愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

骨董品買取店 永寿堂への電話アイコン 骨董品買取店 永寿堂への電話

お知らせ・コラム
NEWS

川端玉章の売却であれば永寿堂が買取致します
川端玉章タイトル

川端玉章の掛軸や屏風を売りたいとお考えであれば高価買取させて頂きます、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。こちらの記事では川端玉章の略歴や買取相場や高く売るポイントなどもご紹介しておりますので売却や購入の際のお役立ちになれば幸いです。

 

【目次】
1.川端玉章について
 a.川端玉章の主な略歴
 b.川端玉章の代表的な作品について
2.川端玉章作品の買取相場
3.川端玉章の買取でよくある質問
4川端玉章の掛軸買取りは永寿堂におまかせ下さい

 

川端玉章について

川端玉章(かわばた ぎょくしょう)は、天保13年(1842年)に京都の蒔絵師の子どもとして生まれました。蒔絵師とは日本独自の技術を使って、漆を塗った漆器に美しく装飾する職人のことです。10代の頃は三井越後屋の奉公人であったものの、絵の才能を見込まれて絵について学び始めました。のちに三井家からの依頼で、三囲神社に「狐の嫁入り」という扁額を描きます。残念ながら「狐の嫁入り」は現存していませんが、この絵が出世作となったともいわれています。なお、三井家とはその後も長く縁が続き、三井家のためにさまざまな作品を手掛けています。

中島来章(なかじま らいしょう)に師事して円山派を、小田海僊(おだ かいせん)からは画論を学びました。1867年に江戸に移住した後、高橋由一(たかはし ゆいち)やワーグマンに洋画を習っています。この頃は生活に苦しく、新聞の付録画や眼鏡絵などを描いて生計を立てていたとされています。1882年には第一回内国絵画共進会、1884年には第二回内国絵画共進会で銅賞を獲得し、徐々に頭角を現していきます。第一回内国絵画共進会に入選したことがきっかけになり、世間に川端玉章の才能が認められるようになりました。

岡倉天心によって東京美術学校(現在の東京芸大)の教師に迎えられ、のちに教授に就任します。学校に出勤する際にいくつも絵を描いてきており、川端玉章の遺作は数多く残っています。1896年には日本美術・工芸の保護の目的で作られた帝室技芸員に任命されています。1907年の文展(文部省美術展覧会)では審査員を務めたり、日本美術協会展や日本画会展にも出品するなど精力的に活動。1909年には東京都・小石川に川端画学校を設立し、画家としての活動だけでなく後進の教育に尽力しました。

川端画学校では日本画家だけでなく、数多くの洋画家を輩出しました。川端画学校の門下生として、平福百穂(ひらふく ひゃくすい)や結城素明(ゆうき そめい)などが有名です。若い世代の画家たちによる日本青年絵画協会の設立も援助しており、事務所は玉章邸に置かれていたとされています。1913年に中風により逝去。生前の多くの功績が認められ、東京芸術大学の中庭には顕彰碑が建てられています。

 

川端玉章の主な略歴

1878年 画塾天真堂を開設
1882年・1884年 内国絵画共進会で銅賞受賞
1889年 東京美術学校の教授となる
1896年 帝室技芸員に任命
1897年 古社寺保存会委員に任命
1898年 日本美術院会員に選出される
1909年 川端画学校を創立

 

川端玉章の代表的な作品について

川端玉章は円山派の画家で、花鳥画や山水画を得意としており、円山派最後の巨匠として評されています。伝統的な京都円山派の技法に洋画の画法を取り入れた、奥行きのある画が魅力。繊細なタッチで描かれた風景画は、今もなお人気が高いです。日本画や洋画に加えて、掛け軸も数多く現存しています。代表的な作品として、「桜花鶏図」「桜に鶏」「墨堤春暁図」「群猿之図」「荷花水禽図」「山澗僻邑」「老樹水禽図」などが有名です。「四時軍花図」は第一回内国勧業博覧会の出品作品とみられており、現在確認されている唯一の油彩作品だといわれています。

 

川端玉章の買取相場

川端玉章作品の買取相場は、作品によって大幅に異なります。真作であれば、~10万円程度の査定額となることが多いでしょう。作品によっては、10万円を超える可能性もあります。文献や冊子に掲載されている作品であれば査定額は高くなります。

川端玉章の掛軸イメージ

 

川端玉章の買取でよくある質問

Q.偽物か本物か分かりませんが査定買取りして頂けますか?
A.真贋が分からない品でも査定させて頂きます、当店が真贋を見分け買取りさせて頂きます。

Q.1点でも出張買取りして頂けますか?
A.1点のみとの事でしたら画像を送って頂くか詳しいお話をお聞かせ下さい、品物によっては1点でも出張買取り致します。

Q.川端玉章の作品以外にも絵画や掛け軸など骨董品があり運べません出張買取りして頂けますか?
A.喜んで出張買取にお伺い致します。

Q.作品が色ヤケやシミなどで状態が悪いのですが売却できるのでしょうか?
A.作品の状態が悪くても買取りはできますが高価買取は難しいかもしれません。

Q.遠方ですが出張買取りして頂けますか?
A.ご内容次第で遠方でも出張買取りできますのでご相談下さい。

Q.箱が付属しておりませんが買取りして頂けますか?
A.木箱が付いていなくても買取り可能ですが査定額は低くなります。

Q.大きな屏風も買取りして頂けますか?
A.川端玉章の屏風も買取り対象となります。

 

川端玉章の掛軸買取りは永寿堂におまかせ下さい

川端玉章の買取りは永寿堂へ
川端玉章の売却をお考えであれば、「掛け軸の取り扱い店である永寿堂」へご依頼ください。弊社では、専門知識と経験、データから適正価格にて買取りさせて頂きます。川端玉章以外の掛け軸や絵画はもちろんリトグラフやシルクスクリーンなどの版画や骨董品や茶道具や刀剣やアンティーク美術品も査定買取致します。

永寿堂では店頭買取をはじめ出張買取や宅配買取も行っておりますので売却処分をお考えの品がございましたら、電話またはメールでお問い合わせください。

永寿堂のお問い合わせ

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com

関連記事