本文へスキップ
岐阜や愛知や三重や滋賀での加藤土師萌の作品買取は永寿堂へ。

電話でのお問い合わせはTEL.0120-060-510

メールでのお問い合わせは info@eijyudou.com

  1. >
  2. >
  3. 加藤土師萌の略歴と買取
加藤土師萌

加藤土師萌の色絵や織部を高価買取致します

加藤土師萌について

1900年に愛知県の瀬戸市に生まれて瀬戸図案研究会を設立して日野厚に陶芸図案を学びました。その後、美濃に移り岐阜県陶磁器試験場に勤務し作陶や陶磁器の図案・研究を行います。
当初は画家志望でしたが陶芸製作に転じて絵や造形に才を持っていた為、1927年には 第8回帝展にて初入選をしました。
その後にパリ万国博覧会にてグランプリを受賞します、神奈川県の横浜市日吉に自宅と窯を築き作陶に励みます。
中国・朝鮮の古陶磁器の研究を重ね、1952年には黄地紅彩の上絵付技法が重要無形文化財に指定。1961年には「色絵磁器」で人間国宝・重要無形文化財保持者に認定されました。
富本憲吉とともに色絵磁器における双璧といわれ、日本工芸会理事長になるなど後世にも陶芸を伝え陶芸界に影響を与えて紫綬褒章・紫綬褒章を受章するなど功績は計り知れないものがあります。

加藤土師萌の主な略歴

1900年 愛知県瀬戸市に生まれる
1926年 岐阜県陶磁器試験場に勤務する
1927年 第8回帝展にて初入選する
1937年 パリ万国博覧会にてグランプリ受賞する
1940年 横浜市日吉に窯を築く
1952年 黄地紅彩の上絵付技法が重要無形文化財に指定
1961年 「色絵磁器」で重要無形文化財保持者に認定される(人間国宝)
1966年 「陶裳会」を結成する。
1967年 紫綬褒章を受章
1968年 死去。勲三等瑞宝章を受章

加藤土師萌の作品を買取させていただきます

加藤土師萌の色絵や織部・皿・茶碗・酒器・茶器・ぐい呑み等の作品を高価買取させていただきます。売却希望の方は下記電話番号までお気軽にお問合せ下さい。

加藤土師萌の作品や骨董品や茶道具などの出張買取の流れ

◇お電話にて売却希望品のご相談・ご訪問日程のご予約
お電話にて売却希望の品についてご相談やお話しをお聞かせ下さい。加藤土師萌の作品に限らず何が高価買取できるか素人様ではわからないと思いますのでなるべく手付かずの状態での出張買取が高価買取の秘訣となります。お捨てになる前に是非一度、当店までお問合せのお電話にてご相談下さい。※当日でもご都合が合えば訪問させていただきます。

◇ご予約いただいた日時に無料出張
希望の日時にご予約の上お伺いいたします。出張費用は一切いただきませんのでご安心下さい。

◇査定とお支払・引き取り
現地にてお立会いのもと査定見積りいたします。価格が合わない品は無理に売却しないで下さい。買取取引が成立しましたら、その場で現金にて金額をお支払い致します。その後、品物を引き取りお運びさせて頂きます。


買取に関する問い合わせ先

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com


骨董品買取を愛知・名古屋でお探しであればご相談承ります【永寿堂】TOP

shop info店舗情報

永寿堂

〒452-0848
愛知県名古屋市西区西原町135番地 1階西
【愛知県道163号沿い】
名古屋市立平田小学校スグ北側
※駐車場完備

日曜定休日
※出張買取依頼は日曜日でも喜んでお受け致します。

電話番号
0120-060-510
メールアドレス
info@eijyudou.com

古物商許可証 愛知県公安委員会
第541041704400号