で腕を磨き、初めて二紀展に作品を出展したのは1964年の時です。裸婦A、Bの2つの作品で初入選を果たすと、3年後にしゃがむで同人賞を受賞したことをきっかけに、業界内で注目を集めるようになります。

その後も数々の展覧会で賞を獲得し続けた桑原巨守の元に舞い込んだのが、彫刻の森美術館への作品展示のオファーです。1970年に風と花などの代表作が設置されたことをきっかけに、一般の人にも存在を知られるようになります。翌年の71年に女子美術大学教授へ就任、芸術家として活動を続けながら後進の育成にも力を注ぎ、呼吸不全でこの世を去ったのが1993年、66歳の時です。

桑原巨守のブロンズ像イメージ

 

桑原巨守の略歴
1964年 二紀展に初入選
1971年 女子美術大学教授に就任
1982年 第2回高村光太郎大賞展で美ヶ原高原美術館賞受賞
1993年 女子美術大学名誉教授に就任

 

桑原巨守の代表作

・花と少女
・風と花
・大空に
・風の戯れ

桑原巨守が手掛けた作品の多くは、美術館やショッピングモールなどに展示されていて、一般の人も閲覧することが可能です。彫刻作品だけでなく、自身の芸術家としての理念を記した絵本を始めとした書籍も多数出版されています。

 

桑原巨守の買取相場

桑原巨守の買取り相場は女性のブロンズ像であれば~7万円程度が買取り相場となるでしょう。また桑原巨守が監修した木彫りの菩薩像でも~1万円程度で買取りされる可能性もございます。出品作品や図録に掲載されているような付加価値のある桑原巨守作品であれば、さらに高額買取が期待できるでしょう。作品の出来や共箱の有無、大きさや作成された年代など様々なポイントで査定買取り額が決まります。

 

桑原巨守の買取りは永寿堂へ!

桑原巨守の買取りは永寿堂へ

桑原巨守の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。具象彫刻の第一人者と呼ばれる彫刻家である桑原巨守が制作したブロンズ像作品を高価買取させて頂きます。

当社はブロンズ像作品をはじめ、幅広いジャンルを取り扱っております。骨董品や陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品や書道具やアンティーク品など、さまざまなコレクション品を買取りさせて頂きます、電話またはメールでお問い合わせください。

●永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事