愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

骨董品買取店 永寿堂への電話アイコン 骨董品買取店 永寿堂への電話

お知らせ・コラム
NEWS

【荒木寛畝買取】荒木寛畝の掛軸買取は永寿堂へ
荒木寛畝タイトル

荒木寛畝の作品を買取りしております。売却をお考えの荒木寛畝の掛け軸の買取りは永寿堂におまかせ下さい。お気軽に電話やメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。幕末から明治にかけ活躍した日本画家の荒木寛畝についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

【目次】
1.荒木寛畝(あらきかんぽ)について
 荒木寛畝の主な略歴
 荒木寛畝は「花鳥図」を得意とする画家である
 荒木寛畝の買取相場
2.荒木寛畝の作品買取で当社が選ばれる理由
3.荒木寛畝の買取でよくある質問
4.荒木寛畝の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ先

 

荒木寛畝(あらきかんぽ)について

荒木寛畝は、1831年7月24日(天保2年6月16日)に江戸芝赤羽橋に生まれ、1915年6月2日(大正4年)に没した日本を代表する日本画家です。旧姓は「田中」であり、田中家の四男として生まれました。田中家は代々増上寺の行者を勤めていたため、荒木寛畝もいずれ奉公に出るため両親によって様々な教養を身に着ける機会を与えられました。その中の一つが絵であり、荒木寛畝が9歳のときに谷文晁系の絵師、荒木寛快に入門しました。もともと絵を描くことが好きだった荒木寛畝は、絵に熱中し才能を発揮していったため、両親は奉公に出すのを諦めました。父が亡くなった際に一度は増上寺の冠誉大僧正の随身となりましたが、師にその才能が認められ22歳で養子となり、随身を辞して荒木姓を継ぎました。
荒木寛畝は弟子の育成にも力を入れ、荒木十畝、池上秀畝、小村雪岱、広瀬東畝、丸山永畝、西沢笛畝など他にも多数の弟子を育成しました。

 

荒木寛畝の略歴

1884年(明治17年) 第2回内国絵画共進会に「太真王夫人」、「花鳥」を出品し、銅賞を受賞
1890年(明治23年) 第3回内国勧業博覧会に「孔雀図」を出品し、宮内庁買上げとなり名声を得る
1898年(明治31年) 東京美術学校(現在の東京芸術大学)教授に就任、後に帝室技芸員に任命される。それ以前には、女子高等師範学校や華族女学校(現在の学習院女子中・高等科)でも教鞭をとっていた。
1900年(明治33年) パリ万国博覧会にて「孔雀図」が銀牌を受賞する

 

荒木寛畝は「花鳥図」を得意とする画家である

荒木寛畝は、油彩画を見て感銘を受け、洋画を学んでいた時期がありました。洋画は、川上冬崖、チャールズ・ワーグマン、国沢新九郎らに学びました。その後、1879年(明治12年)英照皇太后の御影を描くという大役に抜擢され、荒木寛畝は真正面からこの命に取り組んだと言われています。最初は写真を見て下絵を描きましたが最終的には本人を写生する機会に恵まれ、英照皇太后御肖像を描き上げました。この英照皇太后御肖像を描き上げるという命は、荒木寛畝にとって心労などの大きな負担を感じることとなり、日本画に戻るきっかけになったと言われています。

荒木寛畝は長らく日本画の基礎を荒木寛快から学び、その後洋画に触れ、人物画の大作を完成させたことにより、優れた写実感覚を身に付けました。それに加えて、「孔雀の秋暉」と呼ばれた岡本秋暉から花鳥図を学びました。これは、師の荒木寛快は人物画を得意としており、花鳥はそうではなかったためです。荒木寛畝の代表作「孔雀図」からは岡本秋暉の影響が感じられます。日本画の伝統的な技術に、洋画で培った写実性が加わり、荒木寛畝は花鳥図を得意とするようになったと言われています。

 

荒木寛畝の買取相場

荒木寛畝は勲六等瑞宝章を授けられた日本画の大家です。特に、緻密な描写の「花鳥図」に人気があります。名実ともに日本を代表する日本画家の荒木寛畝の作品は、名品であれば10万円以上の査定となる品もございます。状態の良い一般的な作品でも数千円~数万円程度の査定が相場となっております。その際、荒木寛畝の作品であることが間違いないという荒木十畝などの鑑定書などがあれば尚良いです。また、箱書きがあるかどうか、制作時期やサイズ、保存状態などによっても買取価格は変動しますので、売却をする際は専門店に出すことをおすすめします。

荒木寛畝の掛軸イメージ

 

荒木寛畝の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

荒木寛畝の買取でよくある質問

Q.荒木寛畝の養子である荒木十畝の作品も買取りして頂けますか?
A.買取り可能です。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.荒木寛畝の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

 

荒木寛畝の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

荒木寛畝の売却であれば高価買取します

荒木寛畝の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。幕末から明治にかけ活躍した日本画家の荒木寛畝の掛け軸を高価買取させて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、荒木寛畝の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品やアンティーク品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事