本文へスキップ
岐阜や愛知、三重や滋賀での加守田章二の作品買取は永寿堂へ。

電話でのお問い合わせはTEL.0120-060-510

メールでのお問い合わせは info@eijyudou.com

  1. >
  2. >
  3. 加守田章二の略歴と買取
加守田章二

加守田章二の作品を高価買取致します

加守田章二について

加守田章二は、1933年大阪府岸和田市に加守田貞臣、八重子の長男として生まれる。
京都市立美術大学工芸科にて富本憲吉、近藤悠三助、岩淵重哉らに学び卒業後は大甕陶苑へ行くものの益子に移ることとなる。
陶芸家としてデビュー。作品発表を繰り返しながら力を発揮し幾多の賞を受賞すし1967年に作陶家として初の高村光太郎賞を受賞した。
しかし表現に対するより深い探究心に駆られた加守田章二は、1969年には岩手県遠野に釜を築き厳しい環境に身をおき現代陶芸の新しい分野に挑戦する 「曲線彫文壺」や「彩陶壺」などそれまでの陶器には無い、新しい作品を作り上げた。
こうした加守田の陶芸は日本陶芸界の衝撃的を呼び、現代陶芸の旗手として期待を集めたが、1980年頃から白血病になり、83年49歳という若さで逝去した。
独創的で造形精神がみなぎる加守田の陶芸は多くの日本人に支持された。今日においても後に続く陶芸家たちに多大な影響を与えている。

加守田章二の主な略歴

1933年 加守田貞臣、八重子の長男として生まれる
1952年 京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻に入学し富本憲吉、近藤悠三助、岩淵重哉らに学ぶ。
1961年 第8回日本伝統工芸展に「鉄釉花瓶」が入選。益子に住居と窯場完成させる。
1966年 日本陶磁協会賞受賞。
1974年 芸術選奨文部大臣新人賞受賞
1980年 白血病に陥る
1983年 死去

加守田章二の作品を買取させていただきます

加守田章二の益子焼や陶器・花瓶・壺・灰釉作品等の作品を高価買取させていただきます。売却希望の方は下記電話番号までお気軽にお問合せ下さい。

加守田章二の作品や骨董品や茶道具などの出張買取の流れ

◇お電話にて売却希望品のご相談・ご訪問日程のご予約
お電話にて売却希望の品についてご相談やお話しをお聞かせ下さい。何が高価買取できるか素人様ではわからないと思いますのでなるべく手付かずの状態での出張買取が高価買取の秘訣となります。お捨てになる前に是非一度、当店までお問合せのお電話にてご相談下さい。※当日でもご都合が合えば訪問させていただきます。

◇ご予約いただいた日時に無料出張
希望の日時にご予約の上お伺いいたします。出張費用は一切いただきませんのでご安心下さい。

◇査定とお支払・引き取り
現地にてお立会いのもと査定見積りいたします。価格が合わない品は無理に売却しないで下さい。買取取引が成立しましたら、その場で現金にて金額をお支払い致します。その後、品物を引き取りお運びさせて頂きます。


加守田章二の作品買取に関する問い合わせ先

TEL.0120-060-510

e-mail. info@eijyudou.com


骨董品買取を愛知・名古屋でお探しであればご相談承ります【永寿堂】TOP

shop info店舗情報

永寿堂

〒452-0848
愛知県名古屋市西区西原町135番地 1階西
【愛知県道163号沿い】
名古屋市立平田小学校スグ北側
※駐車場完備

日曜定休日
※出張買取依頼は日曜日でも喜んでお受け致します。

電話番号
0120-060-510
メールアドレス
info@eijyudou.com

古物商許可証 愛知県公安委員会
第541041704400号