愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

宇野宗甕の売却・高価買取は永寿堂へ

宇野宗甕の作品を買取りしております、売却をお考えの宇野宗甕の作品がございましたら買取りさせて頂きます。青瓷や辰砂で無形文化財記録保持者とされている宇野宗甕の作品を出張買取致します

【目次】
1.宇野宗甕の青瓷や辰砂などの作品を買取致します
 宇野宗甕(うの そうよう)について
  宇野宗甕の主な略歴
  宇野宗甕の得意とする技法の青瓷や辰砂について
  宇野宗甕の買取相場
2.宇野宗甕の買取で当社が選ばれる理由
3.宇野宗甕の買取でよくある質問
4.宇野宗甕の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

 

宇野宗甕の青瓷や辰砂などの作品を買取致します

宇野宗甕の作品を高価買取します

宇野宗甕(うの そうよう)について

1888年、京都に陶芸家・宇野仁松の長男として生まれる。
中国五大名窯の釉薬研究と作品の再現に努めた陶芸家。
家業が欧米の不況によって国外貿易陶磁から国内向け制作に転換することになり辰砂や釣窯、青磁や天目などの釉薬の研究と再現に没頭する。
「二世仁松」から「宗甕」に名を改め、いっそう釉薬研究に独自の作品制作を続けて辰砂や青磁の無形文化財の認定を受ける。
宇野宗甕の作品は東京国立博物館や東京国立近代美術館、京都国立近代美術館やボストン博物館などにお買い上げされております。
1973年に85歳で死去。
1974年には初代宇野宗甕の孫娘が二代・宗甕を襲名する。

 

宇野宗甕の主な略歴
1888年 宇野仁松の長男として京都に生まれる
1942年 三男仁平に「仁松」名を譲り自身は「宗甕」と号す
1952年 辰砂で無形文化財記録保持者
1957年 青磁で無形文化財記録保持者
1967年 勲四等瑞宝章、京都府美術工芸功労章受章
1972年 美術功労賞受章
1973年 死去

 

宇野宗甕の得意とする技法の青瓷や辰砂について

青磁(青磁)は釉薬の中に含まれる鉄分が還元炎焼成により青く発色した焼物で紀元前14世紀頃の中国が起源とされており日本に伝来しました。
辰砂は中国の元の時代に釉裏紅として生まれ清の時代となり美しい赤色を発色する釉薬となりました。銅を含んだ赤い釉薬を用いて還元焼成した焼物で辰砂と呼ばれております。

 

宇野宗甕の買取相場

宇野宗甕の買取り価格は作品によりますが、数千円~30,000円程度となる事が多いでしょう。作品の出来や技法・大きさ・種類・いつの時代の作品か・何代目の作品かなどにより評価させて頂きます。
また、図録に掲載されている作品や付加価値の付いている作品であれば更に高額買取が期待できるかもしてません。

宇野宗甕の作品イメージ

 

宇野宗甕の買取で当社が選ばれる理由

1.高価買取 当社は人件費や運営コストをかけていない分だけ高価買取させていただいております。
2.秘密厳守にて買取させていただいております。
3.京都や東京などにもルートがあり専門知識とデータにて適正価格にて買取させていただきます。
4.都合があえば即日でも出張買取に伺わせていただきます。
5.出張費用無料にて店主自らが査定に伺わせていただきます。

 

宇野宗甕の買取でよくある質問

Q.1点でも買取りして頂けますか?
A.1点でも買取り可能ですが品物により出張買取が難しい場合もございますので一度ご相談ください。

Q.本物か偽物か分かりませんが買取りして頂けますか?
A.当店が真贋を拝見させて頂き判断させて頂きますので一度お問い合わせ下さい。基本的には贋物はあまりないと思われます。

Q.宇野宗甕さんの作品以外にも陶器などがあり運べませんので出張して頂けますか?
A.もちろん出張査定させて頂きます。

Q.箱や作品が汚れていたり傷がありますが買取りしてもらえますか?
A.汚れていても買取り可能です、傷があると査定額は下がりますが買取りは可能です。

Q.箱がないのですが買取りしてもらえますか?
A.共箱がなくても買取りは可能ですが評価は低くなります。

 

宇野宗甕の査定買取りは永寿堂におまかせ下さい

宇野宗甕の売却は永寿堂へ

宇野宗甕の作品を売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」におまかせ下さい。青瓷や辰砂で無形文化財記録保持者とされている宇野宗甕の花瓶・茶碗・香炉・皿・ぐい呑みなど様々な作品を買取りさせて頂きます。

また幅広いジャンルを取り扱っており、宇野宗甕の作品の他にも陶芸品や骨董品や絵画や掛け軸や書道具やアンティーク品や美術品などその他ジャンルを問わず、さまざまな品を買取り致します。売却をご検討の品がございましたら電話またはメールでお問い合わせください。

 

【永寿堂へのお問い合わせ】
・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事