愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

骨董品買取店 永寿堂への電話アイコン 骨董品買取店 永寿堂への電話

お知らせ・コラム
NEWS

葛飾北斎の買取は愛知名古屋の永寿堂へ
葛飾北斎タイトル

葛飾北斎の浮世絵を売りたいとお考えであれば高価買取させて頂きます、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。こちらの記事では江戸時代後期の日本を代表する浮世絵師である葛飾北斎の略歴や買取相場や高く売るポイントなどもご紹介しておりますので売却や購入の際のお役立ちになれば幸いです。

【目次】
1.葛飾北斎について
 a.葛飾北斎の主な略歴
 b.葛飾北斎の作風
 c.葛飾北斎の代表作
 d.葛飾北斎作品の買取相場
2.葛飾北斎作品を高く売るためのポイント
3.葛飾北斎の買取でよくある質問
4.葛飾北斎の買取りは永寿堂におまかせ下さい

 

葛飾北斎について

葛飾北斎(かつしかほくさい)は、江戸時代後期に活躍した日本を代表する浮世絵師です。葛飾北斎は江戸本所割下水(ほんじょわりげすい)にて生まれました。その後4歳で、中島伊勢の養子となっています。

その後家督を実語に譲り、葛飾北斎は家を出ました。家出をしている間は、貸本屋の雑用をする係(丁稚)として生活。その中で絵に興味を持ち、画家への道を歩んでいきます。

後に浮世絵師である勝川春章の門下となり、狩野派や唐絵、西洋画などの技術を学んでいきました。師である勝川春章からは、破門され独自の世界観を築き上げていきます。破門された葛飾北斎の生活は、どんどん荒れていったそうです。

食事はせず、菓子ばかりを食べて生活していました。家事もしないため家が荒れ果て、そのたびに引っ越ししていたとも言われています。当時から生活できるくらいの稼ぎがありましたが、お金に無頓着な生活から常に貧乏だったそうです。

さらに葛飾北斎は、生涯で30回作者名を変えていることでも有名。基本的に絵師は、作者名は度々変えるべきものではないと言われているため、葛飾北斎が他の絵師とは違うことが分かるでしょう。葛飾北斎の描いた作品は現在でも世界で人気があります。

葛飾北斎の浮世絵作品

 

葛飾北斎の主な略歴

1760年

江戸本所割下水にて生まれる

1778年

勝川春章の門下となる

1779年

勝川春朗の名前でデビューする

1794年

勝川春章に破門される

1805年

葛飾北斎を名乗る

1849年

死去

 

葛飾北斎の作風

前述のとおり、葛飾北斎の作品には日本画だけではなく西洋画などからも学んだ技術が取り入れられています。1つの道を極めた画家とは違う、唯一無二の世界観が楽しめることが特徴です。葛飾北斎はまた、生涯で3万点もの作品を残しました。

葛飾北斎のダイナミックな構図と色使いは、日本だけではなく世界のアーティストにも影響を与えています。ゴッホやセザンヌなどの有名画家も影響を受けたとされており、このことからも葛飾北斎は世界に名をはせている画家と言えるでしょう。

また葛飾北斎の作品には、1枚の絵でダイナミックさを表現している特徴があります。技術だけではなく、表現にも長けていました。ありのままに表現する写実表現やユーモラスあふれる漫画表現などを描いています。

葛飾北斎は、幅広い表現技法で世界の人々を魅了しているのです。葛飾北斎の作品は、「すみだ北斎美術館」などで見れます。気になる方は、ぜひ足を運び、北斎の世界観を自分の目で確認してみてください。

 

葛飾北斎の代表作

葛飾北斎の代表作は、以下の3つです。

 

  • 富嶽三十六景

ダイナミックな富士山が描かれた作品です。全46個の絵からなる名所集といわれています。当時流行していたプルシャンブルーを用いていることも特徴です。

 

  • 化粧美人図

化粧をする女性を描いた作品です。膝におかれた布や着物の柄などが細かに描かれています。帯や裾など縮れたような輪郭線が描かれており、細部にまでこだわった様子が伺えるでしょう。

 

  • 千絵の海

富嶽三十六景の作品が発表された後に出版されました。日本の海や川を舞台に、水や魚の様子を描いています。水の流れだけでなく、波や水しぶきも丁寧に描いていることが特徴です。

葛飾北斎は、このほかにも作品を残しています。気になる方は、ぜひ自分の目で確かめてみてください。

参考:葛飾北斎《化粧美人図》|城西大学水田美術館

 

葛飾北斎作品の買取相場

葛飾北斎の買取相場は、明確な金額が決められていません。なぜならば、多くの買取業者で相場が公開されていないからです。公開されていない理由は、葛飾北斎の贋作にあります。

浮世絵にも贋作があり、それらは実際に目で見てみないと本物であるかどうかわかりません。葛飾北斎も例外ではなく、「本物だと思っていた作品が、実は偽物だった……」ということもあるのです。

そのため業者が実際に目で見て判断するためにも、あえて公開していない業者がたくさんいます。

葛飾北斎の作品が本物であった場合は、数十〜数百万円レベルの査定額を提示してもらえるでしょう。本物かどうか自分で判断できない場合でも、まずは査定をしてもらうようにしてください。

 

葛飾北斎作品を高く売るためのポイント

葛飾北斎の作品を高く売るためのポイントは、以下の3つです。

  • 目利き力のある査定士に依頼する
  • 保存状態が良い
  • 付属品が付いている

目利き力のある査定士の場合、作品の知識だけではなく相場の動向などを総合的に判断して査定額を決めてくれます。目利き力がない査定士と比較すると高額買取してもらいやすくなるでしょう。浮世絵は海外にもコレクターが多く、かなり需要が高い美術品のため、知識が豊富な査定士に売却するのがおすすめです。

保存状態の良さも高く売るためのポイントの1つです。美術品の状態の善し悪しはかなり査定額に影響してきます。例えば、シワ・カビ・ヤニ・破れ・キズなどが減額対象になります。特に絵は湿気に弱い性質があるため注意しましょう。

しまうときには、購入したときに付いていた箱に収納します。直射日光が当たらない場所に置き、できるだけ湿度・室温が管理できるところに置きましょう。難しい場合はリビングや寝室など自分たちが快適に過ごせる環境に置いておくのも有効です。

葛飾北斎の作品を売却するときには、付属品が付いていることもチェックしておきましょう。なぜなら付属品の有無で査定額が大きく変わる可能性があるためです。付属品があるだけで、査定金額が大幅にアップすることもあります。

付属品は例えば、以下のものです。

  • 作家の書物
  • 鑑定書
  • 保証書

箱には作家の落款が入っています。落款が入っていると本物である証明になるため、かなり高い金額で売買できるのです。また鑑定書や保証書も本物である証になるでしょう。

鑑定書や保証書が一緒に付いているだけで、数万円ほど査定額に上乗せしてくれることもあります。持っている場合は必ず一緒につけてから売るようにしましょう。古い美術品を購入するコレクターは、本物に価値を見出します。

本物の証になるものを一緒に売ることで、査定額はどんどん上がっていくのです。購入した際には、必ず付属品は取っておいて、いつでも売れるようにきれいに保管しておくのがおすすめです。

 

葛飾北斎の買取でよくある質問

Q.画像での査定はして頂けますか?
A.復刻版画であれば詳細な画像をお送りして頂ければある程度は査定できすが、本画などは画像での査定はできかねます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.葛飾北斎の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.葛飾北斎の復刻版画は買取り対象でしょうか?
A.復刻版画でも買取りさせて頂きます。

 

葛飾北斎の買取りは永寿堂におまかせ下さい

葛飾北斎の売却であれば買取りします
葛飾北斎の売却をお考えであれば、「永寿堂」へご依頼ください。弊社では、専門知識と経験、データから適正価格にて買取りさせて頂きます。江戸時代後期の日本を代表する浮世絵師である葛飾北斎以外の浮世絵や掛け軸や絵画はもちろんリトグラフやシルクスクリーンなどの版画や骨董品や茶道具や刀剣や美術品も査定買取致します。

永寿堂では店頭買取をはじめ出張買取や宅配買取も行っておりますので売却処分をお考えの品がございましたら、電話またはメールでお問い合わせください。

 

永寿堂のお問い合わせ

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com

関連記事