愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

【寺井直次買取】寺井直次の作品買取は永寿堂へ

寺井直次の作品を買取りしております。売却をお考えの寺井直次の作品買取りは永寿堂におまかせ下さい。お気軽に電話やメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。蒔絵の重要無形文化財保持者である寺井直次についてや略歴や買取相場なども掲載しておりますので購入や売却の際のご参考にして下さい。

【目次】
1.寺井直次(てらい なおじ)の主な略歴年表
 寺井直次の代表的技法の蒔絵(まきえ)について
 寺井直次の主な代表作を紹介
 寺井直次作品の買取相場
2.寺井直次の作品買取で当社が選ばれる理由
3.寺井直次の買取でよくある質問
4.寺井直次の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!
 永寿堂へのお問い合わせ先

 

寺井直次(てらい なおじ)の主な略歴年表

人間国宝に認定されている寺井直次は石川県金沢市出身の漆芸家で、革新的な技術を用いて新たな蒔絵の表現方法を見出した作家です。主な寺井直次の略式年表は以下の通りです。

1912年(大正元年) 鍛冶職人の家に生まれます。小学生の頃に漆芸に興味を持つようになり、東京美術学校では松田権六や六角紫水などに師事していました。
1935年(昭和10年) 東京美術学校を卒業して理化学研究所に就職し、金胎漆器の研究に取り組みます。
1937年(昭和12年) 理化学研究所静岡工場へ赴任し工芸部長となります。
1948年(昭和23年) 第4回「日展」にて出品した「鷺小屏風」が特選に選ばれます
1950年(昭和25年) 母校である石川県立工業高等学校で漆工科の主任教諭を務める事になります。
1955年(昭和30年) 第2回日本伝統工芸展で初入選を果たし、それ以後1997年の第44回日本伝統工芸展まで連続入選を成し遂げています。
1956年(昭和31年) 第12回日展で出品した「極光二曲屏風」が特選となります。
1957年(昭和32年) 日展の会員になり、1960年(昭和35年)には日本工芸会理事となります。
1968年(昭和43年) 石川県立工業高等学校の教頭になり同年に北國文化賞、2年後の1970年(昭和45年)には金沢市文化賞をそれぞれ受賞しています。
1977年(昭和52年) 加賀蒔絵で石川県が指定する無形文化財保持者に認定されます。
1980年(昭和55年) 日本工芸会常任理事及び日本工芸会石川支部幹事長に就任します。
1983年(昭和58年) 勲四等瑞宝章を受章し、1985年(昭和60年)には重要無形文化財「蒔絵」の保持者に認定される事になります。
1989年(平成元年) 第42回中日文化賞を受賞し、1991年(平成3年)には東京の日本橋三越本店にて自身の個展を開催します。
1992年(平成4年) 「漆額 極光」を制作し、成田空港の貴賓室に納められる事となり、1993年(平成5年)には「寺井直次作品集」が刊行されました。
1994年(平成6年) 「蒔絵 人間国宝 寺井直次の世界」という名称で回顧展が開催され、その4年後の1998年(平成10年)3月21日に亡くなっています。
2012年(平成24年) 寺井直次の生誕100年を記念したイベントが石川県立美術館で開催されました。

 

寺井直次の代表的技法の蒔絵(まきえ)について

漆芸の代表的な装飾技法で、漆器の表面に漆で絵や文様を描いて漆が乾かないうちに金や銀などの金属粉を蒔いて器面に付着させる装飾技法の事。粉を蒔いて模様(絵)を描く事から蒔絵と呼ばれ1200年ほど前から日本独自に発達した漆芸です。

蒔絵の技術者として寺井直次をはじめ松田権六・高野松山・大場松魚・田口善国・室瀬和美・中野孝一らも重要無形文化財保持者保持者として認定さえれており人気のある蒔絵作家となります。

 

寺井直次の主な代表作を紹介

◆蒔絵水辺文盤
飛翔している3羽の鶴が描かれている作品です。金粉蒔きや螺鈿といった蒔絵の技法が駆使されており、描写的でありながら幻想的な一面も持っているとも評されている作品となっています。

◆金胎蒔絵水指 紫苑
深みのある鳥や植物などのデザインが特徴的であり、表情が豊かに表現されていると言われている作品です。アルミニウムを鍛金で成形する事で繊細な曲面を生み出しており、巧みな技術が用いられている作品とも言えます。

 

寺井直次作品の買取相場

寺井直次作品の買取相場は、状態の良し悪しや品物により価格が大きく異なってきますが10万円~60万円程度で取引されている品が多く見られます。文献に掲載されている作品など付加価値が付いている作品であれば、さらに高額買取が期待できる品もあるでしょう。寺井直次が監修した作品もありますが監修作品でも数万円の買取りが期待できる品もございます。

寺井直次の作品イメージ

 

寺井直次の作品買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

寺井直次の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.寺井直次の作品以外にも茶器や絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が傷や色ヤケなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが買取額は少し低くなります。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.木箱がなくても買取りできますか?
A.木箱が付属していないと高価買取りが難しい事が多いです。

 

寺井直次の売却であれば買取専門店である永寿堂へ!

寺井直次の売却であれば高価買取します

寺井直次の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。蒔絵の重要無形文化財保持者である寺井直次の棗や盆や香合や吸物椀などの漆器を高価買取させて頂きます。

当社は幅広いジャンルを取り扱っており、寺井直次の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や茶道具や美術品やアンティーク品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取りさせて頂きますので電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂へのお問い合わせ先

・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事