愛知(名古屋)・岐阜・三重を中心に骨董品の高価出張買取を行う永寿堂の「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム
NEWS

こけし買取 名古屋や愛知や岐阜などでこけしの出張買取は永寿堂へ

こけしを買取りしております。ご不要となったこけしなどの売却をご希望であれば永寿堂におまかせ下さい。現在のこけし中古市場は高い品もありますが基本的には安価な品がほどんどです。戦前などの希少価値の高いこけしはとても高価取引されております。また伝統こけしより現代こけしで可愛らしい造形のこけしはしっかり価格が付きやすいです。

1.こけしの買い取りやご処分・売却について
2.こけしについて
 買取対象こけし作家
 現代こけし作家
 こけしのおおまかな分類
3.こけしの買取方法
4.こけしの買取り情報の一例
5.こけしの売却であれば骨董品買取専門店である永寿堂へ!

 

こけしの買い取りやご処分・売却について

大量のこけし

こけしを買取します。大量のこけしがあり売却やご処分であればしっかり査定し高価買取させていただきます。先代がこけしを収集されていて価値も分からない為に処分をされたい方やコレクター様でご不用となったこけしのコレクション品を売却をされたい方は出張費無料にて買取に伺います。伝統こけしから創作こけしや近代こけしから新型こけしまで、どんなこけしでも構いません。もちろん人気作家などの希少なこけしがありましたら高価買取させて頂きます。お気軽に0120-060-510までお問い合わせ下さい。
※コレクターの方からの買取や遺品整理やご処分をお考えのこけしが対象となりますので少数のこけしでは買取に伺えない場合がございますのでご了承ください。

 

こけしについて

江戸期に東北地方で湯治のお客様にお土産品として売られるようになったろくろ挽きで作られた木製の人形玩具でこけしの作家を木地師と呼びました。こけしの作家は現在、木地師とは呼ばずにこけし工人とよばれております。
大正期になるとこけしのブームも衰退しましたが熱狂的な収集家もいることで伝統こけしの文化は生き残っております。今では海外にも収集される方もおり一部のこけしは高価取引されております。
こけしは一番よく見かける頭と胴を1本の木で作り上げた作り付けの形と頭と胴を別々に挽いて頭部を胴にはめこむ挿し込み型、頭部を胴にはめる作りで頭がぐらぐら動き回り音がするはめ込み型の三つの特徴を持った型があります。また産地によって特徴があり系統としておおまかに分類すると福島県の土湯系・宮城県の弥治郎系・宮城県の遠刈田系・宮城県の鳴子系・山形県の山形作並系・山形県の蔵王高湯系・山形県の肘折系・秋田県の木地山系・岩手県の南部系・青森県の津軽系などに分別されます。

買取対象こけし作家

買取対象のこけし作家の一部をご紹介しております、勿論記載以外の作家でも買取り可能ですが買取り対象の工人でも作品により高価買取できるわけではございません。

佐藤善七/大沼岩蔵/高橋盛/高橋武蔵/松田初見/秋山忠/佐藤周治郎/菅原庄七/海谷吉右衛門/佐藤秀一/佐藤直助/佐藤松之進/磯谷直行/大野栄治/鎌田文市/佐藤喜一/新山栄五郎/新山久治/佐藤栄治/佐久間浅之助/西山弁之助/佐藤吉弥/佐藤松之進/斎藤太治郎/阿部新次郎/阿部治助/盛秀太郎/長谷川辰雄/間宮明太郎/村井福太郎/奥瀬鉄則/藤井梅吉/坂下権太郎/佐々木与始郎/佐藤七之助/煤孫茂吉/煤孫実太郎/小椋久四郎/小椋泰一郎/伊藤儀一郎/高橋兵次郎/阿部平四郎/佐藤周助/奥山運七/藤原政五郎/小林倉治/平賀謙蔵/高橋胞吉/小林倉治/男沢春江/岡崎栄治郎/木村吉太郎/荒井金七/秋山慶一郎/斎藤源吉 など

 

現代こけし作家

現代こけしの工人で買取り対象の工人ををご紹介しております、ほんの一部となりますがご参考ください。

渡辺雄二/吉田多加志/加藤龍雄/高見沢かずを/関口三/小林伊之介/井口悟/富所ふみを/狩野千代松/武田まさし/吉田多加志/山崎裕子/志藤尚山/阿部照美 など

 

こけしのおおまかな分類

津軽系こけし

青森県で生産され頭と胴を1本の木から作る事による作り付けで頭の形はおかっぱが多く、裾が広がっており胸がふくらんだ姿が温湯こけしならではの形です。 単純なロクロ模様や津軽藩の家紋である牡丹模様やアイヌ模様やねぶた模様が胴に描かれております。温湯温泉や大鰐温泉が主な生産地となります。

 

南部系こけし

岩手県で生産され元はおしゃぶりとして作られた無彩のキナキナが原型といわれ頭部がゆるいはめ込み式でぐらぐらと動きます。彩色がないのが特徴で重ね菊やヨダレ掛模様など描かれたものもございます。花巻温泉や盛岡が主な生産地となります。

 

木地山系こけし

秋田県の木地山で生産され頭と胴を1本の木から作る作り付けで頭はらっきょう型で、大きい前髪と鬘に赤い放射線状の飾りを描いており胴はどっしり太く前垂れ模様が有名です。菊だけを描く古い様式のものもございます。

 

蔵王系こけし

山形県で生産され遠刈田系の影響を受けて発展したと言われています。差し込み式の頭は大きく頭頂に赤い放射状の手柄を描くおかっぱ頭が多くありますが黒いおかっぱ頭もございます。胴体には桜くずし模様や重ね菊模様や牡丹模様などいろいろな植物が描かれています。蔵王温泉が主な生産地となります。

 

山形系こけし

山形県で生産され作並で学んだ木地師が伝えたと言われており差し込み式の頭は小さく棒状の胴体は細いのが特徴です。頭には赤い飾りと中心を貫く髪、顔には特徴のある割鼻が描かれており胴の模様は紅花、牡丹、菊、梅などが描かれております。

 

肘折系こけし

山形県で生産され三大発祥の地とされる鳴子と遠刈田の混合系統として発達したとされており頭は差し込み式で赤い放射線か黒頭です。肩が張って段がある太目の直胴で、胴模様は菊や石竹など草花を描いた模様が多いです。肘折温泉が主な生産地となります。

 

作並系こけし

宮城県で生産され山形作並系とも言われ遠刈田の技法をもとに山形系の影響を受け発展したと言われています。頭頂に輪形の赤い飾りを描いた模様で差し込み式の小さな頭と菊模様が描かれた細い胴が特徴となります。作並温泉や仙台市や山形市が主な生産地となります。

 

鳴子系こけし

宮城県で生産され伝統こけし三大発祥地の一つの品となります。はめ込み式の為に首を回すとキュッキュッキュと音が鳴る事が特徴です。 胴は中ほどが細くなり肩と裾が広がった形で胴に菊花などの模様が描かれています。鳴子温泉が主な生産地。

 

遠刈田系こけし

宮城県で生産され伝統こけし三大発祥の地の一つとされております。差し込み式の頭が大きく手柄と呼ばれる頭頂に赤い放射線状の飾りを描いており形はおかっぱ頭。額から頬にかけて八の字状の赤い飾りを描いております。切れ長の細い目となで肩の細い胴で菊や木目の模様が特徴となります。遠刈田温泉が主な生産地。

 

弥次郎系こけし

宮城県で生産され差し込み式の頭部は大きくてベレー帽のような多色のろくろ模様が特徴です。胴部はくびれがある形でロクロ模様の上に、衿や裾が簡単に描かれております。

 

土湯系こけし

福島県で生産され伝統こけし三大発祥地の一つの品となります。頭は小さくてはめ込み式で首を回すとキイキイと音が鳴ります。頭には黒の蛇の目模様と大ぶりな前髪、鬢には髪飾りが描かれております。顔は鯨目にたれ鼻、おちょぼ口で、胴は細く、線の組み合わせで横縞模様が特徴です。土湯温泉や飯坂温泉が主な生産地。

 

こけしの買取方法

こけしの買取り方法

●まずはお電話にてお問合せご相談ください。

●出張買取or宅配買取or店頭持ち込み買取かをご相談の上決めていただきます。
〇出張買取=日時をお約束の上で現地まで出張費無料にて買取に伺います。
〇宅配買い取り=着払いにて品物を梱包して発送してください。
〇持ち込み買取=訪問日時を決めていただき店頭までお持ち込みください。

 

こけしの買取り情報の一例

もりみつおのこけし

盛美津雄や奥瀬鉄則や森秀太郎などの津軽こけしは1本で値段が付くこけしとなります。

 

瀬谷こけし

瀬谷幸治工人のこけしは人気があり1本で値段が付く可能性がございます。

 

現代こけし

伝統こけしより現代こけしで変わった造形のこけしの方が現在の市場で人気が高い傾向にあります。

 

えじここけし

えじここけしや達磨こけしなども勿論買取り対象になります。

 

入れ子こけし

入れ子のこけし(子持ちこけし)はマトリョーシカのようになっており入っている数が多く程人気で高値が付く可能性があります。

 

こけしの売却であれば骨董品買取専門店である永寿堂へ!

ペルシャ絨毯の買取りは永寿堂のイメージ画像

不要となりご処分をお考えのこけしを売りたいとお考えであれば、ぜひとも「永寿堂」にお売りください。こけしは数万本扱ってきておりますのでおまかせください。(中古市場ではこけし1本で高額が付くこけしはほんの一部となる事をご理解ください。また数が少ない場合など買取りが難しい事もございますのでご容赦ください。)

また幅広いジャンルを取り扱っており、こけしの他にも骨董品や絵画や掛け軸などその他ジャンルを問わず、さまざまな品をコレクションしていた方の品を買取り致します。気になった方は、電話またはメールでお問い合わせください。

 

【永寿堂へのお問い合わせ】
・TEL:0120-060-510
・メール:info@eijyudou.com

関連記事