本文へスキップ
岐阜や愛知、三重や滋賀での大樋長左衛門の作品買取は永寿堂へ。

電話でのお問い合わせはTEL.0120-060-510

メールでのお問い合わせは info@eijyudou.com

  1. >
  2. >
  3. 大樋長左衛門の略歴と買取
大樋長左衛門

大樋長左衛門の作品を高価買取致します

大樋長左衛門について

石川県金沢市出身の陶芸家で九代大樋長左衛門の長男として生まれる、本名は奈良年朗。
大樋長左衛門は初代長左衛門(江戸時代)より350年の歴史を持つ大樋焼の当主が襲名する名前で、当代は11代まで続く名工。
大樋焼は江戸時代より焼き継がれている楽焼でろくろを使わずに手捻りとヘラで成型し飴釉を掛け焼成するのが特徴の焼物になります。京都の楽家より楽焼きの黒や赤を使うことを禁止されたために独自の飴釉という釉薬の効果を利用した独特の発色が特徴となります。
大樋焼の作品には大樋長左衛門の名を使用し、それ以外の自由なかたちでの作品では大樋年朗の名を使用する事があります。
数々の名品を世に生み出し日展を中心に多くの賞を受賞して2011年には文化勲章を受章します。
2016年には長男である大樋年雄に長左衛門の名を譲り自身は大樋陶治斎を名乗ります。
10代大樋長左衛門は日本美術工芸において唯一の存命の文化勲章受章者としても知られています。

大樋長左衛門の主な略歴

1927年 九代大樋長左衛門の長男として生まれる
1950年 日展に初入選
1956年 日展北斗賞を受賞
1957年 日展特選、北斗賞を受賞
1958年 日本陶磁協会賞を受賞
1961年 日展特選、北斗賞を再受賞
1967年 史上最年少の39歳で日展審査員を務める。
1968年 北国文化賞
1982年 第14回 「歩いた道」花器で日展文部大臣賞
1985年 日本芸術院賞
1986年 中日文化賞
1987年 十代大樋長左衛門を襲名
2004年 第36回日展審査員就任、文化功労者顕彰
2008年 日展の顧問となる
2011年 第50回記念日本現代工芸美術展 審査主任。文化勲章受章
2016年 大樋陶冶斎を襲名する

大樋長左衛門の作品を買取させていただきます

大樋長左衛門の黒茶碗や飴釉茶碗や水指や大樋焼の茶道具・花瓶・ぐい呑・皿等の作品を高価買取させていただきます。売却希望の方は下記電話番号までお気軽にお問合せ下さい。

大樋長左衛門の作品や骨董品や茶道具などの出張買取の流れ

◇お電話にて売却希望品のご相談・ご訪問日程のご予約
お電話にて売却希望の品についてご相談やお話しをお聞かせ下さい。何が高価買取できるか素人様ではわからないと思いますのでなるべく手付かずの状態での出張買取が高価買取の秘訣となります。お捨てになる前に是非一度、当店までお問合せのお電話にてご相談下さい。※当日でもご都合が合えば訪問させていただきます。

◇ご予約いただいた日時に無料出張
希望の日時にご予約の上お伺いいたします。出張費用は一切いただきませんのでご安心下さい。

◇査定とお支払・引き取り
現地にてお立会いのもと査定見積りいたします。価格が合わない品は無理に売却しないで下さい。買取取引が成立しましたら、その場で現金にて金額をお支払い致します。その後、品物を引き取りお運びさせて頂きます。


大樋長左衛門の作品買取に関する問い合わせ先

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com


骨董品買取を愛知・名古屋でお探しであればご相談承ります【永寿堂】TOP

shop info店舗情報

永寿堂

〒452-0848
愛知県名古屋市西区西原町135番地 1階西
【愛知県道163号沿い】
名古屋市立平田小学校スグ北側
※駐車場完備

日曜定休日
※出張買取依頼は日曜日でも喜んでお受け致します。

電話番号
0120-060-510
メールアドレス
info@eijyudou.com

古物商許可証 愛知県公安委員会
第541041704400号